にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

緊急事態宣言-GORDON_PriceWalker_MACDonChart 











2020/04/03終わりのドル円は108.447。

現在2020/04/08途中のドル円は108.667。

またすっかりレンジにはまってきましたね。


チャートのマイルストーン(赤線)を見てもらえると

大騒ぎしたわりにはまたちゃっかり
もとのレンジに戻ってきたことがよくわります。


前回雇用統計記事に書いていた希望メドは
期待通りというわけにはいきませんでしたが

下値メドとしていた102円は
オーバーシュートでチョイ抜けだったとして
まぁ、ほぼほぼ想定内だった、というところでしょうか。

102円からの戻りは、希望メドの107.75を超えて
112円近くまでもどりました。

正直、予想外の全戻しでしたね。


  雇用統計-確定)リーマン・ショック級へ
  https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1254.html

  


今回はいつもの雇用統計後記事でなく
緊急事態宣言待ちということで
じっと状況を見ていましたが

宣言も特に影響はないようですね笑


国民の自粛モードに特に変更はないようですが
都市封鎖というより経済対策の発表が
メインの宣言のような印象でしたね。

総額108兆円、ということでしたが
返済の必要のない真水は20兆円くらい(?)でしょうか。

当初の対策規模は崩さずに
出来るだけ大きく見えるように苦心した、と、
いうところですかね。


まぁ、例によっての赤字国債の乱発のようですから
これで国の借金は爆発的に増えますね。

そのツケはまたあとでくることになります。

「リーマンショック級があったら増税はしない」と
公約していた消費税を止めなかったのは
そのため、と、いうことなのでしょう。

20%が見えてきてるんでしょうかね(怖)


国債は日銀が引き受けるそうですが、

この際、国債も株も日銀で買えるだけ買って
国民にすべて1円で売り払って
いったん解散して清算したらどうでしょうかね。

そうすれば国民に優良資産を残せます。
利益還元!、ですね。

そうでもなれば、ニュー日銀にも期待できます笑


─ * ─ * ─ * ─

バカ話はこれくらいにして。


緊急事態宣言では
ゴールデンウィークまで外出は自粛ということですので

作りためたインジケーターなどから
ちょびっとずつ公開でもしていこうかな、と思います。

MT4向けですので、需要もないかもしれませんが笑

暇つぶしにでもなれば、ということで。


今回は、MACD on Chart。

GORDON_PriceWalker_MACDonChart


MACDは、

移動平均の12EMAと26EMAの差をとってメインのライン
メインを9日移動で平均をとったものがシグナルライン

したがって26EMAがセンターのゼロ・ライン

と、なっているのが一般的で、

メインとシグナルのクロス、または、
メインがセンターラインを抜けたときが
エントリーのタイミング、というのが主ですね。


反応が早いのがMACDの特徴ではあるのですが

12EMAと26EMAの差が縮まってくると
メインのラインは反転してくるので

メインとシグナルの下クロスでエントリーしても
レートはまだ上昇を続けていて
往々にして裏をかかれることにもなります。


そういう意味では、
EMAベースであればチャートに表示してあげたほうが
レートとの関係もわかりやすくて良いですよね。

メインとシグナルのラインに加えて、
ベースとなる26EMAのラインも表示しています。


このチャートの中では見かけられませんが

早めにメインとシグナルがクロスしたとしても
レートがしっかりとその向きに抜けてきてから
エントリーしたほうが確実ですし、

エントリー後にウラをとられたとしても
上昇下降の色が逆向きにならないときは
ホールドして戻りを待つのも有効のようです。


シグナルのラインのほうが緩やかで見やすいので

上昇:青色、 下降:赤色 として

このインジケータでは向きの色分け表示を
シグナルラインをデフォルトにしています。

もちろんメインのラインで状態表示をさせるよう
切り替えることもできますし、

メイン、シグナル、ベースの各ラインの
表示/非表示も指定できます。

あとはもちろん時間足を指定して
上位足のMACDを表示することもできます。


パラメータはこんな感じ。

InpTimeFrame = current;
InpExtend = true;
FastPeriod = 12;
SlowPeriod = 26;
SignalPeriod = 9;
LineStyle = Signal;
ShowMain = true;
ShowSignal = true;
ShowBaseLine = true;
ShowSign = true;


そんなところですかね。


あくまでも自分用につくっているヤツですので
ソースコードは汚いので笑
ex4ファイルで公開させてもらいます。

ソースコードが欲しいという方は、
ネットを探せば他の方がつくられたヤツが
転がっていると思いますので

どうかそちらを入手してもらえると助かります。


GORDON_PriceWalker_MACDonChart
フリー・ダウンロード




日足





閑話休題
─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─


    
「GORDON PriceWalkerEA」 (プライス・ウォーカー)

(個人的なものであり、商材ではありません笑)


今回もすでにかなり長文になっているので

自動売買EAの話は割愛します笑


Ver.2 については、いろいろと機能も追加して
フォワードも結果良好。

もう少しじっくり様子を見て
良ければそろそろリアル投入もいいかな、
という段階まできているところです。

ま、簡単にできるなら、
億万長者が続出だろう、ということで笑

さすがに手放しで儲けられるように、というのは
なかなか難しいですね。


では。今回もこのへんで。

がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要なものがあります。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-確定)リーマン・ショック級へ 











2020/03/06終わりのドル円は105.345。


先月の雇用統計後、2/7の終わりは
109.771でしたから4円半ほどの下げになりました。


この間の最高値は2/20の112.227、
最安値は3/6の104.992。

なんと2週間ほどで7円以上の下落になりました。


雇用統計の結果はマーケットの予想以上で
かなり良い結果だったにもかかわらず、

この激下げの勢いと相殺されて
様子見以外の選択肢はなかった、と
いうところですかね。


去年の6月の雇用統計後、6/8記事で

 雇用統計-プロローグ
 https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1248.html

 "イケイケだった黒田日銀が冷や水を浴びせられた
 前回の消費税増税の後はひどかったですから・・。

 「リーマン・ショック級」が消費税増税あとにきたら
 目もあてられません笑"


そして10月の雇用統計後、10/5記事では

 雇用統計-リーマン・ショック級へ
 https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1248.html

 "その筋の予定通り
 いよいよその流れがはじまった感じがしてなりませんね。

 「リーマン・ショック級」 に 要警戒、という感じ。"

と書いていましたが、


消費税増税後には必ず何らかの〇〇ショックがきて
増税後の落ち込みがかき消される、という
陰謀論的な話がYouTubeの動画にあがってもいましたが、

政府にはわかっていたんでしょうかね。

しかし、想定以上の大暴落になっているのではないか
とも思いますね。


─ * ─ * ─ * ─

今回もヘッダの画像には4時間足を載せていますが

この暴落の中、

110円前半、108円前半から107円台、に、
買い手勢力との綱引きが見て取れます。


チャートの中央少し右側に
レートがSP2(青太ライン)を下抜けした
水色の↓矢印がありますが

ここが年初の1/10の終値だった109.495あたり。

ここを下抜けしたところで
この暴落が確定したと言って良いでしょう。


チャートの右端に見える「110.000」の赤色の数字は

DAT_Milestones.mq4 で表示された
このブログではずいぶん昔から表示されている
マイルストーンになります。


DAT_Milestones.mq4 は

2011年のはじめにこのブログに登場して以来、
ずっと見続けている水平線の一式を、

チャートにセットするだけで表示できるよう
固定のレートが設定されたインジケーターになります。

 誰も聞かない、わりと長期予報 (2011.01.09)
 https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-418.html


インジケーターにしたのは2013年だったようですね。

 2013/05/10週まとめと相場推感<祝!100円突破>
 https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-534.html


おかげでアベノミクスの流れにのって

80円で密漬けを始めたドル円の買いを
124円まで育てたいわくつきのインジケーターです笑

 ドル円は124円マイルストーン到達 (2015/5/3記事)
 https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1169.html


また、
同じく右端に見える「38.2 109.463」の緑色の数字は
フィボナッチをあてたときの38.2のライン。

同じ高さの現在足の位置に出ている
「109.459」の青色の数字は
オリジナルのATRゲートのものになります。

 ※GORDON Butler をお使いの場合は
  「F」キーでフィボナッチ、
  「G」キーでATRゲートが表示されます。
 ※詳しくはINIファイル下部のショートカット・ヘルプを
  参照してください。


ATRゲートとマイルストーンが重なっている110円付近、
フィボナッチと重なっている107.75あたり、が

ポイントになっているのかもしれませんね。


─ * ─ * ─ * ─

今年1発目の1月の雇用統計後、1/11記事では

 雇用統計-新年2020年
 https://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1248.html

 "当面、下の目途は雲上の109.05あたり、と
 いうことになるでしょうかね。

 もし雲を下抜けしてくるようなら
 ターゲットはSP2(青太ライン)の
 107.60あたり。

 万一、SP2を下抜けしてくるようなことがあれば
 次は106.30になりますが、

 そのときはまた
 クジラが下支えに出てくるかも、ですね。"

と書いていました。


基本的には、ドル円はいまのところはまだ
105.50-113.50のレンジ内にいるということになります。


今回は、そのあいだの110.00-113.50の上レンジに
バイイングクライマックス的にいったん上抜けして
2/20に最高値の112.227をつけた後、

急激な戻しでそのまま110.00ラインを下抜けし、

その後、この2/28~3/6の1週間で、
105.50-110.00の下レンジ幅いっぱいを
一気に下りきった格好になっています。


現在はその下限の105.50を少し切ったところですが、

週が変わって来週からは
一連の仕掛け売りの確定買いが入ってくるのと、

下がったところで買っていきたい勢力の買いで
少なからずの戻しが入ってくるのでは、

と、いうのが、D.A.Tの見通しです。


4時間足のグレーの未来予想レートでいけば、

時間はかかるかもしれませんが、すんなりいけば
ATRゲートとフィボの重なる107.75あたり。

当面の目標は戻りの入る106.15あたり。


ただ、もしグズついて、106円台に乗せられず
力なく105円を割ってくるようであれば、

日足チャートからいくと
次の下方向のターゲットは102.25あたり。


ここまでいくと、
「5円動けば10円動く」 にもなってきますが

マイルストーンである赤の102.00を
目指す展開になることもあり得る、と
いうことですね。



ま、いつもの通り、

為替は終わってみなければわかりません。


スキャル派にとっては
上でも下でも動きがあれば良し、ということで。



日足





閑話休題
─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─


    
「GORDON PriceWalkerEA」 (プライス・ウォーカー)

(個人的なものであり、商材ではありません笑)


今回はすでにかなり長文になっているので

自動売買EAの話は割愛します。


Ver.2 については、まだまだ手探り改善中です笑

そのうちD.A.Tフリークの方には
お渡しできるようになるといいですね。


では。今回もこのへんで。

がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要なものがあります。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-PriceWalker_XYTool 











2020/02/07のドル円は109.771。


今回の雇用統計は
予想より良い結果ということでしたが

失業率は芳しくないということで
いってこいのわりと小ぶりなものになりましたね。


前回、

 "ただ例年1月は下げ月のイメージがありますし
  前途のように全戻ししてからの反転を見通すと

  当面、下の目途は雲上の109.05あたり、と
  いうことになるでしょうかね。

  もし雲を下抜けしてくるようなら

  ターゲットはSP2(青太ライン)の
  107.60あたり。"

と書いていましたが、


見通していた
1/20過ぎからの下げはあたっていたものの
底値は108.30。


高値は110.20あたりからの下げでしたので
幅としては比較的大きくはありましたが


目標は107.60.あたりとしていたので

今回は少々中途半端なところでの
折り返しの印象でしたね。



まぁ、108.50あたりで待ち構えてた方には

おいしい相場だったでしょうか。



前回01/10のドル円は109.495、
前回12/06のドル円は108.558、でしたし

もうかれこれけっこう長いこと
行ったり来たりの相場が続いています。


例年、2月あたまの記事で

今年1年の見通しをたてさせて
もらっているのですが


こっそり気味にやっていた
FPBの「QEじゃないQE」も
また話題に上がっているようですし

いま第三次世界大戦中の
中国のコロナ、米国のインフル合戦もあり、


それに何といっても今年はオリンピックもあり
11月には米大統領選あり、と

いろいろあって読みにくいですね。


今回の記事から
ブログ村のランキング参加をはずしたことあり

ますますボチボチになるかもしれませんので笑

今年は見通しナシで、
いこうかと思っています^^


ま、為替は終わってみなければわかりませんし、


スキャル派にとっては

上でも下でも動きがあれば良し、ということで。



日足





閑話休題
─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─


今回、先頭の画像は4時間足を載せています。


代わりと言ってはなんですが、


D.A.T Methodには含まれてませんが

いままで出ていなかった「XY」という表示が
チャートの左下にでています。

機能的にはMT4標準の十字カーソルと
似たようなものなのですが

十字カーソルがあててあるバーのレート、日本時間、
4本値、ボリューム、バーのシフト位置、サーバー時間と
そのバーの上げ下げが丸矢印で表示されています。


インジケーターのセット後は

「XY」をクリックするか
Xキー、Yキー、Zキーのいずれかでスタート。

それぞれ再度キーを押すことで

Xキー ・・・ X軸で固定
Yキー ・・・ Y軸で固定
Zキー ・・・ X軸Y軸で固定

で位置を固定して、

マウスカーソルは自由に動かせるようになります。

(固定前はチャートをクリック or ESCキーでALL解除)





基本的にはそんなところですかね。


バーのシフト位置がサッと見れるので
開発のときに便利なのですが

他にも使い方はいろいろあるかと思います笑



    
「GORDON PriceWalkerEA」 (プライス・ウォーカー)

(個人的なものであり、商材ではありません笑)


バトラー派生の自動売買EAは

初代はVPNサーバー上でフォワード中。

並行でVer.2を引き続き作成中にあります。


先月からOANDAがMT5に対応したことでもありますし、

MT4の動向にも気を配りつつ
ようやくMT5もやってかなきゃかなぁという感じですかね。



では。今回もこのへんで。

がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要なものがあります。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-新年2020年 











2020/01/10のドル円は109.495。


前回12/06のドル円は108.558。


この期間の最高値は12/13の109.706、

最安値は01/08の107.649。


前回記事で

 "クリスマス休暇の時期になってきますが、
  このあと年末まで今年はどうでしょうね。

  米国貿易戦争や日韓問題など
  この頃は特にあちこち火の手が上がっているので

  年末から年明けまで注意が必要かもしれません。"

と書いていましたが、

12/26の109.683を天井にその後の2週間、
下に上に2円ほどのあいだをよく動きましたね。

韓国関連が落ち着いたと思ったら
またもや米中貿易戦争系。

いったんは107.762まで下がりましたが
結果的に109.690までほぼ全戻し。

イランとの紛争があっても
いつものような急激な「リスク回避の円高」もなく
いまのところそれほどの下押しはないようです。


2020年1回目の雇用統計は、

予想よりもかなり悪かったものの

雇用統計自体も下に上にのいってこいで
それほど大きな下げにはなりませんでしたね。

全体的にも状況は決して盤石とは言えないとは思うのですが
不思議に崩れない印象があります。


ただ例年1月は下げ月のイメージがありますし
前途のように全戻ししてからの反転を見通すと

当面、下の目途は雲上の109.05あたり、と
いうことになるでしょうかね。


もし雲を下抜けしてくるようなら

ターゲットはSP2(青太ライン)の
107.60あたり。


万一、SP2を下抜けしてくるようなことがあれば
次は106.30になりますが、

そのときはまた

クジラが下支えに出てくるかも、ですね。



4時間足

月足



上はチャートは直近の4時間足チャート。

わかりやすいように
珍しく少しズームしたチャートを載せました。

下の小さいチャートは、
参考までにATRゲートを表示した月足チャート。


先ほど出ていた109.05は
日足チャートの雲(DAT_Cloud)の上限から
求めたレートですが

この4時間のチャートをみると

エクスパンションの161.8が
ちょうど109.05あたりになるようですね。

もしここで押し目が入って上向きにNを書くとすると
上は当面、エクスパンションの161.8の109.90あたり、

勢いが続くのなら
エクスパンション416.8の111.263が目標
ということになってきます。

直近高値の109.69までを
109.05を起点に延ばせば上目標は111.029。
こちらの方が現実的かもしれませんね。


もっと大きなレンジでの視点では
小さいほうの月足のチャートを参考に。

中に表示されているATRゲートをみてみると

下限106.110-上限113.388のレンジ内で
長いこときっちり収まっているのがよくわかります。

雲の下に潜っているので
ここを天井に100.957の方向に向かうのか、

この流れでこのまま雲を上抜けして
113.388に向かうのか。

2020年はどうなっていきますかね。



閑話休題
─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─

    


今回の後半もバトラー派生の自動売買EA

「GORDON PriceWalkerEA」 (プライス・ウォーカー)
(個人的なものであり、商材ではありません笑)

の話、と、いきたいところでしたが、

上のチャートの話が長くなりましたので
細かなことは今回は割愛。


引き続き改良中のEAのバックテストはこんな感じ。




最適化のカーブフィッティングはなし、
ロットは0.1固定、ナンピン・ナイチンゲールもなし。


1.89と、プロフィット・ファクターはまだまだ、
勝率も満足できるものではない感じですが、

利益的にはまぁまぁになってきてますかね。


EAの話は今回はこれくらいで・・・。


─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─

以前にアナウンスしたブログ村ランキングは
今回で最終回。

ランキング・ポチのボタンは順次はずしていきます。


また、今回の2020年1月で

ディ・アフター・トレードは満12年になります。

D.A.Tフリークの方には
長いこと応援していただいて本当に感謝しかありません。

まだまだボチボチ続けていくと思いますが
これからもどうぞよろしくお願いします。



では。今回もこのへんで。

がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要なものがあります。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-GORDON PriceWalker RCI 











2019/12/06のドル円は108.558。

前回の雇用統計後は 108.162 でしたから
結果的には40銭ほどの上昇。

今回の雇用統計は、
上方修正された前回をさらに超えて良い結果になりましたが

そのわりにはそれほど大きな幅ではありませんでしたね。

結局は行って来いで元の流れに戻ったような感じ。


前回、記事で

 "記事の下には日足のチャートも載せていますが

  またSP2(青太ライン)に向かって動くとすると
 ターゲットは106.87。

 逆の上方向は109.70あたりになりますが、
 どうなりますかね。

 D.A.Tとしては106.87方向としたいところですが、

 SP2は上抜けしているので
 なかなかむずかしいかもしれません。"

と書いていましたが、

ここ1ヶ月の最高値は12/2の 109.727。

ギリギリのタイミングではありましたが、
109.70 は、ほぼほぼバッチリでしたね。


クリスマス休暇の時期になってきますが、
このあと年末まで今年はどうでしょうね。

米国貿易戦争や日韓問題など
この頃は特にあちこち火の手が上がっているので

年末から年明けまで注意が必要かもしれません。


米中貿易戦争のわりに

数字的にはまだ調子をたもっている米国に比べて
中国のほうは数字的に苦しくなってきているような
ニュースが流れていますね。

米国の株価もチャート的には
非常に危なっかしい形になってきているように
思えるのですが、

どうでしょうかね。


ま、とりあえずこの系での関心事と言えば
やはり日韓の問題ですか。

来週からクリスマスまで
日韓首脳会談に向けて動きが激しくなるようです。


政府がいう「昨年の大法院判決」とやらの
日本語PDFを見かけたのでURLを載せておきますが


 新日鉄住金徴用工事件再上告審判決
 (大法院2018年10月30日判決)
 http://justice.skr.jp/koreajudgements/12-5.pdf


これまでもそうだったのかもしれませんが
今回ばかりは落としどころはないように思えますね。


ナンギな問題です。。。



閑話休題
─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─ * ─

    


今回の後半もバトラー派生の自動売買EAの話。
(個人的なものであり、商材ではありません笑)

EA名は正式に、

「GORDON PriceWalkerEA」 (プライス・ウォーカー)

に名前を変えて、フォワード・テスト運用中。

調整改修しながらということもあり
11月のエントリー回数は多くはなかったものの
勝率は83%、まぁまぁの成績でしたね。

バージョン1はそのまま運用を続けながら
現在はバージョン2にグレードアップ中。

もうちょいエントリー回数を増やしたいのと
1回のトレードでの利益額をUPさせましょう、
というねらいです。


EAを試していくなかで、ロジックの検証用に
専用のインジケーターを作成しながらやってます。

移動平均線、ストキャスティクス、
RCI、CCI、RSI、MACD、などなど

GORDON用のインジケーターが増えているのですが

その中から今回は GORDON_PriceWalker_RCI を
紹介しておきます。






画像のサブウィンドウの4段がすべて同じの
1つのインジケーターになります。

パラメータの設定のしかたによって、

1段目のように一般的な3本ラインでもいけますし、
2段目のように1本ラインにもできます。
3段目は上げ下げの色を変えて表示しています。

また、上3段はチャートの1分足ですが、
4段目はパラメーターの設定は1段目と同じで
時間足を5分足ベースで表示したMTFになっています。

こうしてみると、1分足の長期線(52)と
5分足の短期線(9)がニアだということがよくわかりますね。

RCIのマルチタイムフレームは
珍しいんじゃないかと思いますので
検証途中のβ版のものになりますが
ダウンロードリンクをはっておきます。

興味のある方がいらっしゃいましたら
ダウンロードしてみてください。

 GORDON_PriceWalker_RCI  ダウンロード(無料)
 https://www.gogojungle.co.jp/tools/indicators/22051
 (ダウンロードは停止しました)

ダウンロードされましたら
ぜひブログのランキング応援のポチを!

よろしくお願いします。



では。今回もこのへんで。

がんばってまいりましょう。






日足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要なものがあります。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。