にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計-中間点 












2018/5/4のドル円は109.04。

前回は 106.92 でしたので
2円ほど上げてきたことになります。


一時は110円を叩いたタイミングもありましたので
幅としては3円半ほど。


前回の4/7 は 106.92 、前々回 の 3/10 は 106.79 でしたので

日銀の失策でグングン下げてきた1月の終わりから
やっと一息ついて、そのぶん激に盛り返しにきた4月でしたね。


今回の雇用統計は結果がよくなかったということで
激に上げてきたぶんかどうか戻しも強かったようで

110円はかなり強い節目として
これから認識されていきそうですが

3月初めの記事で書いた

「マイルストーンの赤ラインでいけば
105.50 - 110.00 - 113.50 のレンジ。」

からいけば、
いったんの中間地点の踊り場という見方もできます。


「雇用統計-罪深き黒田」 2018/3/10 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1229.html



毎年のお約束の、2月初めの1月まとめ記事で書いた

"転換点は4月と6月、そして9~10月。" のうち

4月はこれで、やはりのズバリ!、ということで
良いのではないでしょうかね。



ただ、このブログが11年目を迎えたその2月初の記事をみると

 「ドル円は110.15。

 前回は 113.04 でしたので
 最終的には3円ほどの下げ、になりますが

 途中、108円の前半中ばくらいまでいきましたので
 5円近くの幅があったことになりますね。」

と、ありましたので、

はからずも、この激上げのレートと
ほぼほぼ似たようなレンジだったことに気がつきます。

チャートのかたちもよく似ていますね。


「11年目。 」 2018/2/5 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


そして1ヶ月後の3/10の記事では

「ドル円は106.79。」
「前回の2/5 は 110.15 、前々回 の 1/8 は 113.04 でしたので
この2ヶ月で6円以上下げてきたことになります。」

でしたので、

まだまだ余談は許しません(笑


とりあえずは、5月のFOMCで
6月の雰囲気がみれるのかもしれませんね。


北チョーとトランプの会談の動向も
気になるところではありますが

またじわじわきているのは中国。


少々、前の記事ですが、

コラム:中国「債務の長城」、専門家が鋭く分析 (ロイター)
https://jp.reuters.com/article/column-china-debt-idJPKCN1GO02G


北チョーがひと区切りした6月なのか、
はたまたもうひとつの9月~10月なのか、
例によって来年1月なのか、わかりませんが、

いい加減にそろそろ
リーマン後につづいてきた事態が
はっきりしてくる時期なのかもしれません。


世界のデフレの元凶となってきた中国が崩れると

いっきにスタグの波紋が
世界中に広がっていくことになるのかも、ですね。


ただ、日本もそうですが、中国にも
既存の経済理論は通用しないような気もします。

いままでにない経済システムに移行しはじめる

後になって、

「あぁ、この年からだったのか」 と、

思い返すような年になるのかもしれません。


通貨発行権を有しながら
自社株買いのような国債購入を続ける日銀。

その割り合いは4割を超えているそう。


平成30年度国債発行計画について - 財務省 2018/04/15
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/meeting_of_jgbsp/proceedings/outline/171122pd73.pdf


ETF買いで日銀が大株主の企業も
続々と生まれているようです。

このままこの流れを続けて
頃合いをみて日銀を国有化するようなことになれば

システム的には中国とよく似たような感じに
なってくるような気もします。


いまや行政の腐れ具合も中国とよく似てますしね。


効率は悪くても民主主義は捨てないとしても
その点だけが日中の違い。

東中国海がベルリンの壁の役目に
なるのかもしれません(笑



またまた話が大きくなってしまいました。



では。今回もこのへんで。


がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-異次元の罠 












ドル円は106.92。

前回は 106.79 でしたが

下も104円の中盤から
上は107円の中盤まで3円弱の幅でしたので

相変わらずなかなかの動きでしたね。

ただ、いまのマーケットの空気感としては
貿易戦争をにらんだ様子見の雰囲気。

ショボショボの雇用統計に
よくあらわれていましたね。


実需からか底堅い後半戦もあり

ポジティブには、やっといったんの底打ちか、
というアタリでも良いのではないでしょうか。



日足的には
どのレベルでかにもよりますが

ここから雲を抜けてくれば
いっときは良い雰囲気でのマーケットに落ち着きそうです。

ただ相変わらず週足のチャートの形は非常に悪い。
簡単にはいかなさそうですね。


今回も、4時間足のチャートを載せておきましょう。




やっとしっかりとSP2(青太ライン)を上抜けしてきましたね。

グレーの未来レートはぴったりSP2まで下げてきていますが
この後、どうですかね。



日銀の緩和出口の議論は相変わらずのようです。

話題になっていた藤巻議員のブログ記事から
引用して載せておきます。

興味のある方は覗いてみるといいんじゃないですかね。

関係ない内容もたくさんありますが、記事の下のほう、
「(付録その②)」に参議院予算委員会での
日銀・黒田総裁とのやりとりの議事録が載っています。


藤巻健史 オフィシャルウェブサイト
本文&フジマキな日々(春到来&多忙な2週間)
https://www.fujimaki-japan.com/takeshi/5499


要点をまとめると、



 資産サイドの国債  52兆円→452兆円
 当座預金残高   4.4兆円→367兆円

 異次元の量的緩和
 →異次元の量的・質的緩和の質的緩和というのは
  長期国債を買い始めたということ
 →民間金融機関から国債を買う
  →支払は現金でなく日銀当座預金に振り込む

 2018年2月末現在
 日本銀行が保有する長期国債の額面総額
 419兆円
 うち残存期間が1年以上の国債 367兆円
        4年以上の国債 246兆円
        8年以上の国債 139兆円
        15年以上の国債 65兆円

 →1年以上の国債 367兆円 長期金利
 →量的・質的金融緩和からの出口の局面では
  日銀当座預金に対する付利金利の引上げによって収益が減少

 →債券取引損失引当金を拡充
 →なお、現行の日本銀行法では政府による損失補填に関する条項はない

 日本銀行が保有する国債 →2017年9月末時点で9.2兆円の含み益超



もちろん、専門家ではないので詳しくはわかりませんが

ざっくりと表現すれば

400兆円分の国債を購入し当座預金に振り込んだが 
当座預金からの引き出しは40兆円程度、

360兆円はまだ積み上がったままになっている、
と、いうことになるのかもしれません。


もしマーケットをただ刺激するために
大きな金融緩和をしているように演出してみせかけて

実際には40兆円しか流れていないということであれば

「異次元」のわりに106円台という円高になっている現状も
案外、理解の範疇にあるのかもしれませんね。


まぁ、いろいろと難しいテクニックもあるのでしょうが


まだまだ出口どころか、これからではないのか?


というところですかね。



では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-罪深き黒田 












ドル円は106.79。

今回の雇用統計は
雇用統計らしくない小ぶりさで

警戒感の強さがあらわれていましたね。


前回の2/5 は 110.15 、前々回 の 1/8 は 113.04 でしたので
この2ヶ月で6円以上下げてきたことになります。


4時間足のチャートには
その2ヶ月間がちょうど出ている感じになりますが



1/9 にSP2(青太ライン)を切り下げてから
1/23にあたらしい次のレンジへ急落開始。

今週終わりにやっとSP2にタッチし直したところで
グズグズな様子見状態になっていることがよくわかります。

米国原因でいろいろ報道されいますが
結局その根っこは黒田日銀の失策にあることはあきらか。

黒田が発言するたびに、とにかく下げ。

失われた期待や信頼は
もはや回復は無理ということでしょう。


今回も一番下に月足のチャートを載せていますが

バブル崩壊後の93年から94年頃に
よく似た雰囲気になってきているような気がします。

マイルストーンの赤ラインでいけば
105.50 - 110.00 - 113.50 のレンジ。


ここで下げ止まって 113円まで回復したとしても

94年1月を頂点に、
95年4月には80円を切るまで下げています。

円高が進んで、企業の海外への生産移転が加速して
デフレが強烈に進んだときですね。


月足のDAT_TRENDは下げクロスが確定し
レッドが点灯しています。

日足以下のチャートでは
いったん踊り場的かもしれませんが

週足、月足のMethodのチャートは
非常に形の悪いチャートになっています。

月単位での見通しでは
当面、マイルストーンの102円の赤ラインが
メドになってきそうな感じですね。

小休止でこれからいったんの戻しが入ってきたとして

この急落で買いを漬けてしまった方にとっては
どこであきらめを入れるか、
そして反転で売りの追いかけを入れるかどうか
大きな課題になりそうです。

レバ規制の問題もありますからね・・・^^;


こんな状況で、「出口の検討」を口にする黒田には、
あまりのセンスのなさに、あんぐりしかありません。

打つ手のない深い深いデフレ再開に
今度こそ耐えきれずハイパーが来るのかもしれません。
そうなれば漬けてる買いがあればあきらめず
とっておいたほうが良いとも言えますが(笑


では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

11年目。 












ドル円は110.15。


前回は 113.04 でしたので
最終的には3円ほどの下げ、になりますが

途中、108円の前半中ばくらいまでいきましたので
5円近くの幅があったことになりますね。

年が変わっていっときは
静かに推移していたものの

9日に日銀の超長期国債買い入れ減額で
ジャブが入ってからは113円から降下開始。

23日に出口検討を否定しそこなって
111円からまた下降。

頃合いで109円台に戻してきたところで
26日には物価目標の達成を匂わせて

このタイミングでか?!、と言いたくなるような
念押しの逆噴射一撃(笑

108.20円台までの下押しでした。


世間では仮想通貨の暴落のほうが
大きなニュースになっているようですが

慎重に慎重に進めてきたFRBに比べると
日銀の稚拙な進め方には辟易の感がありますね。

何だかんだで、日銀の発表の度に下降していったのが
チャートを見ればすぐにわかります。


昨年終盤からの「1月の下げ」予測は
あたったことは当りましたが、

9日以来、日銀の緩和縮小が皆の頭から離れなくなり・・・
まさか自分で自分の首を締めてくることになるとは
予想外ではありましたね(笑


さて、これも、お約束の
今年1年の相場の年間予想ですが、

例年通り、1月も下げだったこともありますので、

これまたこの1年も例年通りということで良いでしょう。

転換点は4月と6月、そして9~10月。

2月後半から3月も動きがあると言えばあるでしょうが
やはり一番のポイントは6月ですかね。


大御所では大きな円安を言われている方もいるようですが
どうでしょうか。

ここから113円を超えてくるのは
相当難しいような気もします。

それよりも近々108円を試す流れが続くようであれば
下抜けすると酷いことになりそうですね。

去年の4円レンジを拡大して
このまま108-113円の6円レンジ内でなんとか
やり過ごしてもらいたいものです。


辛坊さんは「わりと円安で・・」なんて
わけのわからんことを言ってましたが(笑

110.15は超円高です。

当面のターゲットは
今回の1時間足SP2の踊り場だった110.827。

これでもなかなか難しいかもしれませんが
なんとかがんばってもらいたいものです。


では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-2018新年 












ドル円は現在 113.04。


前回は 113.45 でしたので
結果としては0.4円ほどの下げになりますが

新年明けてからの上げ基調で
空気感としては上げモードになりますね。

雇用統計も、それ自体は下げでしたが
いったんは元に戻ってからの徐々下げということで
1ヶ月の全体としては「いつもの1.5円程の幅」だった
で、よさそうです。


あ、遅ればせながら
明けましておめでとうございます。

このD.A.Tは今月の終わりで
満10年を迎えます。

サブプライム後の2008年1月の終わりからですが
早いものでもう10年。

あいだにもリーマンあり、震災あり、安倍トレンドあり、で、
いろんなことがありましたね。


去年の終盤は、

"十分に上げていっていれば1月は激下げ、
 そうでなければレンジ継続"

と予想していましたが
いまのところは後者の感じのようです。

当面は113.50のマイルストーンを
超えて伸びるかどうか、がポイントだった、
というところですかね・・・。


円の信任がなくなれば、劇上げでしょうし、
いつもの「リスク回避の円高」が出てくれば
激下げもありえるでしょう。

いまのところ今年は
大変読みにくい年のような感じですね。

ま、例年通り、
年見通しは1ヶ月様子を見てから、ということで。


十分に精度もあがってきた感じがしますので
10年の区切りでもありますし
今年はさらにボチボチ感いっぱいで
やってきたいと思っています(笑

どうかひとつ今年も1年、
よろしくお願いします。


では。このへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ