にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計 米国回復の陰と陽には 



















2012/01/06の終わり、ドル円レートは
76.97 

雇用統計は、好結果を受けて大きく上げましたが
結局、ズルズルともとのトレンドに戻って
今週は終了^^ と、いうことになりました。


欧州を舞台に行われた2度の世界大戦で
米国が大きく地位を上げたことになぞらえる向きもあり、

今回のソブリン危機での欧州の落ち込みと相対して
上向きになっているだけのような気もしますが、

住宅関係の指標が改善してきているのが少し前から
言われていましたので、

それが本当であれば、今回の失業率の改善にも
その動きが反映されてきているのかな、
という気もしますね。


サブプライム問題からはや5年近くになりますが

住宅ローンは息の長い問題になりますので
そうそう簡単には改善も難しい気もしますが。。。




今回から、記事のチャートは下のように
ズラッと並べるかたちにしていこうかと思っています。

いままでは、MACD版とTREND版を並べていましたが
チャートはTREND版に統一してあります。

時間足は、1分足~4H足までを
パラレルタイムフレーム(PTF)で、

日足、月足をシングルタイムフレーム(STF)で
出してあります。

現在の流れ、これからの流れが、
記事を見てもらうと一発!でわかる。

そんな試みです。


昨年後半に見てきた超シンプルな Method 9.7.5S も
引き続き見て行きます。

(一番上のバックが黒のチャートです)

これはこれで "超スキャル"的には使えると思いますので
トレード解説などには良いのかな、と思っています。


記事の構成も、読みやすく、更新もしやすい内容に
整理していきたいと思いますので

記事についてのリクエストなどがありましたら
気軽にコメントをお願いします。




D.A.T Method 9.7.5S  M1
 



D.A.T Method 9.7.5 PTF  M15/M5/M1
 
D.A.T Method 9.7.5 PTF  H4/H1/M30
 
D.A.T Method 9.7.5 STF  D1
 
D.A.T Method 9.7.5 STF  MN  Since 2011.01.09

※ブログからの配布は『サイト・ポリシー』にそって行っています。
※取引システムの画像のときは『外為オンライン』デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethodなど)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定⇒『サイト・インデックス』、『Reading Guide
※その他、参考記事 『D.A.T Method9.7.5S (仮) 』、
 『相場の流れをみる:パラレルタイムフレーム(PTF)の時間割



では、今回はこの辺で。



『皆の英知を結集して』

ともにがんばりましょう!


では。また。



■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■インジケーターのリクエスト・Q&Aの前に!
■Methodやインジケーターのダウンロードは!
■配布中の D.A.T Method は↓
→ 『サイト・インデックス
→ 『サイト・ポリシー
→ 『外為FXフォーラム!
→ 『D.A.T Method9.7.5

ダウンロードはフォーラムから。
  外為FXフォーラムに参加する   ← クリックしてダウンロード


 はじめての方へ記事投稿の解説は ⇒ こちら

 D.A.Tからの口座開設はこちら!!
  ←スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。



こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/466-4bd8fb7c


ブログランキング・にほんブログ村へ