にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

TPP:日本≒ユーロ統合:英国 


















77円ラインでホッと一息、良しとしたのか
それとも頭を抑えられ上抜けできなかったのか。

最後はボチボチ、ドル円レートは76.88。

ネットでは先月末の為替介入8兆円のドブ捨て論も
たくさん出ていました。


そんな中、相変わらず今週も
一番のトピックはTPPと公務員宿舎。


公務員宿舎のほうはどうでも良い話ですが


前回の記事で、

 このTPP参加は、四半世紀ほど前の
 「プラザ合意」と同じ匂いを感じます。

と書きましたが、

このTPPの話の中での日本の立ち位置は
欧州のユーロ統合時のイギリスの立場に
似たものも感じます。

イギリスはユーロ導入に参加せず、
独自の立場を崩しませんでした。

TPPにメリットがない、または危険があるのであれば、
断固として独自路線を貫く。

そういうことでも良いのではないでしょうかね。


逆にTPPをテコの原理につかって

日中韓のFTPを有利に進めたほうが
よほどメリットがあるように思えます。

どんなモンなのでしょうか。。。



生活保護は200万人超え、だそうです。

年金もらうより生活保護のほうがもらえる額が多い、
というワケのわからない状況もあるのでしょうが

デフレも少子・高齢化も保険・年金崩壊も学力低下も、
貯蓄率低下も、貧困の連鎖も、経済格差の拡大も。

みな「円高」が原因・遠因である、というのが
自論です。 (「SeeyaFund」参照)


やれば良いことはわかっている、
でもやりたくてもやれない現状を打破するには
どうすればいいのか。。。そこが問題です。


イギリスは「金融立国」を目指してビッグバンを行い
ロンドンを世界一の金融センターに育て上げました。

結局はサブプライム以降、金融崩壊に巻き込まれたので
それが良いことだとは限りませんが、

このディ・アフター・トレードでも大昔の記事で

"Methodを国策にして欲しいくらいですね"

と吹いてたこともありました。


自宅でもできる「トレーダー」なら
どんなに高齢者が増えても、頭と指が使えれば
いくらでも活躍でき、儲けられる可能性を手にできます。

FXのブログをやっている立場的には
そういう路線も選択肢のひとつなのになぁ、と、

相変わらずそう思うトコロではあります。


そんなことで。。。


今週の Method 9.7.5S のチャートは↓こんな感じ。

※ブログからの配布は「サイト・ポリシー」にそって行っています。
※インジケーターのセットについては過去記事を参考に。
※取引システムの画像のときは「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethodなど)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


今週は、最後の最後、

40pipsほどグングンと上げが続いて
77円ちょうどあたりで跳ね返され

少し戻ってグズグズ上下したところで終了、
という感じです。


今回も "RCIのキモ" となる部分がよく出ています。

76.55あたりから77円あたりまでのグングンの中で
上がり始めのところ、76.65あたりの部分ですが、

RCIの左のほう、太い青・赤が上げクロスしたあと、
最上まで上がっていた短期線(点線)が下まで降りて
長期線の黄線にあたって上に折り返しています。

このタイミングで「買い」を入れることになります。

RCIの典型的なパターンです。
非常にわかりやすいタイミングになっています。


そして短期・長期線ともに最も上まで上昇し
黄線とクロスするように短期線が下げに入った部分。

チャートで言えば、76.85あたり。

この部分も RCIの典型的なパターンですネ
こちらは悪い意味、ダマシのパターンになりますが

うまくいけば、先ほどの上昇の買いのエントリーと
この下げの売りのエントリーで、往復が獲れますが

ここでは下げがうまく進まず、
短期線は下げの途中で折り返してまた上昇。
押し目買いのポイントになり次の上昇につながります。


今回はそれほど逆の幅が大きくありませんでしたが、

こういう場面でためらって損切りが遅れてしまうと
大ケガをすることになりかねませんので
RCIでのトレードでは十分に注意が必要です。

ま、古くからの『D.A.Tフリーク』の方には
まったく "耳タコ" な話だとは思いますが

『RCIの解説』 ディ・アフター・トレード
http://dayaftertrade.blog45.fc2.com/blog-entry-219.html


これからRCIを使いたいという方には
ぜひ気をつけてもらいたいポイントです。



そして以下↓は"いつも系"の画像です。



※ブログからの配布は「サイト・ポリシー」にそって行っています。
※パラレルタイムフレーム(PTF)については過去記事を参考に。
※取引システムの画像のときは「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethodなど)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


いつもの5分足ベースのPTF(パラレルタイムフレーム)
左から15分足・5分足・1分足のチャートです。

(今回もサブは上の画像が DAT_MACD、下が DAT_TREND。
 それぞれ DAT_MTF のパラメータ「ShowIndicator」に
 "DAT_MACD"、"DAT_TREND" と設定して表示できます。)





こちら↑は、今回は1H足をベースにした
パラレルタイムフレーム(PTF)のチャートです。

右下がりの青太のSP2のラインとともに雲も右下に流れ、
レートが上抜けできずにいるのが見事に見て取れます。


最後の最後、ググッと下げて76.50を切ってくると
また危ない感じの場面でしたが、
介入が入ったのかどうかは定かでありませんが
ググッと雲まで戻して一服、というところです。

見ての通り、このあとSP2がググッと下げが入っており
未来予想レートはそれとクロスするようなかたちで
上げが出ています。

このとおりになればしめたものですが、
もしSP2を上抜けできれば、未来予想レートからの雲も
上向きに反転してくるのでそのまま維持できるとGood!
に、なってきます。


そして下のチャート↓が、これもいつもの年初から続けてみている

誰も聞かない、わりと長期予報』(2011/1/9)

の、月足チャート↓になります。






今回も、MACDベースのチャート(上)と
TRENDベースの月足チャート(下)を並べてあります。


短期線の青反転もみられず
ナンとも心もとない様子ではありますが

DAT_TREND_HIST の上バンドにも重なって
いつ上昇に転じてもおかしくない状況にはあります。

相変わらず期待だけは、持ち続けましょう。



それでは。今回もこの辺で。


『皆の英知を結集して』

ともにがんばりましょう!


では。また。





 はじめての方へ記事投稿の解説は ⇒ こちら

─────────────────────────────────


 D.A.Tからの口座開設はこちら!!
  ←スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら



■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■インジケーターのリクエスト・Q&Aの前に!
■Methodやインジケーターのダウンロードは!
■配布中の D.A.T Method は↓
→ 『サイト・インデックス
→ 『サイト・ポリシー
→ 『外為FXフォーラム!
→ 『D.A.T Method9.7.5


※画像のセットは本掲載時点での最新の Method になります (MT4)
※ ご要望の際は『サイト・ポリシー』 または"配布案内"をご覧ください。
 (ブログ左上の配布案内のアイコンから自動返信で入手できます)
※はじめての方はインジケーターのセットアップ・設定の手順など
  ブログ左の 『サイト・インデックス』 を見てみてください。

ダウンロードはフォーラムから。
  外為FXフォーラムに参加する   ← クリックしてダウンロード

─────────────────────────────────

ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。



こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/458-217bf272


ブログランキング・にほんブログ村へ