にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

続く史上最高値更新-失われた20年を振り返る 


















ロイター
『円が再び最高値更新、欧州基金拡大見通しでユーロ上昇=NY市場』
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23836520111026

なんともはや、はや、。。。
またも史上最高値を更新のようです。


先週の最高値更新に引き続き、今週もまた更新。。
結局、今度の最高値パレードは75.661円ということで
少し戻して終了したものの75円台は
すっかり定着した感があります。


過去のレートを調べるときに
皆さんもよく活用されていると思います
Infoseekマネーというウェブ・サービスですが、

Infoseek マネー サービス終了のお知らせ

との告知がされています。

慣れ親しんだサービスなだけに残念です。

楽天はこういうことをするから好きになれません。


そこで、サービス終了の思い出に

情報のとれる1990年以降について
バブル崩壊以降の「失われた20年」を
過去の同時期のレートで追ってみると、

それぞれの終値は↓こんな感じ (Infoseek為替)

現在  2011年10月28日  75.78円/ドル PIIGS・ソブリン
1年前  2010年10月29日  80.43円/ドル ギリシャ・ショック
2年前  2009年10月30日  90.05円/ドル ドバイ・ショック
3年前  2008年10月30日  98.59円/ドル リーマン・ショック
4年前  2007年10月30日 114.64円/ドル サブプライム
5年前  2006年10月30日 117.46円/ドル 小泉、ライブドア
6年前  2005年10月28日 115.67円/ドル 小泉政権
7年前  2004年10月29日 105.82円/ドル 小泉政権
8年前  2003年10月30日 108.68円/ドル 小泉政権
9年前  2002年10月30日 122.93円/ドル 小泉政権
10年前 2001年10月30日 122.08円/ドル 小泉政権
11年前 2000年10月30日 108.97円/ドル ブッシュ大統領
12年前 1999年10月29日 104.10円/ドル ユーロ導入
13年前 1998年10月30日 115.97円/ドル 長銀破綻
14年前 1997年10月30日 119.99円/ドル アジア通貨危機
15年前 1996年10月30日 114.13円/ドル 小選挙区制度
16年前 1995年10月30日 101.90円/ドル 最高値79.75円
17年前 1994年10月28日  97.28円/ドル 村山政権
18年前 1993年10月29日 108.60円/ドル 細川連立内閣
19年前 1992年10月30日 123.45円/ドル EC市場統合
20年前 1991年10月30日 131.08円/ドル バブル崩壊
21年前 1990年10月30日 129.10円/ドル 湾岸戦争


出来事のほうは適当にまとめてしまいましたが
まぁ、だいたいこんな感じ。


ちなみに、Infoseekではないですが1989年は、

22年前 1989年10月30日 142.15円/ドル

ちなみにこの年の4/1から3%で消費税がスタートしています。


でも、こうやってみるとここのところのドル/円は
100円台中盤から120円台前半くらいまでが適正だと
いうことがよくわかります。


その昔、自民党にいた渡辺美智雄が声高に言っていた
「デノミ」をやっていれば、おそらく円は
1.00~1.25円/ドルくらいのところを
推移することになっていたのでしょう。

ちょうどユーロ/ドルと同じような感じです。


そしたら、米国もプライドがあるでしょうから

0.75円/ドルなんてことも、なかったのかも

です。



さてさて。。難しい話は置いておいて。。


今週の Method 9.7.5S のチャートは↓こんな感じ。

※ブログからの配布は「サイト・ポリシー」にそって行っています。
※インジケーターのセットについては過去記事を参考に。
※取引システムの画像のときは「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethodなど)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


セットの細かいことは前回の記事を見てみてください。

または『D.A.T Method9.7.5S (仮) 』も参考になるかなぁと思います。


こういうシーンがRCIのイチバン難しいところです。

上まできれいに上がって今度は降りてくるところ、
それっ、と、エントリーしてもなかなか降りてこない。

短期線は降りてきても長期線は上に張り付いたまま。
いかにダマシにあわずに、または損切りを最小限にして
こういうシーンをやりすごせるかがポイントです。

それを研究に研究を重ねた結果が
いまのMethodにつながっている、というワケです。


そして以下↓は"いつも系"の画像です。



※ブログからの配布は「サイト・ポリシー」にそって行っています。
※パラレルタイムフレーム(PTF)については過去記事を参考に。
※取引システムの画像のときは「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethodなど)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


いつもの5分足ベースのPTF(パラレルタイムフレーム)
左から15分足・5分足・1分足のチャートです。

(今回もサブは上の画像が DAT_MACD、下が DAT_TREND。
 それぞれ DAT_MTF のパラメータ「ShowIndicator」に
 "DAT_MACD"、"DAT_TREND" と設定して表示できます。)





こちらは、1H足をベースにした
パラレルタイムフレーム(PTF)のチャートです。


未来予想レートからいくと、あと少しで
SP2のラインとのマッチングがあるのが予想されます。

すんなり上抜けしていくのか、
それとも抵抗にあってしまうのか、

ひとつのポイントではあります。


そして下のチャート↓が、これもいつもの年初から続けてみている

誰も聞かない、わりと長期予報』(2011/1/9)

の、月足チャート↓になります。






今回も、MACDベースのチャート(上)と
TRENDベースの月足チャート(下)を並べてあります。


毎回同じ希望を掲げていますが

早いところDAT_TRENDの短期線の
上向き(緑)が見たいところです。



それでは。今回もこの辺で。


『皆の英知を結集して』

ともにがんばりましょう!


では。また。





 はじめての方へ記事投稿の解説は ⇒ こちら

─────────────────────────────────


 D.A.Tからの口座開設はこちら!!
  ←スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら



■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■インジケーターのリクエスト・Q&Aの前に!
■Methodやインジケーターのダウンロードは!
■配布中の D.A.T Method は↓
→ 『サイト・インデックス
→ 『サイト・ポリシー
→ 『外為FXフォーラム!
→ 『D.A.T Method9.7.5


※画像のセットは本掲載時点での最新の Method になります (MT4)
※ ご要望の際は『サイト・ポリシー』 または"配布案内"をご覧ください。
 (ブログ左上の配布案内のアイコンから自動返信で入手できます)
※はじめての方はインジケーターのセットアップ・設定の手順など
  ブログ左の 『サイト・インデックス』 を見てみてください。

ダウンロードはフォーラムから。
  外為FXフォーラムに参加する   ← クリックしてダウンロード

─────────────────────────────────

ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。



こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/455-42f672a9


ブログランキング・にほんブログ村へ