にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Method 9.6.2h スキャル用セット ≪復刻版≫ 


















ディスクの整理をしてましたら。。

予想外のところから出てきました。


往年の D.A.T Method 9.6.2


インジケーターはまだマスター・キーに対応していないモノで
具体的には2009年11月にとったバックアップのようです。

見つけたときには "おぉ~" という感じでした。

ほぼ丸2年前にいじっていたインジケーター達になります。


その途中でとったバックアップのモノになると思いますが。
懐かしいですね。


少し前になりますが、

読者の方から「またスキャルピング用のセットを!」と
いうような声をいただいていたこともありますので
けっこういいタイミングの発見かなぁとも思います。


そんなことで。。。

今回は スキャルピング用の復刻版Method として
特別リリースになります。

いつもいじったインジケーターは上書き上書きでやってますので
ディ・アフター・トレードとしては初の試み!になります。

テンプレートはこんな感じ↓になります。

※リクエストの際は「サイト・ポリシー」にそって随時配布しています。
※セットの内容については過去記事を参考にしてください。
※取引システムの画像は「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethod)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
 『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


リリースするセットは

現行のDATインジケーターのシリーズの前に配布していた
HEiシリーズのバージョン Method9.6.2 に

フラクタルの HEi_FRA と、レート横のクロック表示の
HEi_CLK をプラスしたものになります。


もちろん現在のPTF(パラレルタイムフレーム)につながる
MTF(マルチタイムフレーム)にも対応していますし、
現在の構成では外している音声でのトレード・ガイダンスにも
対応しているバージョンになります。


いまこうやって見てみると、
現在配布している D.A.T Method 9.7.5系に比べて
インジケーターが多くとてもゴチャゴチャしています。

もし好評なら、こちらのセットも
また少しずつでも並行してやっていくのもいいかなぁ
と思っていたりもしています。


右側に見えている取引画面は、D.A.Tのホームグラウンド、
外為オンラインの画面になります。(デモ画面です)

チャートを見てもらうとわかりますが、
レートの上限から下限まで8pips程度しかありません。
ドル円のボラティリティは現在これくらいしかありません。
非常に動きが少ないです。。

これほどのボラがない場面に対応していくには
短いスパンでもそれなりの確度のセットでないといけません。

スキャル専用としてはこの Method9.6.2 は
かなり高確度のセットとして実績もありますので、

低レバレッジのいま比較的少ロットでプチプチ・スキャルで
いきたいという方には適したセットかもしれません。


トップページの「D.A.T インフォメーション」のところでも
アナウンスしていますが、

配布は現行の Method9.7.5 と同じように行いますので
9.6.2を指定の上、リクエストしてください。



復刻版の告知が長くなってしまいました。。。


では、今週はササッと、いつも系の記事の内容を

今回のMethodの画像↓です。


※リクエストの際は「サイト・ポリシー」にそって随時配布しています。
※パラレルタイムフレーム(PTF)については過去記事を参考にしてください。
※取引システムの画像は「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethod)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
 『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


いつもの5分足ベースのPTF(パラレルタイムフレーム)
左から15分足・5分足・1分足のチャートです。

(今回もサブは上の画像が DAT_MACD、下が DAT_TREND。
 それぞれ DAT_MTF のパラメータ「ShowIndicator」に
 "DAT_MACD"、"DAT_TREND" と設定して表示できます。)


最後の最後でグングンと60pipsほど上げてきました。

巻き戻しの動き、とのことですが、
あまり大きなニュースにもなっていませんし
少々あやしい感じでもあります。

往々にして、こういう動きの後は、
そのままの方向で延びていくことがあります。

短期的な話かもしれませんが、「売りしかないでしょ」
というポジショニングをとっている方は
ちょっと警戒していたほうが良いかも、とも思います。


こちらは↓長期足のPTFチャート。


1H足をベースにした
パラレルタイムフレーム(PTF)のチャートです。

1H足を見るとSP2のライン(太青)にのったところです。

4H足の雲に相当していることが見てとれると思いますが
このまま右上に抜けていけるか、というところでしょう。



そして下のチャート↓が、これもいつもの年初から続けてみている

誰も聞かない、わりと長期予報』(2011/1/9)

の、月足チャート↓になります。






今回も、MACDベースのチャート(上)と
TRENDベースの月足チャート(下)を並べてあります。

TRENDの短期線の上向き(緑)を期待しましょう。



それでは。今回もこの辺で。


『皆の英知を結集して』

ともにがんばりましょう!


では。また。





 はじめての方へ記事投稿の解説は ⇒ こちら

─────────────────────────────────


 D.A.Tからの口座開設はこちら!!
  ←スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら



■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■インジケーターのリクエスト・Q&Aの前に!
■Methodやインジケーターのダウンロードは!
■配布中の D.A.T Method は↓
→ 『サイト・インデックス
→ 『サイト・ポリシー
→ 『外為FXフォーラム!
→ 『D.A.T Method9.7.5


※画像のセットは本掲載時点での最新の Method になります (MT4)
※ ご要望の際は『サイト・ポリシー』 または"配布案内"をご覧ください。
 (ブログ左上の配布案内のアイコンから自動返信で入手できます)
※はじめての方はインジケーターのセットアップ・設定の手順など
  ブログ左の 『サイト・インデックス』 を見てみてください。

ダウンロードはフォーラムから。
  外為FXフォーラムに参加する   ← クリックしてダウンロード

─────────────────────────────────

ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。



こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。
関連記事

コメント

ありがとうございます

素早い対応をありがとうございました。
復刻版。さっそくダウンロードさせていたただきました。
まさかこたえてもらえると思っていなかったので感激です。
リクエストしてみるもんですね~
両方いろいろ試してみます。ありがとうございます!

>moguさん

こんにちは。

コメントありがとうございます♪

いえいえ^^
ここのところずっと同じ構成でやってますので
たまにこういう声をいただけると助かります(笑

レバ規制に負けず、プチプチスキャルで
ガンガン獲っていってください^^

がんばっていきましょう☆

こんにちは。インジケーターダウンロードさせて頂きました。ありがとうございます。

>ステテコさん

こんにちは。

コメントありがとうございます^^

これからもよろしくお願いします。
がんばっていきましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/450-e5c4ec13


ブログランキング・にほんブログ村へ