にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

"断固たる措置"の果てには 


















新政権になって

やる気を出されてはマズいということでしょうか。

雇用統計も終わり、円高もいっぷくの感がありますが
皆さんのトレードの調子はいかがでしょうか。


"断固たる措置"ということばをよく耳にしますね。

いわゆる「口先介入」の一環ということでしょうが、
有効期限はどのくらいでしょうか。

ホントに"断固たる措置"をとらなければ
マーケットに見透かされてまた円高再開
となるかもしれません。


ドル円のほうは、
せっかく78円も見えてきた!というところだったのに
ドンっと引き戻され、その後ボチボチ回復して
ようやく77円の中盤。

いずれにしてもまだまだ十分に円高であることに
変わりはありません。


そして。。。きょうは9月11日。

あの2001年9月11日の悪夢から10年になります。

旅客機がワールド・トレード・センターに突っ込んで
その後、ビルが崩れ落ちる映像を見たときには
まるで映画の1シーンのように感じていたものです。

こちらも"断固たる措置"にもとづいて、
その後のアフガン侵攻(2001)やイラク戦争(2003)、
その後も長きに渡って続いた対テロ戦争など、
米国に必要となった戦費も並大抵のものでは
なかったろうと想像します。

米国追随型の日本としても
国の膨大な借金の増加が、この米国の対テロ戦争と
決して無関係ではなかったのだろうという気もします。

この"断固たる措置"の意味するところはどうなのか。
心配になる面はありますね。。


そしてまた。。今年はあの3/11の大津波のとき、
さすがに日本での出来事でリアリティがあり過ぎ。
とても信じがたい光景でした。。

が、それももう半年前のことになります。

関東でもまだヨウ素が高濃度で検出される、とのこと。
半減期8日なので、まだまだ原発から放射能は
ダダ漏れということのようですから
特に関東以北の子ども達の身はただただ心配です。


専門家ではありませんが、
震災関連の情報も、FXの情報とあわせて
気になったものはツイッターで随時流していますので。
もしよければ気軽にフォローしてみてください。


そんなことも思いつつ。。。


今回のMethodの画像↓です。


※リクエストの際は「サイト・ポリシー」にそって随時配布しています。
※パラレルタイムフレーム(PTF)については過去記事を参考にしてください。
※取引システムの画像は「外為オンライン」デモの画面になります。
※配布中のインジケーター(D.A.TMethod)のダウンロードは → こちら
※インジケーターのセットアップ・設定、テンプレート等については
『サイト・インデックス』または『Reading Guide』を参照ください。


いつもの5分足ベースのPTF(パラレルタイムフレーム)
左から15分足・5分足・1分足のチャートです。

(今回もサブは上の画像が DAT_MACD、下が DAT_TREND。
 それぞれ DAT_MTF のパラメータ「ShowIndicator」に
 "DAT_MACD"、"DAT_TREND" と設定して表示できます。)


せっかくいい感じで上がっていっていたのですが、
無理矢理引き戻された感じです。

ここでのポイントは、

MACDのチャートでは、5分足・15分足のMACDの下クロス、
太ラインのレートの下抜け。

TRANDのチャートでは、バンドの外側に出たあとの
ラインの緑→赤の変化とバンドの内側への切れ込み。
太ラインとの関係はこちらも同じ、です。

特にTRENDのバンドの外側に出た後のトレンドの変化は
十分に高い確度で機能しますのでポイントです。

あと共通では、サブの下のHISTの動きですね。
5分足では比較的動きの早いMACDよりも早く
トレンドの転換を捉えています。

MACDのクロスのおさえにHISTの状態を利用するのも
ひとつの良い手法になるんじゃないかと思います。



こちらは↓長期足のSTFチャート。


1H足のシングルタイムフレーム(STF)のチャートです。

太ラインの上にはしっかり乗っていますので
あとはこのまま雲を右上抜けしていけるか、と
いうところがポイントになるでしょう。

TRENDでいけば、このまま上げクロスがきまるのか、
というところです。

ただHISTを見ると、すでの上バンドに接しています。

ここからバンドから離れて下向きにむかう可能性も高く、
そうなると雲は抜けられず残念、ということになります。



そして下のチャート↓が、これもいつもの年初から続けてみている

誰も聞かない、わりと長期予報』(2011/1/9)

の、月足チャート↓になります。






今回も、MACDベースのチャート(上)と
TRENDベースの月足チャート(下)を並べてあります。

まだまだTRENDの短期線は上向き(緑)になりません。
月足なので。。。 じっくり待ちましょう。



それでは。今回もこの辺で。


『皆の英知を結集して』

ともにがんばりましょう!


では。また。





 はじめての方へ記事投稿の解説は ⇒ こちら

─────────────────────────────────


 D.A.Tからの口座開設はこちら!!
  ←スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら



■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■インジケーターのリクエスト・Q&Aの前に!
■Methodやインジケーターのダウンロードは!
■配布中の D.A.T Method は↓
→ 『サイト・インデックス
→ 『サイト・ポリシー
→ 『外為FXフォーラム!
→ 『D.A.T Method9.7.5


※画像のセットは本掲載時点での最新の Method になります (MT4)
※ ご要望の際は『サイト・ポリシー』 または"配布案内"をご覧ください。
 (ブログ左上の配布案内のアイコンから自動返信で入手できます)
※はじめての方はインジケーターのセットアップ・設定の手順など
  ブログ左の 『サイト・インデックス』 を見てみてください。

ダウンロードはフォーラムから。
  外為FXフォーラムに参加する   ← クリックしてダウンロード

─────────────────────────────────

ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。



こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。
関連記事

コメント

デイアフタートレード様


はじめまして。「FXスプレッド狭いだけで選ぶと損する「3つの理由」+α」


というサイトを運営しております。


小室と申します。
このたび、相互リンクをお願いしたくご連絡させていただきました。



デイアフタートレード様のサイトは、わかりやすくページが作られていまして、
サイト運営面でもすごくためになりました。


デイアフタートレード様へのリンクは掲載済です。
お願いに先立ちまして、すでに
下記に掲載しておりますのでご確認下さい。


http://fxsupured.com/category10/entry150.html


弊サイトはまだまだ未熟ではありますが、貴サイトから
多くを学び発展させていければと思っております。


そこでもしよろしければ、弊サイトと相互リンクという
形でお願いできないでしょうか?


もし相互リンクしていただけるようでしたら
以下を参考に当サイトへのリンクをお願いします。


◆サイト情報です。◆

■サイト名:FXスプレッド

■URL:http://fxsupured.com/

■紹介文:FXスプレッドの狭い業者に対して掲載しております。

<p><a href="http://fxsupured.com/">FXスプレッド</a></p><p>FXスプレッドの狭い業者に対して掲載しております。</p>
 

お忙しい中、突然のメールで大変失礼致しました。
相互リンクの連絡をいただけることを心よりお待ちしております。

それでは、よろしくお願いいたします

断固たる措置を取れるだけの体力があるのか?
見透かされている感じがしますが

応援ぽちしておきました

>トレードしないで勝つ専業さん

どうもそのようですね~。

日本の口先介入はとっくに見透かされているようです^^;

思い切って100兆円くらい増刷して
ドンと介入すればいいのに、と思いますネ(笑

ま。それでも125円くらいでしょうけども。。^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/449-97f038ed


ブログランキング・にほんブログ村へ