にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

レバレッジ規制のおさらい 



 





こんにちは。Seeyaです。


たまたま業者からレバレッジ規制についてのメールが届きましたので

もう皆さん十分にご存知かと思いますが、今回は、あらためて
『レバレッジ規制』についておさらいといきたいと思います。


金融先物業協会のHPに詳しく記載がありますので
参考に一度は読んでおくとよいかもしれません。

「FX取引の規制が変わります」金融先物業協会
http://www.ffaj.or.jp/regulation/03.html


簡単にいうと、

・来年の (2010年)平成22年8月1日から1年間、レバレッジの上限は50倍

・再来年の(2011年)平成23年8月1日からは上限が25倍

ということになります。

※金融先物業協会のHPより


これは、くりっく365などの店頭取引も、一般のFX業者での取引所取引でも
同じ規制の内容となります。

本来の規制の表現からいくと、
来年の8月1日から取引額の2%以上、再来年の8月1日以降は4%の証拠金が
必要となるということで、レバレッジに直すと50倍と25倍ということですね。

先のHPにもあるように、ドル円で1万通貨を取引する場合には、
例えば再来年の8/1以降、1ドル100円で取引するとすると、

取引額   100円00銭× 1万米ドル = 100万円
必要証拠金 100万円 × 4%    =  4万円

と、いうことになります。

現在は、例えばレバ200だとすると、必要な証拠金は

必要証拠金 100万円 × 0.5%   =  5千円

になります。

もし5万円を投資して取引していくことになると、
現在は450pipsウラへいかれないとロスカットされなかったのが
再来年からは100pipsウラへいかれるとロスカットされることになります。

ただしロスカット後に残る残高は、
レバ25では4万円、レバ200では5千円、ですから
レバ25の方が顧客側が被る損害は少ない、ということが言えます。

(あくまでロスカットされるときの話ですが。。)

なお、ロスカットまでの余裕を同じ幅欲しいとなると、
レバ25では 85,000円が必要ということになりますので、
そのあたりは痛し痒し。

1.7倍の資金力が必要になる、ということですね。


海外の業者では11/30からすでに規制がかかっていまして
メジャー通貨だと証拠金は1%ということですので
レバレッジでいくと100倍になります。

来年の夏に状況はまた変わっているのかもしれませんが
このあたりのアンバランスはどうなるのでしょうね。


業界の存続も考えると日本も100倍が妥当だったのでは?
とも思いますが。


では。今回はこの辺で。


『皆の英知を結集して』

ともにがんばってまいりましょう!


では。また。





■ディ・アフター・トレード の過去記事は
■インジケーターの配布、Q&A・要望の前に!
■Methodの配布やフリー・ダウンロードは!
■配布中の D.A.T Method は
→ 『サイト・インデックス
→ 『サイト・ポリシー
→ 『外為FXフォーラム!』 (Yahoo!Group)
→ 『Method 9.6.2

※画像のセットは本掲載時点での最新の Method になります。
※もし要望頂く時は『サイト・ポリシー』 または"配布案内"に承諾の上ご連絡ください。
 (配布案内はブログ左上のプロフィール欄のアイコンから自動返信で入手できます)
※はじめて利用される方は、MT4、インジケーターのセットアップ・設定の手順など
  ブログ左の 『サイト・インデックス』 を見てみてください。


ランキングがモチベーションになります。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking外為ランキング

こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。
関連記事

コメント

おはようございます

規制により、業界の淘汰が始まりますね。

どの業者が残るのか?
各社、様々、特徴あるシステムを提供し、頑張っていますね。

スプレッド、広がることにならないかなと心配しています。(笑


>たかゆきさん

こんにちは^^

現在はレバレッジというより信託保全のほうで
すでに淘汰ははじまっているようですがw
レバレッジの頃にはさらに加速しそうですね~^^;

特に現在のスプ固定の業者の動きは
気にしていきたいところですネ(笑

こんばんわ。

レバ規制ももう間近ですね。
今は資金を減らさずに行きたい所ですが、
猛烈な勢いで減らしています・・・

ここで踏ん張らないと、来年はないですね^^;

今は別のところで拾ったMTFのMA、MACDを試してるんですけど、
結構面白いです。
特にMAの方ですが、数値を弄った擬似MAより安心感があります。
収束から離れに向かってってのは多重MAの基本の一つでしょうが、
中々捕らえられませんね。
この辺りは仕事の都合や、相場観の拙さが原因でしょうか。はぁ~~。

面白いから勝てるに移行しないといけないんですけどね^^;

>マッツさん

こんにちは^^

そうですね~。
確実に獲っていく気持ちと
大きな利益をあげたい気持ちと
どちらを優先するかがポイントですよね^^;

確実に獲っていくならプチプチですしw
大きく獲るなら勝率よりも利幅!ですネ

D.A.Tでは欲を出してロットで利を大きく♪
が方針ですので(笑
エントリーはいつもヒヤヒヤです(爆^^

MTFのMA、MACDですか♪
MTFというとギザギザのラインのイメージですが
使い勝手はどうでしょうか^^
またよかったら情報提供願えるとありがたいです♪
よろしくお願いします

がんばってまいりましょう☆

MTFは確かにギザギザで格好悪いですねw

今は結果が伴ってないので偉そうな事は言えませんが、
格好悪さに反比例して使い勝手はいいと思います。
何より正しい位置を表しているっていう安心感が一番ですね。

それでも、例えば15分足で使うと1時間の75MAが4時間の21MAとほぼ同じだとか、
MA同士の数値の関連が見えて面白いですよ。

擬似MAの数値を探るのにも使えると思います。

MACDの方は、通常の窓+別枠でMTFってのがいいように感じますね。
0ラインに収束しやすいみたいで、役に立たないときが見受けられるので。
この辺はTMCに軍配が上がりますね。

問題は便利なツールがあってもエントリーが固まってなくて
活かしきれて無い所です^^;

以前のお願いにもつながるのですが、
エントリーの安定化とその他のテクニカルとの組み合わせを試したいので、
D.A.Tの使用許可をお願いできないでしょうか?

よろしくお願いします(_ _)

>マッツさん

こんにちは^^

メッセージありがとうございます。

まずは配布についてですが、他の方で、これまで、
お渡しした途端にぷっつりということもありましたので^^;
継続して協力頂けそうかある程度期間をみさせて頂いております。

提供頂けた情報の内容などによってということもありますので
はっきりしたものはないのですが、期間の長さは、
背負って頂いてるものの大きさという意味合いで
スクサポ<記事掲載<コメント、というイメージとしています。

スクサポはまさに直ですし、記事掲載は公開されているという
こともありますのである程度は継続して頂けることが多いです。

そんなことで申し訳ありませんm(__)m

まずは堅いお話から書かせて頂きました。


MA(移動平均線)は、バーの本数分を平均化するラインですので、

それぞれのバーの終値で処理しますので若干の誤差はあるかも
しれませんが、たしかに1時間足での75MAは4倍縮で4時間足の21MA(正確には18.75w)に
相当すると思いますネ^^

Methodでも
1分足の200MAは、5分足の40MA、15分足の14MA(13.33)、30分足の6MA(6.66)
5分足の200MAは、15分足の60MA(66.66)、30分足の30MA(33.33)、1H足での14MA(16.66)
に相当するとみていることになります^^

HEi_MAMでは便宜上、40、100、200、などと表示していますが、
現在のチャートがどの時間足かによって
期間を微調整しながら表示するようにしています♪

TMCは考え方はMACDですが、ティックベースになりますので、
通常のMACDとは少し異なるかもしれません^^;

通常のMACDではバーの値で処理しますので
1分足であれば1分毎の値を処理することになりますが、
TMCではティックが動かないと値がとれませんので。。
時間軸が異なりますネ♪

逆に、TMCのクロスの向きと、そこからのティックの回数、
かかった時間とレートの移動量をかけあわせていけば、
そのときマーケットに参加しているトレーダーの心理状態を
表現できるんじゃないかなぁ~と妄想を膨らませていますw

イメージはあるのですが。。なかなか
インジケーターに落とすまでには至っておりませんが^^;アハハ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/292-7bbe66b6


ブログランキング・にほんブログ村へ