にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

PetitPipsは9500万 

powerd by SeeyaTradings.



Affiliated supports with DayAfterTrade.










こんにちは。 Seeyaです。


すっかり朝づいてきていますが、今回も朝記事です。

昨夜のトレードをレポートしようかと思います。


昨日の『プチマガ』の、自信のない"短観"での、

"日足の下げ折り返しは、1H足の動きにより
 いったん打ち消されるが、結果的には日足黄ラインにつられて
 下げ基調となる!、と、いうところでしょうか。"

との相場予想も、いまのところ、あたり(?)、の状況になっていまして
ドル円はズルズルと。94円台での推移になってきましたね~。

いままではスキャルのみで、
直近の1時間くらいの動きに全精力をつぎ込んでいましたが

レポートを続けている『目指せ1億円!』のデモ錬と同様、けっこうなプレッシャーがあり

毎日オープンにしている1H足~月足までのトレンド予想は
良い意味でのデイトレの鍛錬になっているような気がします。


では。いつもの↓画面です。
  


※画像のセットは現在配布中の Method9.5.1 <アップデータ3> になります。
※正規版をすでに入手されている方は前回と同じURL・パスワードでダウンロードできます。
スクサポの場合をのぞき、新たに現在リリース中の正規版をご要望の方には
  さきにお試し版の Method9.5.1b を個別にメールでお知らせしますので
  ご要望の方は "コメントで" ご連絡をお願いします。
※ご要望の際は必ず 『サイト・ポリシー』 を読んでもらって賛同の上お願いします。
  (サイト・ポリシーはブログ左にリンクがあります。配布条件などが記載されています)
  ダウンロードされたら必ずコメントをお願いします。コメントの状況により配布中止もあります。
※はじめてセットする方は、MT4、インジケーターのセットアップ・設定の手順などは
  ブログ左の 『サイト・インデックス』 を見てみてください。



画像は左から、

D.A.T Method9.5.1 の1H足、5分足、右端にティックベースの
D.A.T Method9.5.1tを配置しています。

ここのところ、この布陣でのトレードを主にしています。

いつものデモ練では、
トレードは1回、またはせいぜい2回程度しかエントリーはしないのですが
(エントリーしないこともけっこうあったりして。。。)

昨夜は久しぶりに、集中してマジメにデモ錬をやってみました。





結果は↑の通り、 全12戦 11勝1敗で 67pips

ようやくゴールのしっぽが見えてきたような感じですね。

早く解放されたい、 とは思いつつ、 せっかくここまできましたので
期待感を持たせつつ、慎重に、慎重に、ひっぱりたいと思います。


きょうの画像のポイントは1点のみです。

画像にある○の部分。

WPRの6ラインの中で、長期線と黄ラインが交差しているところですが
そのタイミングからクロス方向に勢いが出ていることがわかるでしょうか。

理由は定かではありませんが、こういうケースが非常に多いことがわかっています。


ここに短期線の折り返しのクロスが重なると、RCI でもよく言われる

"天、底で、束になったところからラインが広がっていく"

状態になり、それがもっとも確度が高いのですが、

単純に長期線のクロスでも、このように勢いが出るのをよく見かけます。


特に長期線の赤ライン(34)と黄ラインのクロスまで、グズグズ・レンジな状態がつづき、
クロスからグングン動きが出てくる、というのをよく見かけます。

短期線のタインミングでトレードされている方も、このポイントに注目することで
早過ぎる仕切りや損切りを避けて有効なクローズまでもっていくことが
できるのではないか、と思います。

参考になりましたら。



では。 今回はこの辺で。


『皆の英知を結集して』

ともにがんばってまいりましょう。


では。また。



 期待のフォレックス・トレード 口座開設がまだの方は ⇒ こちらから






■ディ・アフター・トレードの過去記事は  → 『サイト・インデックス

■インジケーターの配布、Q&A・要望の前に → 『サイト・ポリシー

■現在配布中の D.A.T Method は   → 『Method 9.5.1



D.A.T のホーム・グラウンド。 使いやすいです。
  → 外為オンライン         スプレッド1pips(固定!) レバレッジ200

D.A.T Method いっしょにやる人は
  → FXトレーディングシステムズ    スプレッド0.5pips レバレッジ400

ハイグレードな次世代FXを体感するなら。
  → EMCOM TRADE     スプレッド0.1pips~ 最大レバレッジ 400倍

サブ口座にピッタリでは。安心のひまわりGrp。
  → FX ZERO!          スプレッド1pips~ 最大レバレッジ 約320倍

国内唯一MT4での自動売買対応。
  → 121証券!          スプレッド2pips~ レバレッジ 200倍以上



ランキング。参加してます。
↓応援してください。

にほんブログ村 為替ブログへ人気ブログランキングへFC2 Blog Ranking外為ランキング
相互リンクとランキングプラス FXブログランキングへ FXランキングFXブログランキング


こっちもポチッとしてもらえると
↓かなりよろこびます。

関連記事

コメント

おはようございます♪

1億が 本当に目の前まで来ましたね~♪
67pips×500lotという事は
もう今日中?
来週中にはありがとう!!1億円!!になりそうですね~♪
チャートを見て思ったのですが
矢印が出て 其処が底だったら
安値・高値を割ったら 損切っちゃえばいいので 
逆張り気味になっていても楽なのかな?と思いますね
ん?違う? 
ありがとう1億!! 応援してます♪

おはようございます

ちょうどデモでトレードしていたので実感できます。
いままで短期線どうしの絡みはよく意識していたのですが、長期線はメソッドみたいに俯瞰してみていなかったので気がついてませんでした。というかスキャルは超短期なんで必要だと思ってなかった・・
よくかんがえてみますと長期の変動率みたいなものが短期の変動とシンクロするわけで、いちばん影響が強く出るポイントなんですね。
で、無視して夜中に売ってしまってました(爆)

>りんさん

こんにちは^^
一番コメ☆ありがとうございます♪
この間(1ヶ月くらい前w)も、9000万を目前にダメダメトレードを
やってしまいましたので(笑 そうそう簡単には行かないかもしれません^^;
(ただでさえのんびりやっているということもありますが。。w)
たまにこうして性根を入れてガンバルとうまくドンと伸びたりもするのですが。。^^;アハハ
底にいるからこそ、安値割りで損切りはムズカシイかもしれませんネ(爆
上がってくるのを期待してしまいますのでw
そういうときは短期線の動きを注視してレートの上昇のと比較して
短期線の上がりが妙に早くレベル80まで行ったりすると
逆に下げが強いと判断して短期線の下げクロスで見切りをつけたりします^^
そういうときはだいたい長期線の上昇が腰砕けになって
ズルズルと下げ基調が続くことがありますネ
がんばってまいりましょう☆^^

>sasakiさん

こんにちは^^
夜中に入れてしまったw 売りは、その後どうなったでしょう?
そのまま持ってらっしゃったら良い利が出ているように思いますw^^
そうですね。
6ラインの短期・長期もそうですし、単純に時間足の下位足・上位足もそうですね。
短い期間のほうの動きは、長い期間のほうの動きに沿って動くときもあれば、
転換点などは、短い期間のほうの動きが先に転換をかけていきます。
おおもとを辿れば同じ1ティックなわけですから
あたり前と言えばあたり前かもしれませんが^^;
要するに「ナンでもあり」ということですね(笑
ただそれでは何もならないのでw
そのとき短いほう、長いほう、の、どちらが優位なのかを
そのときそのときで判断していくのが大切だと思います^^
または逆に無理に深く判断せずに
シンプルなインジケーターでリミット/ストップの割合の妙なので
うまく利益につなげられればそれはそれで良し!だとも思います^^
がんばってまいりましょう☆

Seeyaさん

夜中に入れてしまったw 売り>
う~んとうなりながら4時間足トレードのあぷろーちだったことにしてしまい、そのまま保持してワープ(爆)
先ほど利確しました~

こんばんわ
頂いたインジケータでさっそくデモ検証してみてます。
いまのところはかつてない程の勝ちです!!
あまりのうれしさに誠に勝手ですがブログで紹介させて頂きました。
勝手ついでにリンク貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?
ご検討お願いします。

>sasakiさん

こんにちは♪
さきほど利確♪ということは
良い利が獲れましたか?^^
スキャルで入っても
チャンスと見れば4H足でも日足でも
ベースは良い時間足に変えていくのは
良いと思いますよ~☆^^ウンウン

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/227-1c722ec3


ブログランキング・にほんブログ村へ