にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計-レンジの中央値 










(日足チャート)


ドル円は 100.44。

前回は 102.34と書いていましたから
190pipsの下げ。

昨夜の雇用統計は
マーケットの予想を上回る結果だったということで
いったんは爆上げしたものの
直後に同じくらいの爆下げ、
そしてまた爆上げ、と続き、

そして結果的には雇用統計前の水準まで
何事もなかったように戻って終わり。

5分足チャートなどは
まるで地震の波形のような動きでしたね。


前回、

当面のマイルストーンは102円ということになりますが
ターゲットレンジが105.50-102.00なのか
102.00-98.50なのかは重要なポイント。

105円に向けば110円もまた見えないこともありませんが
なんとも形の悪いチャートですね。

前回2回の102.00と98.50のマイルストーンでは
また相当期間のレンジ相場になりそうです。

と、書きましたが。

「102.00-98.50」 レンジの
ほぼ中央値に落ち着いてしまった感があります。


「注視して」「注視する」と言い続けている
日本政府・日銀ですが、
注視する、とは、傍観をきめ込む、と
言い換えることができるようですね。

世界からの目をものともせず
次から次への緩和策でアベノミクスを演出し
どんどんと円安を進めていったあの勢いは
もうすでに過去のものとなっているようです。

どうも「違和感」が大きく漂っているのですが

ここ1ヶ月で10円ほど下げてきたこの動きは
少々行き過ぎの感は否めませんね。

当面の見通しとしては
100円ちょい上くらいから反転の気配を意識しつつ
いっときは上げ気味の踊り場になってくるのでは、
と思えます。

低調な投票率で
明日は自民党の勝利で終わるのでしょうが
選挙での忙しさも終わって
いい加減に対策に本腰を入れてもらいたいものです。

アベノミクスの第二幕はどうスタートするのか。
しっかり見ていきたいですね。


今回も4時間、週足、月足と、チャートを並べておきます。


では。では。 また。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.dayaftertrade.com/tb.php/1209-aa2663a2


ブログランキング・にほんブログ村へ