にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

「ドル124円の壁」 
















ドル円は 122.80。

前回は 122.85と書いていましたから
プラス5pips。


"ドル125円に「通貨戦争」の壁" なんて記事も目にしますが

D.A.Tとしては昔からここにある壁は「124円」。

多少のオーバーシュートは気にしません。


D.A.Tの記事をあらためてさらってみると

マイルストーンとして「124円」が出てきたのは 2014/06/28 の記事。
1年半ほど前のものですね。

「非常に危険な状態に入ってきました。」
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-587.html

その当時、ドル円はまだ 101.39。

その記事には、

 "それにしても悔やまれるのは、春の日銀。
  わかっていても消費税UP前にも何も動かず、
  特に4月の日銀には落胆しかなかったですね。

  昼メシ介入やGPIFなど小出しにていては
  本気度に信任は得られません。

  いったい102円は超円高ではないとでも
  思っているのか?、という印象ですね。

  円の適正レートは下限でも124円。
  (勝手な言い分・・・(笑))

  102円たかだかでは、
  デノミをやっていればほぼ1ドル=1円。

  最低でも1ドルは1.2円くらいでないと
  米国も格好がつかないでしょう。"

と書いていました。


米ドルの借金にも大きな影響をあたえず
アベノミクスの信任にも傷をつけない・・・

そんなレートとなると
ちょうどこのあたりが居心地が良いのかもしれません。

勝手な言い分ではありますが、
「 円の適正レートは下限でも124円」 と
書いていました。

適正かどうかという点では
この124円あたりが下限でしょう、ということですね。

ただ何かでバランスが崩れたときには、

一気に行ってしまうのが「下限の怖さ」。


この居心地の良さがどこまで続くのか。

とりあえずのポイントは
次の雇用統計、と、いうところなのでしょう。



では。

今回はこのへんで。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html


チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

ひさしぶりにRCI 
















ドル円は 122.85。

前回は 123.15と書いていましたから
マイナス30pips。


一時は、やっと124円を超えていくのか?、と
いうくらいの様子がありましたが、

終わってみれば何てことはない。

また122円後半に戻ってきましたね。


世界の注目は、フランスのテロ一色。

そのあいだにコソコソと世界は動いているようにも見えます。

米国の利上げは無理矢理の既定路線。

12月の利上げは既定通りとなるのでしょうが、
かえって怖いのは1月の急動。


1月初までに上げきった為替が、1月をかけて急落、と
いうこともよくあることのように思えます。

今回はどうなのでしょうね・・・。


チャートの方は、サブウィンドウのDAT_TRENDの代わりに
久しぶりにRCIを組み込んでみました。

DAT_RCI_TRADE ですね。

ディ・アフター・トレードのスタイルの6ラインではなく
2本ラインのクロスでサインが出るタイプになります。


RCI は大変人気のあるインジケーターですが

やはりトレンドが出ているときの

天底の逆張りでウラをかかれるリスクが
非常に高いのがよくわかります。

逆にサインの出ていないサイドでの
クロスの方がベターのようにも見えます。


サインの出方を逆にしてみますかね(笑



では。

今回はこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-暗黙の正当化 
















ドル円は 123.15。

前回は 121.41と書いていましたから
プラス174pips。


今回の雇用統計は市場予想より結果が良かったということで
2円ほどの上げになりましたね。

ただ数字を見てみると、そもそも予想が低かったのでは?
と思われるフシもあります。

「市場予想」なるものがどこから出てくるのか
詳しいことは知りませんが、

もしそれが本当であれば
それだけ悪い材料も揃っているということで
素直には喜べない感じではありますね。


これでFRBの12月利上げの向きは
おおいに前に進んだ、という論調が早くも出ているようです。

最近のくら~い雰囲気が一気に飛ばされた感じですね。


ドラギ・マジック以降、潮目が変わったようにも思えますが
ワーゲン・ショックでドイツ銀行が危ないという話もありましたが
どうなのでしょうね・・・。

今回は、安倍・黒田コンビの口先援護もあったようです。
何か作為的はものを感じるのは気のせいでしょうか。


年初に見通したとおりなのはありがたいことですが、
心配は尽きませんね(笑



では。

今回はこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ