にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計-D.A.Tは10年目に突入 













ドル円は 112.35。

例年、1月は下げ基調の印象でしたが
今年も例年ほどの激ではなかったものの

やはり基調は下げな感じでしたね。


昨夜は雇用統計。

予想より大幅なプラス結果だったにもかかわず
下げ下げな雇用統計は珍しかったですね。


結局、結果などあまり関係ない、と。


ようはマーケットの向かってもらいたい方向に
何かにつけて動きたいだけ、という感じもします(笑

まぁ、今年は、大局レンジ予想の相場、ということで、

雇用統計には手をださず、
その後の動きにしっかりのっていくことが大切で、

D.A.T Methodにのっとって
確度よく、小さく、PetitなPipsで、しかしロットを大きく、で

少ないエントリーで着実に大きく獲っていくのが肝要ですね。


トレードも安定してきて、今年はいつもにまして
良いスタートが切れているように思います。


おかげさまで、この1月31日から、
D.A.Tは10年目に突入しました。

これまで長いあいだありがとうございました。


ブログはさらにボチボチになるかもしれませんが(笑

これからもどうぞごひいきに^^


では。では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足











 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます!  










角松 あけましておめでとうございます。



皆さんのところでは初日の出はちゃんと拝めたでしょうか。


今年も師走はバタバタ忙しくしていましたが

新年を迎えるにあたり今年は勝負の年!ということで
気合を入れて今年のトレードの一層の精進を祈りました(笑


2008年1月末からスタートしたこのディ・アフター・トレードも
おかげさまでこの1月で満9年。

10年目のシーズンを迎えます。


ブログの方はホントにボチボチな感じでやってますが、

トレードのほうは、ほぼほぼ安定した感じになっていますので
さらに、のんびり、じっくり、確実に、
安定した利益を積み重ねていきたいところです。


いつものように、今年も、テケトー星人らしく、

ぼちぼちやっていきますので、どうかごひいきに。
よろしくお願いします。



為替の方は
昨年のクローズは 116.943 ということで
一昨年のクローズの 120.18 からみると若干の下げ。

その前の2015年のオープンは 120.07 だったようなので

年足でみれば、天井の形成から、下りかかったところ、
ということになるのかもしれませんね。


トランプ・バズーカでかなり急激に盛り返しはしましたが
チャート的には大変いびつな形になっています。

このままトランプに引っ掻き回される1年になるのか、
来る来ると言われ続けているチャイナリスクに
既存の経済理論は通用しないのか、
欧州は、韓国は、そして我が日本は・・・(笑

悪い意味でわりと落ち着いていた2016年と比べて
2017年は激動の年になるかもしれませんね。


そしてもまた今年も、

どんな荒波が来ようとも
D.A.Tとしてはいつものようにぼちぼちと
やっていくのみです(笑


そんなことで、今年もまた、どうぞよろしくお願いします。


今回は新年のご挨拶だけ。

次回よりまた通常に戻ろうと思います。

長くはない休みですが、
皆さんも良い正月をお過ごしください。


では、では。

今年もがんばっていきましょう。





 ⇒ 「DayAfterTrade FX」YouTubeチャンネル


今回は4時間足、日足、週足、月足、と
勢ぞろいでチャートを載せておきます。













■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


★ディ・アフター・トレードからの口座開設は
  ⇒ こちら
 
  ↑スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら
 サイト支援、スクサポもいつでも歓迎しております。


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■インジケーターのリクエスト・QAの前に
■配布中の D.A.T Method は
→ 『サイト・インデックス
→ 『外為FXフォーラム
→ 『サイト・ポリシー
→ 『D.A.T Method9.7.5



D.A.T Method インジケーター・レビュー!

 ⇒ 「DayAfterTrade FX」YouTubeチャンネル



ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。
 border=

雇用統計-トランプ・バズーカ後 













ドル円は 103.50。

前回は 103.16と書いていましたから
36pipsの上げ。


雇用統計は、ほぼほぼ市場予想だったものの
平均賃金の低下から下方向・・・、って。

動機はどうでも
右下方向は確定的、ということでしょうかね。

先月からのトランプ・バズーカからの爆上げも
そろそろ息切れの空気がただよっています。

111円の攻防に
舞台は移ってくるような気がしますね。



まぁ、来週の大統領選を控えて
なかなか大きな動きは難しいとは予想はつきましたが

なんともつまらない雇用統計でしたね。


ここのところチャートは30分足が効いています。

D.A.T Methodがお手元にある方は
とりあえず当面は30分足をベースに
15分でタイミングをとる感じで良さそうです。

もちろん判断の基準はSP2(青太ライン)で。


時間がないので今回はあっさりとこれにて。

詳しくは動画で(笑



では。では。今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足











 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-閉塞感 














ドル円は 103.16。

前回は 103.18と書いていましたから
2pipsの上げ。


まぁ、来週の大統領選を控えて
なかなか大きな動きは難しいとは予想はつきましたが

なんともつまらない雇用統計でしたね。


日足ではいい感じでSP2(青太ライン)を上抜けし
105円まで乗せていたドル円ですが

またSP2まで落とされてしまっています。


4時間足を見なければ
「ここが底値!」と言いたいところですが

まぁ、なんとも頼りないチャートです(笑

ちょっとすぐにはキツそうですね。



長いこと続いている

「102.00-105.50の想定レンジ」 ですが


なんとなく、ではありますが、

若干、中心が上に移動したような気もしています。


ほんとに若干。

1円半~2円半くらい(笑


ただの気持ちの問題かもしれません。


年末まで。 1月過ぎまで。

なんとか崩れずに持ちこたえてもらいたいものです。



アベノミクスの閉幕以来。

なんともつまらない相場が続きますね。

次の予言は4-6月期の見通しです。

1月の下旬から2月にかけてくらいですかね。


それまでは、

リスクをはるのはあまりおすすめできません。



では。では。今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-104円の壁 













ドル円は 103.18。

前回は 103.98と書いていましたから
80pipsの下げ。


今回の雇用統計は、ほぼほぼ前回の繰り返し。

今回は利上げにつながる結果も
期待されていたほどでしたが

結果、予想より悪い内容で
せっかくの上げ空気に水を指した格好。


雇用統計が発表される前から
かなりの売りが出ていたようですね。



麻生さんが相場を「注視」し始めてから
もうどのくらい経っているでしょうか。

半年は経っていますね(笑

いったい何をやっているのか・・・。


30分足はこれでSP2(青太ライン)の
下に潜ってしまいましたので

もやは回復は風前の灯火。


意味もなく、ではありましたが
多少戻りつつあったドル円は

また深い深い闇に
引き戻されてしまったようです。






104円のところに
妙に厚い厚い壁があるようですが、

いまだ102.00-105.50の想定レンジは続いています。

これでドイツ銀行が破綻でもしたら
円はどこまで落ちていくのやら・・・。



かすかな望みは「日足」ですが、

SP2(青太ライン)の上抜けは
今年中に出来るかどうか、という状態。





サブウィンドウの ノイズ・リダクション が
やっと上向きに好転してきたことが救いではありますね。


ここが確定してくると、
相当な長いレンジでの上げ基調に転換が期待できます。


そうとう長いレンジでの話になりそうですが・・・。



とりあえず、当面は下げ基調なものの
クリスマスまでをレンジで乗り切ることができれば

年末には多少明るいニュースが聞こえてくるように
なってくるかもしれません。


ただここのところ毎年
新年はあまり良くない相場の印象がありますし。

心配ですね。。。



では。では。今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-ジャクソンホールから摩訶摩訶な転換 












ドル円は 103.98。

前回は 102.07と書いていましたから
191pipsの上げ。


昨日は雇用統計でしたが

予想より悪い結果での下への動きも
続いたその後の弱い指標にもかかわらず

ドル円は上げ続け104円の中盤まで上昇した後

利益確定からか104円ラインまで落ち着いて
終了となりました。


なんともマカマカで不思議な相場ではありますが

指標よりもマーケットの思惑が勝った雇用統計デーだった
と、いうところでしょうかね。



前回、

ま、いまのところは、やはり順当に
期待も込めて102.00-105.50というところですかね。

と、書きましたが、

やっと予定のレンジに入ってきたようです。


2年前、

踊り場からまさに崩れかけようとしていたアベノミクスが

再びエンジンがかかって最終的に125円の頂点にまで
登り始めたのは同じ8月のジャクソンホールからでしたね。


2014/08/23 Daily記事
FOMC~ジャクソン・ホール-相場の確度
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-595.html


ちょうどその頃も102円台付近をウロウロしていたようです。


ま、いまよりもアベノミクスは信頼されていて

もっと熱気のあるマーケットではありましたが・・・

今回もまた、ジャクソンホールに救われた、
そんな感じがしないこともありませんね(笑




(30分足チャート)


上のチャートは30分足のものですが、

D.A.T Methodで見る限りでは
最近、30分足のチャートがベースのようです。


真ん中の右上がりに上昇しているラインが
D.A.Tお得意のSP2(青太ライン)ですが

見事に機能しているのがよくわかります。

まるでSP2を基準に動いているかのようですね。


サブウィンドウのNoiseReductionが80%を切って
☓マークが出てきているのが気になるところではあります。

ただこれはまだ「未来レート」(グレーのバー)を
加味した上でのサインですので

もう少し様子を見たほうがよいかもしれません。


D.A.T Methodがお手元にある方は
注視してチャートをチェックしていきましょう(笑


今回はこのへんで。

では。では。 来週もまた。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

失望感には円買いで 










(日足チャート)


ドル円は 102.07。

前回は 100.44と書いていましたから
163pipsの上げ。

「上げ」と書いて良いものか
大変迷うところですが・・・

前回から見れば上げてきたことは確かですね(笑


前回、

当面の見通しとしては
100円ちょい上くらいから反転の気配を意識しつつ
いっときは上げ気味の踊り場になってくるのでは、
と思えます。

低調な投票率で
明日は自民党の勝利で終わるのでしょうが
選挙での忙しさも終わって
いい加減に対策に本腰を入れてもらいたいものです。

と、書きましたが、

見事に100円ちょいから107円台まで上昇。

その後はあれよあれよという間に
またズルズルと下げ基調。

最後はまたもや日銀ポカで激下げて終わり。

何ごともなかったように
以前のレンジの102円に戻ってきました。


チャートを見ると4時間足、日足は
ほぼ一目均衡表とおりに動いている感じですね。

「今度こそ!」と注目していると
必ず日銀がポカをやって下げ基調は変わらない、
そんな感じですね。


今回は、バーナンキまでやってきて
話を聞いたはずだったのですが
いったいどうしたいのですかね・・・。

日銀への期待は
もうすっかりなくなってしまっていることでしょう。
皆、「またバカやらないだろうなぁ・・・」と
心配することしかり。

日銀がこれだけマーケットと対話しない姿勢になるとは
アベノミクスに勢いがあったころは
誰も思いもしなかったのではないでしょうか。

すべては「為替操作国」指定の回避にあるのでしょう。

そのために打つ手が何もなくなってしまった。
そんなことを気にしていたらデフレ脱却は無理。
もともと米国の言うことを聞いてきて
こんな状況になっているのですから(笑

向こうはもちろん自国の利益しか考えていないわけで
言うことを聞かなければ人工地震でやられるわけで(笑

本当に舵取りが難しい段階になっていますね。


D.A.T Methodのチャートからいくと
もしうまくいって105.50ラインを越えてくることがあれば
いっときはまた上目線での明るい雰囲気が漂ってくるでしょう。
次のポイントは107.70。マイルストーンは110.00という展開。

普通にみれば102.00-105.50のレンジと見れそうですが
ただ4時間足をみてみるとこれが案外厳しそう。
意外に変則的に100.00-103.00を形成するということも
あり得そうです。

ま、いまのところは、やはり順当に
期待も込めて102.00-105.50というところですかね。


今回も4時間、週足、月足と、チャートを並べておきます。


では。では。 今週もまた。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-レンジの中央値 










(日足チャート)


ドル円は 100.44。

前回は 102.34と書いていましたから
190pipsの下げ。

昨夜の雇用統計は
マーケットの予想を上回る結果だったということで
いったんは爆上げしたものの
直後に同じくらいの爆下げ、
そしてまた爆上げ、と続き、

そして結果的には雇用統計前の水準まで
何事もなかったように戻って終わり。

5分足チャートなどは
まるで地震の波形のような動きでしたね。


前回、

当面のマイルストーンは102円ということになりますが
ターゲットレンジが105.50-102.00なのか
102.00-98.50なのかは重要なポイント。

105円に向けば110円もまた見えないこともありませんが
なんとも形の悪いチャートですね。

前回2回の102.00と98.50のマイルストーンでは
また相当期間のレンジ相場になりそうです。

と、書きましたが。

「102.00-98.50」 レンジの
ほぼ中央値に落ち着いてしまった感があります。


「注視して」「注視する」と言い続けている
日本政府・日銀ですが、
注視する、とは、傍観をきめ込む、と
言い換えることができるようですね。

世界からの目をものともせず
次から次への緩和策でアベノミクスを演出し
どんどんと円安を進めていったあの勢いは
もうすでに過去のものとなっているようです。

どうも「違和感」が大きく漂っているのですが

ここ1ヶ月で10円ほど下げてきたこの動きは
少々行き過ぎの感は否めませんね。

当面の見通しとしては
100円ちょい上くらいから反転の気配を意識しつつ
いっときは上げ気味の踊り場になってくるのでは、
と思えます。

低調な投票率で
明日は自民党の勝利で終わるのでしょうが
選挙での忙しさも終わって
いい加減に対策に本腰を入れてもらいたいものです。

アベノミクスの第二幕はどうスタートするのか。
しっかり見ていきたいですね。


今回も4時間、週足、月足と、チャートを並べておきます。


では。では。 また。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

チェックメイトはクィーンで 










(週足チャート)


ドル円は 102.34。

前回は 106.92と書いていましたから
458pipsの下げ。

これでも驚きの下げ幅ですが
一時は99円を切ったところまで下げましたので
8円近くの幅があったことになります。

ドル円の底値の75円から
バカ黒田のシーリング・レートの125円まで
幅50円とすると16%。

たった一晩でものすごい振れ幅でしたね。


いつものトップ・チャートは日足を掲載していますが
今回は「週足チャート」。

4月頃からでしょうか。
"悲惨なチャートになってきました・・・"
と書いてきていましたが

悲惨な状況はやはりいっそう度を増してきたようです。


前回記事では
「チェックメイトはルークかポーンかクイーンか」
というタイトルでしたが

結果は、
ルーク(FOMC)ではそれほど動かなかったものの
ポーンのバカ日銀の「何もせず」攻撃で
期待ハズレのドン下げ、

クイーンの英国離脱投票でチェックメイト。

と、いうことになりました。


週足チャートの真ん中ひだり側にある
レートがSP2(青太ライン)を上抜けしているところが
アベノミクスがスタートした2012年11月頃。

そこから2回の踊り場があり、
3回目の踊り場を終えて再度激上げに入ったところで
バカ黒田の「逆バズーカ」で125円の天井が確定し

それ以降、アベノミクスは何度も何度も期待を裏切りつつ
山を越えて下がり続けてきたことがよくわかります。

特に「マイナス金利」導入後は
日銀はホントに手詰まり感ばかりが目立ち
な~んにも手を打たない傍観日銀になってしまいましたね。

サミットを越えればまた何とか、とも期待しましたが
よほど米国からきつく言われているのでしょう。

ここからは見通しの効かない未知の世界になってきそうです。

当面のマイルストーンは102円ということになりますが
ターゲットレンジが105.50-102.00なのか
102.00-98.50なのかは重要なポイント。

105円に向けば110円もまた見えないこともありませんが
なんとも形の悪いチャートですね。

前回2回の102.00と98.50のマイルストーンでは
また相当期間のレンジ相場になりそうです。


ただ。やっと鬼門の6月が終わりました。

スキャル派としては
レートがいくつであれ動きがあれば大丈夫。

アベノミクスも日銀も、終わった人達はあてにせず
がんばっていきましょう。


今回は久しぶりに「月足チャート」も載せておきます。

では。では。 また。














 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

チェックメイトはルークかポーンかクイーンか 












ドル円は 106.92。

前回は 106.63と書いていましたから
29pipsの上げ。

雇用統計から2.5円下げたところから
きれいに半値は戻してきたものの

あとはダラダラと続く下げ方向で

1時間足のチャートでは

「週末調整」でもSP2(青太ライン)は超えられず、
というところでしたね。


来週にはFOMC、日銀会合、
その後には英国のEU離脱の国民投票と続きます。

自爆から自縛へそして手詰まり、ときたアベノミクスも
いよいよチェックメイトのときが到来。

チェックメイトは、ルークか、ポーンか、クイーンか。
と、いうところですかね。

化けそこなったポーンはもちろん日銀。

原則禁止のはずの国債引受けも
直接国から買っていないというだけで
日銀の保有残高は300兆円以上だそう。

 【日本銀行 Bank of Japan】
 [Q] 日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか?


UFJがPDを降りて、金融機関は売り手にまわり
日銀の残高はますます増える一方でしょう。

というか水面下では
もはや銀行は支えきれなくなって
日銀がその肩代わりをするしかなくなってきた、

というのが、本当のところなのでは、と思えます。

期待された米国の金利引き上げは
日本にプラスにはならないことがよくわかりましたし
それ自体、引き上げももはや無理でしょう。

中国がはじけてGPIFの資金も底が見え
いよいよ手詰まり感が詰まってきましたね。

はたして「鬼門」の6月を乗りきれるのか・・・。


本当に心配になってきました。


次の9月を迎えるまで3ヶ月、

106円台は「超」円高です。

がんばれ!アベノミクス! ですね。


こまかなチャートの様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。










 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計ートランプの衝撃 












ドル円は 106.63。

前回は 110.33と書いていましたから
370pipsの下げ。

324pipsの上げに続けて370pipsの下げですから
まさに「乱高下」というところでしょうか。


昨日は雇用統計。

下馬評に記載のないあまりにもひどい結果に
1日だけで2.5円の下げになりました。

ドナルド・トランプも「衝撃的な結果だった」、と
コメントしたとか、しないとか(笑)

サミットも終わり、
気持ちもあらたに良い流れでSP2(青太ライン)目指して
という目論見だったのですが

あれよあれよの体たらくに上がるに上がれず
雇用統計で念押しの下げ、という感じでしたね。







ちょうど1年前の2015年6月に「黒田シーリング」の発動で
アベノミクスの幕が降りる前のドル円最高値は125.845。

1年で20円近く円高が進んで下げてきた格好ですね。

15%もデフレが進んでいます。

せっかく日本回帰を考えていた企業も
このトレンドで、また海外移転を、と、なってくるのでしょう。

彼のたった一言がここまで大きな影響を与えることになるとは
彼自身も想像していなかったのかもしれませんね。


「黒田リミット-円安 活動限界」 [2015/06/13] Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1171.html


今回もこのタイミングで、
安倍さんの消費増税延期の声明や、日銀の失言もあり、
せっかく浮上しかけたドル円も木っ端微塵になったようです。

サブプライム・ショック以降、
毎年8月、9月あたりにショックが起きるのが
通例のような印象でしたが

ここ数年はすっかり6月が鬼門になっています。


少し前に、円高が進んだことに対して
介入も辞さないというようなニュアンスで牽制していた
麻生さんはどうなったのでしょうね。

まだあの言葉が活きてるのであれば
ぜひ彼のサムライ精神に期待したいものです。


2016/4/30の記事からの

"次のレンジは110.00-105.50。" は、

多少上抜けはしたものの結局もとの鞘に収まって
まだ継続中の格好になってしまいました。

案の定、週足チャートは悲惨な状況になってきていますが
まだまだ日本をあきらめたくはないですね。


次の9月を迎えるまで3ヶ月、

106円台は「超」円高です。

がんばれ!アベノミクス! ですね。


雇用統計と、こまかなチャートの様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。







 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

トレンドの転換 












ドル円は 110.33。

前回は 107.09と書いていましたから
324pipsの上げ。


前回と同じように
2016/4/30の記事で書いていた

"マイルストーンのラインからいくと
 次のレンジは110.00-105.50。"

との予言は引き続き的中。

下限の105.50はピタリと的中しましたが
上限は少々オーバーシュート気味ですが(笑)

ただオーバーシュートはいつものことですから、

「頭と尻尾はくれてやれ」で、
見通し通りだった、ということで良しとしましょう。


D.A.Tは相変わらず世界の中心にいるようですが(笑)

先の予言は、そろそろ終わり。

次のステージが始まるタイミングを迎えるようです。







D.A.T Methodの月足チャートを見てみると、

一昨年の9月にSP2(青太ライン)の上に抜けたあと

去年の6月のバカ黒田の逆大バズーカで天井にシーリングをかけられ
大きくUターンして戻ってきたことがよくわかります。


おととしに上抜けしたとき、SP2は104.465。

下限はそこまでにはまだ1円弱ありますが、

次の9月を迎えるまで3ヶ月、
ここを下抜けしていくと悲惨な状況になりそうです。


でも今回も大丈夫。

D.A.Tの見通しは、当面、
次のマイルストーンの113.50への動きが見えてくる、です。


110円はまだまだ「超円高」。

引き続き、がんばれ!アベノミクス! ですね。


こまかなチャートの様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。







 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-レンジの下限をつかむ 












ドル円は 107.09。

前回は 106.34と書いていましたから
75pipsの上げ。


2016/4/30の記事で

"マイルストーンのラインからいくと
 次のレンジは110.00-105.50。"

と書いていましたが

最下限は105.53。

D.A.T Methodのチャート通りの展開は
まだまだズバリが続いています。

D.A.Tが世界の中心なのは相変わらずですね(笑)






今回の雇用統計は、予想ほどはよくなかったということで
1.5円ほどの幅の雇用統計らしい下げになりました。

米国の減速も徐々にはっきりとしてきたようですね。

こうなってくるとドル高の是正が何より大事。
円安方向は難しい状況なのでしょう。

とりあえずサミットが終わるまでは
この基調でいくのではないでしょうかね。


逆に言えば、サミット後がキモ。

去年の6月は黒田シーリングのバカをやってしまいましたが
今年も同じようなことでは許されません。

任期の2018年4月まであと2年。

終わるにはまだまだ早過ぎですね。


107円はまだまだ「超々円高」です。

がんばれ!アベノミクス! ですね^^


雇用統計の様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。









 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


漂流する日本経済 












ドル円は 106.34。

前回は 108.08と書いていましたから
174pipsの下げ。


2016/4/8の記事で

"いっとき様子を見ていましたが
 「踊り場」は終了しついにトレンドは確定したようです。"

と書いてから3週間。

まさにD.A.T Methodのチャート通りの展開になってきました。

これほどまでにズバリときてしまうと
逆に呆気にとられてしまいますが

D.A.Tを中心に世界がまわっているような
そんな気にさえなってきます(笑


D.A.T Methodが手元にあるかたは
週足チャートをみてください。

SP2(青太ライン)は111.41。

多少のオーバーシュートはあったものの
キレイに上蓋になっていますね。

マイルストーンのラインからいくと
次のレンジは110.00-105.50。

当面はこの中のレンジで
獲っていくことになるでしょう。

その中心というと107.75。

その使い方は引き続き個別にということで。


去年の逆バズーカは国内配慮の
まったくの一人相撲での失策でしたが

今回のバカは米国に頭を抑えられて
シュンと小さくなった情けない体(てい)での
何も出来ない逃げ腰の逆バズーカだった
というところでしょうか。

米国はQE3まで3回やったはずが
日本は米国の都合で2回までしか許されない(笑

とりあえず5月終わりのサミットまでは
何も出来ないのでしょうね。

本当に情けない話です。


Fukushimaの件では
できていないにもかかわらず
堂々とコントロールできていると
うそぶいて切り抜けたのですから

ここもうまい手を編み出してもらいたいものです。


D.A.T Methodもよりチャートの動きがみやすいように
すこし見た目をリファインしたバージョンに
今回から変えてみました。

今後はこれで! やっていきたいと思います。


106円は「超々円高」です。

がんばれ!アベノミクス! ですね^^


がんばっていきましょう。

では。では。









 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

終宴の確定 












ドル円は 108.08。

前回は 113.80と書いていましたから
572pipsの下げ。


いっとき様子を見ていましたが
「踊り場」は終了しついにトレンドは確定したようです。


今回は週足のチャート画像を載せていますが

チャートにあるように
この1週間でいよいよSP2(青太ライン)を下抜けし

アベノミクスから長く続いた右上トレンドは
その終焉が確定、ということになりました。


これからはこのSP2の111.415を頭に
右下のトレンドが始まるということになります。

もうよほどのことでもない限り
このラインを上抜けしてくることはないでしょう。


チャートをみるとよくわかりますが、

2月の上旬にSP2にタッチしてからこの2ヶ月間、
その後、上向きに反転していくのか下向きに抜けていくのか
疑心暗鬼とともに様子見していた感じがよくわかります。

マイナス金利導入後、なんにもやる気のない日本に
マーケットは呆れ果てたというところでしょうか。

G20でお灸をすえられたといっても
これほどのやる気の無さには本当に呆れ果てますね。

まぁ、アベノミクス自体は去年の6月に黒田の逆噴射で
125円の天井ラインが設定された時点で終わっていましたが

これで安倍さんももう終わりでしょう。


117円→115円→113円と
毎月のように想定レートを後追いしている経済界からのクレームで
多少は踏ん張っているポーズをとって若干の戻しはあるかもしれませんが

それもいいところSP2が天井というところでしょうか。


1円の円高でトヨタは400億円の利益が飛ぶとか。

これ以上、円高が続けば、為替の問題だけで
何もせずとも5000億円規模の利益が飛ぶわけで、

こう期待ハズレを堂々とやられるようなら
円ベースで事業を続ける意味もなくなってきますから
いよいよ日本は見放される瞬間が近づいているように思えますね。


2008年のリーマン・ショック後、
ニッサンは一目散に日本を見放しましたが(ユニクロもそうでしたね)
トヨタは現在の章男社長が翌2009年に社長に就任し
「トヨタは日本でつくる」と、日本を見捨てることはありませんでした。

そして2012年度決算では営業利益1兆円。

日本を見捨てない空気感の醸成にも貢献してくれて
日本は章男社長に救われたと言っても言い過ぎでないくらい。


安倍さんの首相就任は2012年12月。

最も日本が苦しかった時期を支えてくれたトヨタに
安倍さんは報いるべきでしょう。


108円は「超円高」です。

がんばれ!アベノミクス! ですね^^


がんばっていきましょう。

では。では。






 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-次のマイルストーン 
















ドル円は 113.80。

前回は 112.62と書いていましたから
118pipsの上げ。


年初から続いた激下げ傾向も
やっとここで踊り場にたどりついたようです。


今回の雇用統計は、
結果は良かったものの円安ドル高は短命。

あっという間により深い谷まで下がりましたが
そのわりに反転したその後は緩やかな上げ基調。


まだまだ地合いは右下がりだったのかもしれませんが、
ここで最後のウミを出し終えて
一息ついた感がありますね。

もう少しグズグズはするかもしれませんが
基本、右上がりの上げ基調に転換した、と見て良いでしょう。


次のマイルストーンは115。

ここを抜けてくれば、その次は116.50。

そこを上抜けするのは相当ナンギですが
グレーの未来予想レートでは
約1ヶ月先に119..85にSP2(青太ライン)が控えています。

6月にそなえて
早いうちにそのあたりまで回復しておきたいところですね。


では。今回はこの辺で。

チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

イールド・ハンティング 
















ドル円は 112.62。

前回は 116.84と書いていましたから
422pipsの下げ。

1ヵ月ほど前の118.76の記事で

"どこかでくる絶好の買い場の予感が漂います。
ただ・・・、まだすぐというワケではなさそうですが・・・。"

と書いていましたが、

そのあいだに絶好の買い場がおとずれて
すでに山は越えてまた谷まで戻ってきている感じですね。


"SP2は111.29円。完璧に「買い」でしょうな" と
つぶやいたのは2/11。

"祭りもそろそろひと段落ですかね" の
つぶやきは2/16。

谷/山を見事にトレースできたのも
Methodがあればこそ。

ただここからは少々見通しがきつそうですね。


つぎのマイルストーンは113.45-93あたり。

6月頃までにここを下抜けしていると
また円高時代の到来。

膠着状態でも上でとどまっていられれば
アベノミクスの第二幕。

かなりリスキーな時代であり
主役は安倍さんではなくなっているかもしれませんが
なんとか踏ん張れるのかもしれません。


ドイツ銀行の破綻問題もあり、
中国の外貨準備が夏には底をつき
GPIFの爆買い資金もなくなってきます。

米国の利上げは当然予定崩れになるでしょうし、
利上げどころか逆にマイナス金利になってるかもしれせん。

いよいよ実質的に本格的に
資本主義の実験場が設定されそうです。


ここを生き抜いていくかは
誰にとっても大きなテーマになりそうですね。


そんなときにはD.A.T Methodが大きな武器になります。

強力な武器も使い方がわからなければただの持ち腐れ。

習熟を増していかなければなりませんね。


では。今回はこの辺で。

チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-D.A.Tは9年目へ 
















ドル円は 116.84。

前回は 118.76と書いていましたから
192pipsの下げ。

昨夜は雇用統計。

雇用者数の勢いは鈍ってきたものの
失業率は4%台ということで、何とも微妙な感じ。


相場のほうは、121円を越えるところから
下は116円を割り込むところまで・・・

ジェットコースターな相場が続いています。

スキャル派には面白い相場が続いていますね。

スウィングなトレードには
ジリジリした展開が辛いところかとも思いますが・・・


アベノミクスのスター直後に
蜜漬けしていた長めのポジションは

何年も「当面の目標」としていた124円で
昨年の段階できっちり売りぬけられましたので
個人的には大きな支障はありませんが

この下向きトレンドには
なんとも冴えない気持ちになってきますね。


今週はやはり日銀の「マイナス金利導入」の
今後の影響を予測する記事が溢れかえっていました。

欧州の結果からいけば円安の向きになるはず
ということのようですが、

果たしてそう単純にいくものかどうか・・・

いつの世も「専門家」の言うことは当たるも八卦(笑)

両方の意見をしっかりみて
でも自分の感覚をしっかり組み立てることが大事ですね。


この1月末で、ディ・アフター・トレードは満8年となりました。

2007年のサブプライム・ショック後の年明けから
このブログがスタートした感じですが

また2007年、2008年のリーマン・ショックのような

そんな年に今年からなっていくような気もします。

まぁ、上向きでも、下向きでも、
相場が動く方がスキャル派としては面白いのですが(笑)


そんなことで、9年目のこれからもひとつ、
どうぞよろしくお願いします。


では。今回はこの辺で。

チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

予感 
















ドル円は 118.76。

前回は 117.78と書いていましたから
98pipsの上げ。

一時は116円を割り込むところまでいきましたので
3円近い幅で動いたことになります。

下げ基調は歓迎できませんが
スキャル派としては面白い相場ですね。


年始から、チャイナの暴落から始まって
さまざまな問題が吹き荒れていますが

安倍さんの顔がいやに涼しげなのが気になります。

何かウラがありそうな感じですね。

どこかでくる絶好の買い場の予感が漂います。


ただ・・・、まだすぐというワケではなさそうですが・・・。


では。今回はこの辺で。

チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-意外? 















ドル円は 117.78。

前回は 121.22と書いていましたから
334pipsの下げ。


意外や、意外。
米国が利上げすれば、ドル高円安が進むと
誰もが信じて疑ってなどなかったはずですが

ふたを開けてみれば何だかんだで下げ基調。

残念な結果に終わっています。


我が身の方は
オーバーシュート手前の長らく目標だった124円で
80-124で、ほぼほぼ手仕舞いしてますので
特に影響はありませんが

昨年から長めにとってる方は
けっこうな痛手かもしれませんね。


まぁ、結論からいけば

米国の利上げよりも
中国の外貨準備の取り崩しの方が
インパクトがあった、ということなのでしょう。


そういう意味では、
中国の外貨準備が底をつくまでは
この傾向は収まらない、と
見ることもできそうです。


ただ、中国の散財のツケは
それどころではないようですが・・・ね。


では。今回はこの辺で。

チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます!  










角松 あけましておめでとうございます。



皆さんのところでは初日の出はちゃんと拝めたでしょうか。


昨年の師走から何かとバタバタ忙しくしていましたが

やっと落ち着きを取り戻しつつあるところで新年を迎えることが出来まして
新しい気持ちで今年のトレードの精進を祈りました。


そんなことで、気持ちもあらたに、ディ・アフター・トレードも
フェイスブックのページを立ち上げることになりまして




いつものように、また、テケトー星人らしく、

どう活用できるのか未知数のままのスタートですが(笑

ぼちぼちやっていきますので、どうかごひいきに。
よろしくお願いします。



為替の方は
MT4を見てみると昨年のクローズが 120.18 ということで

あれ。と思い昨年2015年を見返してみましたら
2015/1/2のオープンは120.07。


いつもの記事の感じでいけば
2015年は年間を通してたったのプラス11pips。

昨年も1月2日の一発目の記事では

"昨年末から続いている120円を挟んだ攻防が
 まだまだ続いているようですね。

 いまのところ120円台の前半を
 ウロウロしているようです。"

などと書いていたようですので、

また1年を通して、何とも凝り固まった相場だった、と
言えるのかもしれませんね。


IS・テロの問題に隠れて、米国や欧州、日本、中国の
債務問題の影が薄くなっているように思えますが

2016年はそれらが一気に吹き出してくるように思えてなりません。


どんな荒波が来ようとも
D.A.Tとしてはいつものようにぼちぼちと
やっていくしかありませんね(笑


そんなことで、今年もまた、どうぞよろしくお願いします。


今回は新年のご挨拶だけ。

次回よりまた通常に戻ろうと思います。

長くはない休みですが、
皆さんも良い正月をお過ごしください。


では、では。

今年もがんばっていきましょう。





 ⇒ 「DayAfterTrade FX」YouTubeチャンネル


今回は4時間足、日足、週足、月足、と
勢ぞろいでチャートを載せておきます。













■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


★ディ・アフター・トレードからの口座開設は
  ⇒ こちら
 
  ↑スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら
 サイト支援、スクサポもいつでも歓迎しております。


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■インジケーターのリクエスト・QAの前に
■配布中の D.A.T Method は
→ 『サイト・インデックス
→ 『外為FXフォーラム
→ 『サイト・ポリシー
→ 『D.A.T Method9.7.5



D.A.T Method インジケーター・レビュー!

 ⇒ 「DayAfterTrade FX」YouTubeチャンネル



ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。
 border=

FOMC後-上蓋はSP2 
















ドル円は 121.22。

前回は 120.95と書いていましたから
プラス27pips。


結果だけをみれば

皆が注目していたFOMC後とはとても思えない
小幅の動きで終わっています。


今回の注目チャートは、やはり4時間足ですかね。

SP2(青太ライン)のラインが
ものの見事に上蓋になっているのがよくわかります。


期待されていたFOMCは予想通り利上げとなったものの
やはり先に織り込まれすぎていたためか

利上げのわりに慎重な姿勢に
逆に失望のほうが先に立った感も強いですね。


9月の段階で
利上げのタイミングは完全に逸したように思えましたが
思いのほかチャイナ・クライシスのその後は
妙におとなしい感じがしますし

SDRに入れてやるかわりに
利上げの足を引っ張るような発言は控えろ、とでも

ウラ約束でもあるかのような感じ(笑


この雰囲気では来年のスタートになる1月が
大変心配になってきます・・・。

来年はどんな1年になるのでしょうかね。



気まぐれなので、突然のアップもあるかもしれませんが、

今のところ今年の記事はこれで最後になりそうです。


今年も1年、ご愛顧をいただきまして
ありがとうございました。


また来年も。 よろしくお願いします。



では。

今回はこのへんで。


今回も今年最後に過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html


チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

FOMC-400兆円で130円 
















ドル円は 120.95。

前回は 122.80と書いていましたから
マイナス185pips。


「124円の壁」にあたってからはズルズルと

また120円台まで落ちが続いています。


"不発に終わったドラギ・マジック" なんてタイトルも目にしますが

日銀にいたっては相変わらず弾切れで不発にもならない、
そんな状況が続いています。

まぁ、80兆円もの緩和を入れているわけですから
動いていないわけではないと言いたいところなのでしょうが

そこはそれ、相場ですから・・・(笑

80兆円でも「日常」になってくれば
目にとまるような動きにもならないわけで・・・


ただこの緩和はいつか必ず効いてくるはず。

もちろん、吉と出るか、凶と出るかは
舵取り次第なのでしょうが。


あと5年続けるなら、だいたい400兆円。

これまでD.A.Tでは
ドル円を1円動かすのに2兆円要る、と、
うそぶいてきましたが、

このアベノミクスで円は2/3になっているので
いまは3兆円が必要になるとすると、

400兆円で130円くらい。

そう考えると、1985年9月のプラザ合意前、
1985年4、5、6月頃には250円前後で動いていたわけですから

現在のレートに130円を足すと、ピッタリ。


本当に D.A.T Method は良く出来たチャートです(笑


もちろん現在は「グローバル経済」ですから
単純な円だけの動きで決まるものでもないのでしょう。

ただ、去年の段階、1ドル=110円で

「円はプラザ合意前の水準に戻った」 などとおバカなことを
平気で公にする専門家もいるくらいですから(笑

"実質実効レート" なぞ、何をか言わんや。

歴史は巡りゆくのが本来の姿なのかもしれませんね。


さてどういう顛末となるのか。

FOMCを待つとしましょう。


では。

今回はこのへんで。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html


チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

「ドル124円の壁」 
















ドル円は 122.80。

前回は 122.85と書いていましたから
プラス5pips。


"ドル125円に「通貨戦争」の壁" なんて記事も目にしますが

D.A.Tとしては昔からここにある壁は「124円」。

多少のオーバーシュートは気にしません。


D.A.Tの記事をあらためてさらってみると

マイルストーンとして「124円」が出てきたのは 2014/06/28 の記事。
1年半ほど前のものですね。

「非常に危険な状態に入ってきました。」
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-587.html

その当時、ドル円はまだ 101.39。

その記事には、

 "それにしても悔やまれるのは、春の日銀。
  わかっていても消費税UP前にも何も動かず、
  特に4月の日銀には落胆しかなかったですね。

  昼メシ介入やGPIFなど小出しにていては
  本気度に信任は得られません。

  いったい102円は超円高ではないとでも
  思っているのか?、という印象ですね。

  円の適正レートは下限でも124円。
  (勝手な言い分・・・(笑))

  102円たかだかでは、
  デノミをやっていればほぼ1ドル=1円。

  最低でも1ドルは1.2円くらいでないと
  米国も格好がつかないでしょう。"

と書いていました。


米ドルの借金にも大きな影響をあたえず
アベノミクスの信任にも傷をつけない・・・

そんなレートとなると
ちょうどこのあたりが居心地が良いのかもしれません。

勝手な言い分ではありますが、
「 円の適正レートは下限でも124円」 と
書いていました。

適正かどうかという点では
この124円あたりが下限でしょう、ということですね。

ただ何かでバランスが崩れたときには、

一気に行ってしまうのが「下限の怖さ」。


この居心地の良さがどこまで続くのか。

とりあえずのポイントは
次の雇用統計、と、いうところなのでしょう。



では。

今回はこのへんで。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html


チャートの主なポイントは記事動画で。


がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと、相場観目安の週足、
そして歴史レンジのトレンドをみる月足チャート、掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

ひさしぶりにRCI 
















ドル円は 122.85。

前回は 123.15と書いていましたから
マイナス30pips。


一時は、やっと124円を超えていくのか?、と
いうくらいの様子がありましたが、

終わってみれば何てことはない。

また122円後半に戻ってきましたね。


世界の注目は、フランスのテロ一色。

そのあいだにコソコソと世界は動いているようにも見えます。

米国の利上げは無理矢理の既定路線。

12月の利上げは既定通りとなるのでしょうが、
かえって怖いのは1月の急動。


1月初までに上げきった為替が、1月をかけて急落、と
いうこともよくあることのように思えます。

今回はどうなのでしょうね・・・。


チャートの方は、サブウィンドウのDAT_TRENDの代わりに
久しぶりにRCIを組み込んでみました。

DAT_RCI_TRADE ですね。

ディ・アフター・トレードのスタイルの6ラインではなく
2本ラインのクロスでサインが出るタイプになります。


RCI は大変人気のあるインジケーターですが

やはりトレンドが出ているときの

天底の逆張りでウラをかかれるリスクが
非常に高いのがよくわかります。

逆にサインの出ていないサイドでの
クロスの方がベターのようにも見えます。


サインの出方を逆にしてみますかね(笑



では。

今回はこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-暗黙の正当化 
















ドル円は 123.15。

前回は 121.41と書いていましたから
プラス174pips。


今回の雇用統計は市場予想より結果が良かったということで
2円ほどの上げになりましたね。

ただ数字を見てみると、そもそも予想が低かったのでは?
と思われるフシもあります。

「市場予想」なるものがどこから出てくるのか
詳しいことは知りませんが、

もしそれが本当であれば
それだけ悪い材料も揃っているということで
素直には喜べない感じではありますね。


これでFRBの12月利上げの向きは
おおいに前に進んだ、という論調が早くも出ているようです。

最近のくら~い雰囲気が一気に飛ばされた感じですね。


ドラギ・マジック以降、潮目が変わったようにも思えますが
ワーゲン・ショックでドイツ銀行が危ないという話もありましたが
どうなのでしょうね・・・。

今回は、安倍・黒田コンビの口先援護もあったようです。
何か作為的はものを感じるのは気のせいでしょうか。


年初に見通したとおりなのはありがたいことですが、
心配は尽きませんね(笑



では。

今回はこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

ドラギマジック-崩落の予兆 
















ドル円は 121.41。

前回は 119.20と書いていましたから
プラス221pips。


長く続いたレンジの後だっただけに
ドラギ・マジックの効果はあったようですね。

EUのQE2を示唆しただけのようですが
それだけ待ちわびたきっかけだった
ということでしょうか。


日足チャートではちょうど10日後に
SP2(青太ライン)が控えています。

10日後と言えば次の雇用統計。

まぁ、どこまでも D.A.T Method は
よく出来たチャートです(笑


そういう意味でいけば、

週足、月足を見る限りは
どう見ても上げていくチャートではありません。

ここはひとつ、「動いた方へついていく」
タートル・フリークへの「釣り」ではないかと
そんな気もしますね・・・


チャイナ・ショックの余波はこれからもまだダラダラと
3波、4波、と、やってくるでしょうし、

ショックに叩かれてタイミングを逃した米国の利上げも
結局出来ないままリセッションに入っていくようにも思えます。

EUはワーゲン・ショックからの景気後退と
スペイン、イタリアなどのソブリンも待っています。

日本ではGPIFの資金が底を尽き
アベノミクスの幕が降りつつあります。

TPPの悪影響はこれからの話しでしょうけども
大店法の改正のときにもまして国内の風景は様変わり

どこかの難民のお腹だけが異様に突き出た体型のような
一部の輸出大企業だけが丸々と太った痩せ細った経済が
国のカタチとなってくるのでしょう。


リーマン・ショックから7年。

3+1+3、または、6+1の「6Bars理論」からいくと
ちょうどターニングポイントにあったってきます。

年足チャートは見ていませんが(笑

非常に嫌な感じが大きくなってきているように感じます。


皆が2020年までは大丈夫だろう、と、
たかをくくっていたはずですが、

どうもそうはいかなくなってきている気もしますね。

・・・
また話が大きくなってしまいました・・・(笑



では。

今回もこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-惜しむらくはやはり"逆噴射"黒田バズーカ 
















ドル円は 119.20。

前回は 120.70と書いていましたから
マイナス150pips。


今回の雇用統計は結果が悪かったようで
1.5円サイズ程度の下方向になりました。

もっとも下のところで118.67。

2週間前の2015/9/19の記事動画で

「次の攻防は117.50-118.50円と
 いうところでしょうか・・・」

と流していましたが、

もう少しでそのレンジに入ってきそうな
そんな空気がビンビンの雇用統計でした。


予想を大きく下回る米雇用統計を受けて、
年内利上げのシナリオが揺らいだ。

と、いう記事もみかけます。


前述の記事動画と同じ19日の記事で、


「ただ、タイミングを逸した感は強いですよね。

今後は金利の切り上げのことよりも、

中国バブル崩壊、欧州問題、とともにその影響を受けての
米国自身の景気腰折れへの心配の方が
強くなってくるのでは、という感じです。

金利は上げるに上げられなくなって
いくのではないでしょうかね。」

と書いていましたが、


9月に金利引き上げかと湧いていたFOMCから
まだそれほど日も経ってないにもかかわらず

もうそんな空気が充満してきている感がありますね。


惜しむらくはやはり

6月の"逆噴射"黒田バズーカ。


あれがなかったら、もう少し
景色は違っていたものになっていたかもしれません。

残念ですね・・・


では。

今回もこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

訪米中-大局としてはやはり 
















ドル円は 120.70。

前回は 119.93と書いていましたから
プラス77pips。


近平の訪米中は大人しくしているのか
120円台でゆるい感じに推移しましたね。

1時間足、4時間足などをみると
ガチガチのレンジ相場から
やっと放たれたようにも見えますが
どうですかね・・・

なにぶん日足はずっと
SP2(青太ライン)下で動きませんし
週足ではいまにも崩れ落ちそうな気配。

大局としてはやはり
右下がりでの流れは継続、と
見ておくべきのような気がします。


近平の訪米では
ボーイングの飛行機を300機お買い上げ、らしい。
金額は円換算で4兆5000億円相当というから
米国にとっては大お得意様、というところか。

ただその原資は売り払った米国債かもしれないが・・・(笑

まぁ、誰もいないゴーストタウンを
いくつも作って経済発展を貪るような人達ですから

ボーイングが中国用の製造拠点を
中国内につくってくれれば一石三鳥、なのでしょう。


大借金の日本といい、それを上回る借金大国アメリカと、
偽造バブルの中国に、終わらないソブリン危機の欧州と・・・

世界の主要な地域はどれもおかしなことになっていて、
資本主義とはいったいなんぞや?、ということが
問われている時代なのかもしれませんね。


またまた話が大きくはずれました・・・(笑

今回もこのへんで。



チャートの主なポイントは記事動画で。


今回も過去の見通し記事を。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html



がんばっていきましょう。

では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャートを掲載です。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

FOMC-金利は上げるに上げられなく 
















ドル円は 119.93。

前回は 120.52と書いていましたから
プラス59pips。


注目を集めていたFOMCでは
年内の実施を示唆さつつも今回の利上げは見送り。

ドル円はいったん円高方向へ動いたものの
結局、120円近辺のレンジまで戻って終了。

まだまだ方向感の無い相場は続いています。


前回記事で、

「D.A.T的には9月の引き上げはなし、
12月になるのかと思いきや上げるに上げられず、

タイミングを逸してグズグズとゼロ金利は継続、

そんな見通しです」

と、書きましたが、

これから年末に向かって
どういう空気になっていくのかは見ものですね。


もともと、何年も前に考えられたシナリオにそって
無理に利上げを行うのも少々違和感があります。

その頃には、中国のバブル崩壊は
ファクターに入っていなかったわけですから、

実際の状況にはそれを踏まえての判断に
なってくるのは当然のこと。


ただ、タイミングを逸した感は強いですよね。

今後は金利の切り上げのことよりも、

中国バブル崩壊、欧州問題、とともにその影響を受けての
米国自身の景気腰折れへの心配の方が
強くなってくるのでは、という感じです。

金利は上げるに上げられなくなって
いくのではないでしょうかね。


アベノミクスは、経済そっちのけで安保・増税・年金切り。

社会保障費がそんなにかかるのなら、
事務系、内勤の公務員はすべて60才以上再雇用にすれば良い。

住処はホーム代わりの公務員宿舎、
消費税だけ払ってもらって後はいっさいとられない、
そうすれば年金問題も公務員人件費も介護の問題も
一挙に解決する。

国会でケンカしているよりそんなことを考えてもらいたいものです。

話が大きくはずれましたね・・・(笑



チャートの主なポイントは記事動画で。


見通しの記事は今回から通年だけ参考に載せておきましょう。

『雇用統計-2015年の見通し』 (2015/1/10)
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1144.html


今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。


では。では。




直近目安の4時間足チャートと
相場観目安の週足、月足チャート。

4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのインジケーター動画なら
→ 『FXフォーラム!チャート・テクニカル・相場
→ 『ダウンロード・ページ
→ 『D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
→ 『DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ