にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計-中間点(4)後半戦 












2018/8/3のドル円は111.25。

前回は 109.46、前々回は 109.49 でしたので

ながくレンジが続いていましたが
ようやく転換して上がってきましたね。

一時は113円を超えるところまで進みましたが
トランプのドル高NGのひと鳴きで110円台。

いずれにしてもこれで
113円の上限がロックされたのでしょうから

"「105.50 - 110.00 - 113.50 」" のレンジは
相当続くことになるかもしれません。


日銀の指値オペは、もっとだいぶ前に
やるべきタイミングは何度もあったはずですが
遅きに失してここのタイミング。

どんだけ買うねん・・・、という感じでもありますが
何とも勘違いな出口戦略にからめて
コソコソ小出しに底固めのつもりのようです。

ドル円は底堅さも何度も確かめられているので
当面は後半戦、「110.00 - 113.50」の
レンジ内というところでしょうか。


4時間足のチャートをみると
トランプ鳴きのおかげで
SP2(青太ライン)の下に潜ってしまいましたので
112円を超えていくのは相当きつそうです。

日足チャートで、右下に控えている雲で
こらえきれず110円を下抜けしてくると

そのあとグレーの未来レートでは
日足SP2(青太ライン)の108.51。

週足チャートでもSP2は110円ちょうどに控えています。

ここが今年もっとも重要な戦場になるのかも、ですね。


月足チャートの未来レートは今年末に122円。
日本がハイパーに向かうならありえないこともないでしょうが
どうですかね。

110円まで下がったところで死ぬ気で爆買い、に
賭けてみるのも良いかもしれません笑


111円もまだまだ超円高です。
がんばってもらいたいものです。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点(3) 












2018/7/6のドル円は109.46。

前回は 109.49 でしたので
またまたレンジな結果になりました。


雇用統計は

数字は予想より良かったにもかかわらず

失業率の悪さをネタにされたのか
小振りながらの下落で期待はずれでしたね。


米国の利上げも
経済の力強さを示すものというより

経済が急に冷めないよう
腫れ物に触るような舵取りに
変わってきているようです。

金利が上がっているのにドルが上がらないのは
不透明な米中貿易戦争の見通しに
よるところ、なのでしょう。


次のターニングを6月予想でやっていましたが
今年はハズレになったかもせれませんね笑

これからか、と、いうところで
上海の劇下げに足をすくわれて
ドル円も腰砕けになってしまいましたが

中国には不穏な兆しはただよっているものの
まだまだターニングとまでは言えないようです。


アベノミクスの敗北宣言をサラッとやった日銀は
相変わらずのダンマリ状態。

日銀といえば、雇用統計に雲隠れするように
直前にやらかしてくることが多いですが

今回はすんなりとやり過ごしたようです。


相変わらずの「105.50 - 110.00 - 113.50 」の
レンジ内という状況は変わっていませんが

今年のシナリオからは角度がズレましたので
ここからは成り行きで^^

9~10月説も何とやら、です笑


チャートからいけば
これも相変わらずの非常に良くない形ですので

ここからは正に正念場というところでしょうか。

まぁ、こんな今年ですから
良い意味でサプライズがあるのを
期待するばかりですな。


110円半ばはまだまだ超円高です。
なんとかがんばってもらいたいものです。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点(2) 












2018/6/1のドル円は109.49。

前回は 109.04 でしたので
結果だけみればレンジですが

一時は111円の前半に乗せてからの
下は108円を切ろうかというところまでいきましたので
3円ほどの幅がありましたね。


今回の雇用統計は

サプライズなしの、予想以下なら売り拡大。

との事前予想で
あまり動きに期待はしていませんでしたが、

ナンのナンのの好結果で

後半は少し修正もありましたが
なんとか持ち直し感は醸せたのではないかな、
という感じですね。



前々々回の3/10は106.79。

その記事で

 この急落で買いを漬けてしまった方にとっては
 どこであきらめを入れるか、
 そして反転で売りの追いかけを入れるかどうか
 大きな課題になりそうです。

と書いていましたが、

D.A.Tを信じてついてきていただけた方には
うまく逃げ切れた感じではなかったでしょうか笑


終盤はトルコやらイタリアでずいぶん揺れましたが

けっきょくは「105.50 - 110.00 - 113.50 」のレンジ内という
大枠は変わっていない状況のようです。


すったもんだしながらの米朝会談も
予定通り6月にはひと区切りがつくのでしょうし

そのあとはこれも予定通り
いよいよチャイナがくるということ
なのかもしれませんね。


今回はまた
雇用統計直前に日銀が姑息な動きをしていました。

国債買い入れオペの減額

日銀は雇用統計の直前にやらかすことがよくありますが
今回もまた影に隠れてしのごうということですかね。
なんとも呆れます。


もはや日銀は諸悪の根源。

早いところ国有化して
国会議員の報酬だけでなく
インカムベーシックで国民全員に
毎月1億円くばればいい。


どれだけやっても円高はかわりない。

ビバ! 「リスク回避の円高」!

と言いたくもなりますね笑



さて、今年の見通し、


 "転換点は4月と6月、そして9~10月。" 

「11年目。」 2018/2/05 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


4月もきっちり的中して、

いよいよ6月に入ってきました。


長いレンジでは状況はかわらず。


D.A.T Methodのチャートを見れば

月足は雲の下限をあたりつ非常に危うい状況。
週足はSP2(青太ライン)を上抜けたものの弱々しい。

日足もいったん上抜けたがSP2自体の形がよろしくない。

4時間足は下げ、1時間足はSP2上抜けで上げ基調。


と、混沌としています。


直近は1時間足、長めはやはり
日足ベースでいきたいところですかね。


SP2をしっかり上に抜けてくるなら期待ですし
DAT_TRENDの下クロスが確定ならその向きで。

上でも下でも、動きがあれば乗っていけますね。


がんばってまいりましょう。



では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点 












2018/5/4のドル円は109.04。

前回は 106.92 でしたので
2円ほど上げてきたことになります。


一時は110円を叩いたタイミングもありましたので
幅としては3円半ほど。


前回の4/7 は 106.92 、前々回 の 3/10 は 106.79 でしたので

日銀の失策でグングン下げてきた1月の終わりから
やっと一息ついて、そのぶん激に盛り返しにきた4月でしたね。


今回の雇用統計は結果がよくなかったということで
激に上げてきたぶんかどうか戻しも強かったようで

110円はかなり強い節目として
これから認識されていきそうですが

3月初めの記事で書いた

「マイルストーンの赤ラインでいけば
105.50 - 110.00 - 113.50 のレンジ。」

からいけば、
いったんの中間地点の踊り場という見方もできます。


「雇用統計-罪深き黒田」 2018/3/10 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1229.html



毎年のお約束の、2月初めの1月まとめ記事で書いた

"転換点は4月と6月、そして9~10月。" のうち

4月はこれで、やはりのズバリ!、ということで
良いのではないでしょうかね。



ただ、このブログが11年目を迎えたその2月初の記事をみると

 「ドル円は110.15。

 前回は 113.04 でしたので
 最終的には3円ほどの下げ、になりますが

 途中、108円の前半中ばくらいまでいきましたので
 5円近くの幅があったことになりますね。」

と、ありましたので、

はからずも、この激上げのレートと
ほぼほぼ似たようなレンジだったことに気がつきます。

チャートのかたちもよく似ていますね。


「11年目。 」 2018/2/5 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


そして1ヶ月後の3/10の記事では

「ドル円は106.79。」
「前回の2/5 は 110.15 、前々回 の 1/8 は 113.04 でしたので
この2ヶ月で6円以上下げてきたことになります。」

でしたので、

まだまだ余談は許しません(笑


とりあえずは、5月のFOMCで
6月の雰囲気がみれるのかもしれませんね。


北チョーとトランプの会談の動向も
気になるところではありますが

またじわじわきているのは中国。


少々、前の記事ですが、

コラム:中国「債務の長城」、専門家が鋭く分析 (ロイター)
https://jp.reuters.com/article/column-china-debt-idJPKCN1GO02G


北チョーがひと区切りした6月なのか、
はたまたもうひとつの9月~10月なのか、
例によって来年1月なのか、わかりませんが、

いい加減にそろそろ
リーマン後につづいてきた事態が
はっきりしてくる時期なのかもしれません。


世界のデフレの元凶となってきた中国が崩れると

いっきにスタグの波紋が
世界中に広がっていくことになるのかも、ですね。


ただ、日本もそうですが、中国にも
既存の経済理論は通用しないような気もします。

いままでにない経済システムに移行しはじめる

後になって、

「あぁ、この年からだったのか」 と、

思い返すような年になるのかもしれません。


通貨発行権を有しながら
自社株買いのような国債購入を続ける日銀。

その割り合いは4割を超えているそう。


平成30年度国債発行計画について - 財務省 2018/04/15
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/meeting_of_jgbsp/proceedings/outline/171122pd73.pdf


ETF買いで日銀が大株主の企業も
続々と生まれているようです。

このままこの流れを続けて
頃合いをみて日銀を国有化するようなことになれば

システム的には中国とよく似たような感じに
なってくるような気もします。


いまや行政の腐れ具合も中国とよく似てますしね。


効率は悪くても民主主義は捨てないとしても
その点だけが日中の違い。

東中国海がベルリンの壁の役目に
なるのかもしれません(笑



またまた話が大きくなってしまいました。



では。今回もこのへんで。


がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-異次元の罠 












ドル円は106.92。

前回は 106.79 でしたが

下も104円の中盤から
上は107円の中盤まで3円弱の幅でしたので

相変わらずなかなかの動きでしたね。

ただ、いまのマーケットの空気感としては
貿易戦争をにらんだ様子見の雰囲気。

ショボショボの雇用統計に
よくあらわれていましたね。


実需からか底堅い後半戦もあり

ポジティブには、やっといったんの底打ちか、
というアタリでも良いのではないでしょうか。



日足的には
どのレベルでかにもよりますが

ここから雲を抜けてくれば
いっときは良い雰囲気でのマーケットに落ち着きそうです。

ただ相変わらず週足のチャートの形は非常に悪い。
簡単にはいかなさそうですね。


今回も、4時間足のチャートを載せておきましょう。




やっとしっかりとSP2(青太ライン)を上抜けしてきましたね。

グレーの未来レートはぴったりSP2まで下げてきていますが
この後、どうですかね。



日銀の緩和出口の議論は相変わらずのようです。

話題になっていた藤巻議員のブログ記事から
引用して載せておきます。

興味のある方は覗いてみるといいんじゃないですかね。

関係ない内容もたくさんありますが、記事の下のほう、
「(付録その②)」に参議院予算委員会での
日銀・黒田総裁とのやりとりの議事録が載っています。


藤巻健史 オフィシャルウェブサイト
本文&フジマキな日々(春到来&多忙な2週間)
https://www.fujimaki-japan.com/takeshi/5499


要点をまとめると、



 資産サイドの国債  52兆円→452兆円
 当座預金残高   4.4兆円→367兆円

 異次元の量的緩和
 →異次元の量的・質的緩和の質的緩和というのは
  長期国債を買い始めたということ
 →民間金融機関から国債を買う
  →支払は現金でなく日銀当座預金に振り込む

 2018年2月末現在
 日本銀行が保有する長期国債の額面総額
 419兆円
 うち残存期間が1年以上の国債 367兆円
        4年以上の国債 246兆円
        8年以上の国債 139兆円
        15年以上の国債 65兆円

 →1年以上の国債 367兆円 長期金利
 →量的・質的金融緩和からの出口の局面では
  日銀当座預金に対する付利金利の引上げによって収益が減少

 →債券取引損失引当金を拡充
 →なお、現行の日本銀行法では政府による損失補填に関する条項はない

 日本銀行が保有する国債 →2017年9月末時点で9.2兆円の含み益超



もちろん、専門家ではないので詳しくはわかりませんが

ざっくりと表現すれば

400兆円分の国債を購入し当座預金に振り込んだが 
当座預金からの引き出しは40兆円程度、

360兆円はまだ積み上がったままになっている、
と、いうことになるのかもしれません。


もしマーケットをただ刺激するために
大きな金融緩和をしているように演出してみせかけて

実際には40兆円しか流れていないということであれば

「異次元」のわりに106円台という円高になっている現状も
案外、理解の範疇にあるのかもしれませんね。


まぁ、いろいろと難しいテクニックもあるのでしょうが


まだまだ出口どころか、これからではないのか?


というところですかね。



では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-罪深き黒田 












ドル円は106.79。

今回の雇用統計は
雇用統計らしくない小ぶりさで

警戒感の強さがあらわれていましたね。


前回の2/5 は 110.15 、前々回 の 1/8 は 113.04 でしたので
この2ヶ月で6円以上下げてきたことになります。


4時間足のチャートには
その2ヶ月間がちょうど出ている感じになりますが



1/9 にSP2(青太ライン)を切り下げてから
1/23にあたらしい次のレンジへ急落開始。

今週終わりにやっとSP2にタッチし直したところで
グズグズな様子見状態になっていることがよくわかります。

米国原因でいろいろ報道されいますが
結局その根っこは黒田日銀の失策にあることはあきらか。

黒田が発言するたびに、とにかく下げ。

失われた期待や信頼は
もはや回復は無理ということでしょう。


今回も一番下に月足のチャートを載せていますが

バブル崩壊後の93年から94年頃に
よく似た雰囲気になってきているような気がします。

マイルストーンの赤ラインでいけば
105.50 - 110.00 - 113.50 のレンジ。


ここで下げ止まって 113円まで回復したとしても

94年1月を頂点に、
95年4月には80円を切るまで下げています。

円高が進んで、企業の海外への生産移転が加速して
デフレが強烈に進んだときですね。


月足のDAT_TRENDは下げクロスが確定し
レッドが点灯しています。

日足以下のチャートでは
いったん踊り場的かもしれませんが

週足、月足のMethodのチャートは
非常に形の悪いチャートになっています。

月単位での見通しでは
当面、マイルストーンの102円の赤ラインが
メドになってきそうな感じですね。

小休止でこれからいったんの戻しが入ってきたとして

この急落で買いを漬けてしまった方にとっては
どこであきらめを入れるか、
そして反転で売りの追いかけを入れるかどうか
大きな課題になりそうです。

レバ規制の問題もありますからね・・・^^;


こんな状況で、「出口の検討」を口にする黒田には、
あまりのセンスのなさに、あんぐりしかありません。

打つ手のない深い深いデフレ再開に
今度こそ耐えきれずハイパーが来るのかもしれません。
そうなれば漬けてる買いがあればあきらめず
とっておいたほうが良いとも言えますが(笑


では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

11年目。 












ドル円は110.15。


前回は 113.04 でしたので
最終的には3円ほどの下げ、になりますが

途中、108円の前半中ばくらいまでいきましたので
5円近くの幅があったことになりますね。

年が変わっていっときは
静かに推移していたものの

9日に日銀の超長期国債買い入れ減額で
ジャブが入ってからは113円から降下開始。

23日に出口検討を否定しそこなって
111円からまた下降。

頃合いで109円台に戻してきたところで
26日には物価目標の達成を匂わせて

このタイミングでか?!、と言いたくなるような
念押しの逆噴射一撃(笑

108.20円台までの下押しでした。


世間では仮想通貨の暴落のほうが
大きなニュースになっているようですが

慎重に慎重に進めてきたFRBに比べると
日銀の稚拙な進め方には辟易の感がありますね。

何だかんだで、日銀の発表の度に下降していったのが
チャートを見ればすぐにわかります。


昨年終盤からの「1月の下げ」予測は
あたったことは当りましたが、

9日以来、日銀の緩和縮小が皆の頭から離れなくなり・・・
まさか自分で自分の首を締めてくることになるとは
予想外ではありましたね(笑


さて、これも、お約束の
今年1年の相場の年間予想ですが、

例年通り、1月も下げだったこともありますので、

これまたこの1年も例年通りということで良いでしょう。

転換点は4月と6月、そして9~10月。

2月後半から3月も動きがあると言えばあるでしょうが
やはり一番のポイントは6月ですかね。


大御所では大きな円安を言われている方もいるようですが
どうでしょうか。

ここから113円を超えてくるのは
相当難しいような気もします。

それよりも近々108円を試す流れが続くようであれば
下抜けすると酷いことになりそうですね。

去年の4円レンジを拡大して
このまま108-113円の6円レンジ内でなんとか
やり過ごしてもらいたいものです。


辛坊さんは「わりと円安で・・」なんて
わけのわからんことを言ってましたが(笑

110.15は超円高です。

当面のターゲットは
今回の1時間足SP2の踊り場だった110.827。

これでもなかなか難しいかもしれませんが
なんとかがんばってもらいたいものです。


では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-2018新年 












ドル円は現在 113.04。


前回は 113.45 でしたので
結果としては0.4円ほどの下げになりますが

新年明けてからの上げ基調で
空気感としては上げモードになりますね。

雇用統計も、それ自体は下げでしたが
いったんは元に戻ってからの徐々下げということで
1ヶ月の全体としては「いつもの1.5円程の幅」だった
で、よさそうです。


あ、遅ればせながら
明けましておめでとうございます。

このD.A.Tは今月の終わりで
満10年を迎えます。

サブプライム後の2008年1月の終わりからですが
早いものでもう10年。

あいだにもリーマンあり、震災あり、安倍トレンドあり、で、
いろんなことがありましたね。


去年の終盤は、

"十分に上げていっていれば1月は激下げ、
 そうでなければレンジ継続"

と予想していましたが
いまのところは後者の感じのようです。

当面は113.50のマイルストーンを
超えて伸びるかどうか、がポイントだった、
というところですかね・・・。


円の信任がなくなれば、劇上げでしょうし、
いつもの「リスク回避の円高」が出てくれば
激下げもありえるでしょう。

いまのところ今年は
大変読みにくい年のような感じですね。

ま、例年通り、
年見通しは1ヶ月様子を見てから、ということで。


十分に精度もあがってきた感じがしますので
10年の区切りでもありますし
今年はさらにボチボチ感いっぱいで
やってきたいと思っています(笑

どうかひとつ今年も1年、
よろしくお願いします。


では。このへんで。


がんばっていきましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-振り返り 













ドル円は現在 113.45。


前回は 114.07 でしたので
結果としては0.5円ほどの差になりますが

1ヶ月のあいだを見れば上は114.72から下は110.83まで、

今年初から、今年は「111円-115円の4円レンジ」と
言い張ってきましたが(笑)

なんとも今年1年の振り返りのような1ヶ月になりましたね。


北朝鮮も米国の予算上限も日銀の口先介入も
みんな織り込み済みで

今回の雇用統計は薄い12月らしく小さいもので
マーケットの思惑にそった流れの印象も強い感じです、


このまますんなりとはいかないでしょうが

鬼門のFOMCを乗り越えてレンジを上抜けしていけば
想定通り来年初はいつもの激下げスタート、

このままダラダラの引き続きで終われば
来年も行ったり来たりということになるのでしょうかね。


来年は黒田総裁の任期切れもきます。

交代にしても続投にしても

その他も含めて来年は
いろんなことがはっきりしてくる年になりそうな予感もしますので

来年はわりと動きの激しい1年になるんじゃないでしょうかね。


来年1月でこのD.A.Tは満10年を迎えます。

良い意味でのひと区切りということで
さらにテケトーにボチボチやっていきたいと思います(笑


今年も1年、ありがとうございました。


では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計ーマイルストーン 













ドル円は現在 114.07。


前回は 112.64 でしたので1円半ほどの幅。

やば~い感じが漂っていましたが
結果的にはSP2(青太ライン)上でリバウンド。

下抜けすることはなく114円まで上昇してきました。

総選挙前からぼちぼち始まった
ご祝儀相場が引き続いている感じですかね。


今回の雇用統計は
0.5円程の動きで標準的な感じでしたね。

期待ハズレだっということで下げに出たようですが
その後上昇、行って返ってもとに戻った感じです。

期待ほどではなかったものの
経済の調子はいまだ良い、ということのようです。


FRBもECBも緩和縮小で出口に向かってますが
日本はまだまだやめられそうにないようです。

日本はもともとの地合いが悪く
欧米のような景気循環のていとはまた違ったものである、と。

そんなところなのでしょう。



トップの日足の画像を見てもらうと

上下にオーバーシュートをこなしながら

2本の赤いラインのマイルストーン(110.00円-113.50円)を中心にして
推移していることがわかります。


このマイルストーンは

2014/02/08の「大考察~7年目に向けて」の記事で
それまでのマイルストーンを引き直したラインですが

 2014/02/08記事 "大考察~7年目に向けて"
 http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-567.html


大きなレンジでの流れの中では
だいたいのメドがあっていると言えそうです。


月足チャートのサブウィンドウのDAT_TRENDは
まだ上げ基調を継続していますが
DAT_NoiseReductionでは下げのしっぽが長く伸びて
いつ下げ基調が確定してもおかしくない状況です。

年末までに上げが熟してきていたら

例年通り来年1月には激下げ月間で来年はスタート、
ということになりそうな感じもします。

トランプ来日のトランプ・リスクを乗り越えられたら
今年もそのシナリオで進んでいくのかもしれませんね。


今年もあと2ヶ月。

しっかりクロージングも引き続きです。


114円はまだまだ「超円高」。

細かくしっかり獲っていきたいですね。

では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計 













ドル円は現在 112.64。


前回は 110.24 でしたので
2円半ほどの幅になりますが

やはり9月には何かありましたね。


最高値の113円を超えたところから
下は107円の前半まで。

行って帰って6円ほどの幅のある
動きの激しい1ヶ月でした。


北チョーのミサイルが飛ぶたびに
グングン下がって円高になり、

米韓の軍事演習が終わった途端に
グングン上がって元に戻るという

北チョーに翻弄された1ヶ月でしたね。


このあとは、10月10日の「Xデー」と

11月初めのトランプ来日、というところですが

D.A.Tとしては、あとはボチボチ、
12月までダラダラと続く見通しです。


見通しがハズレて大きく動くでも良いですが

戦争はやっぱりナシでいってもらいたいですね。


雇用統計は今回はあまり注目していませんでした。

上下にそれなりに動いたようですが
今年はもうそろそろクロージングの時期に入ってきてますから

こっから先はそれこそ細かくプチプチと、
しっかり獲っていくトレードにしていきたいですね。


月足チャートをみてみると、
今年の2月からは、赤の2本のラインのあいだで
ゴチャゴチャやっているのがよくわかります。

今年の初めから言っていた「今年はレンジ」の予言は
いまのところそこそこ当たっていたようです。


今年もあと3ヶ月。

しっかりとクロージングしていきたいですね。


112円はまだまだ「超円高」。

まだまだがんばってもらいたいところです。


今回も動画は面倒で省略(笑


では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計ーチャート展望 













ドル円は現在 110.24。


前回時点では 110.91 でしたから
結果だけをみるとヨコヨコっぽいですが

一時は107円に入ろうかという勢いで下げていましたから
幅としてはけっこうなところだったかもしれません。


今回の雇用統計は
下げ幅50pjpsほどの標準的なものでしたが

結局大きな流れに戻ってきたこともあり
マーケットとしては「気持ち右上がり」というところが
おおかたの合意というところなのでしょう。


今年は年初以来ずっと
「今年は大局レンジ相場」と言い続けてきましたが

あらためてチャートをみるとまさにドンピシャ(笑

かなり狭いレンジでの相場が続いています。


フラッグを形成しつつあった日足ですが

相変わらずのレンジではあるものの
ここの1ヶ月で若干下値が思い形になっているのが
気になるところではありますね。


週足に目を向けると
右上にきていたSP2(青太ライン)を抜けられずに
DAT_TRENDの下サインも確定しています。


ここ数ヶ月、
「あと次は9月ですね」と言ってきましたが、

いよいよ9月に入りました。

ここを乗り切れるがどうかが
月足レベルでの相当大きな流れでの
正念場になってきそうです。

すっかり存在感のなくなっている日銀も
まさにここは何とかしなきゃならないポイントでしょうね。


110円は「超円高」。

もっとなりふりかまわず
がんばってもらいたいものです。


今回は面倒だったので動画はやめました。
じっくりチャート画像をご覧あれ、ですね(笑


では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足






■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計 













ドル円は現在 110.91。


前回時点では 113.89 でしたから
けっこう下降してきましたね。

今回の雇用統計は

ごくごく標準な雇用統計でした。

あまりに素直は雇用統計に
薄気味悪ささえ感じますね。


一時は109円台までいったドル円ですが
雇用統計のおかげで
何とか111円まで盛り返しました。


前回、埋もれてしまった日銀キックは
今回はなんの動きもなく、

統計前までは予想通りの展開でした。

いったい何がしたいのか
よくわかりませんね。


黒田さんの続投の話も
チラホラ出てきているようですが、

こんなことでは、落ちた信頼はなかなか
取り戻すのは難しいでしょう。


あとはやはり、北朝鮮ですかね。

やるなら今月の後半、
20日過ぎというところでしょうか。

今回は特需というわけにはいかないかもしれませんね。
なにせ「リスク回避の円高」ですから。

何かにつけて下降しそうです(笑)


でも大丈夫。
きっと黒田さんが大盤振る舞いしてくれるのでしょう。


110円は「超円高」。

なりふりかまわず
がんばってもらいたいものです。



今回もまた、レートの様子は動画で。



では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-埋もれた買いオペ・キック 













ドル円は 113.89。


前回時点では 110.44 でしたから
予定通り反転上昇してきましたね。


長らく続いた右下方向の円高基調も

ここでいったんひと息入れている感じでしょうか。



前回、


「これまで書いてきていました
 111円-115円の4円レンジでは現在下限の下。

 これをオーバーシュートとみるのが
 D.A.Tの見方(笑

 この雇用統計でウミは出尽くしたとみて

 来週の出だしは多少の様子見があっても

 その後はじりじりとまた上げ基調を模索する
 流れが復活するのでは、という感じ。

 とりあえず来週の出だしをみていきたいところですね。」



「110円でも「超々円高」。

 黒田さんには最後に本気をだして
 またがんばってもらいたいものです。」



と書いていましたが、


反転上昇は見通し通りではありましたが、

まぁ、何とも呆気にとられたものです。



 このタイミングでか・・・。



がんばり方がわかってないようですね(笑

調整に時間がかかったのかもしれませんが、
もうちょっとタイムリーに願いたいものです。



いずれにしても今年もまた

6月にイエレンに助けられましたね。


あの「ジャクソン・ホールの夏」を思い出します。




いずれにしても、



高値掴みをしたくないという声もありますが、

黒田さんががんばってくれるなら大丈夫(笑


12月までは大きな流れは変わらないでしょう。



北朝鮮が動かなければ・・・、ですが(笑



114円でも「超円高」。

黒田さんにはもっと本気をだして
がんばってもらいたいものです。



今回もまた、レートの様子は動画で。



では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-懐かしの黒田リミット 













ドル円は 110.44。

前回時点では 112.68 でしたから
月足では小幅ながらも
けっこう下げてきた感はありますね。

これまで書いてきていました
111円-115円の4円レンジでは現在下限の下。

これをオーバーシュートとみるのが
D.A.Tの見方(笑


この雇用統計でウミは出尽くしたとみて

来週の出だしは多少の様子見があっても

その後はじりじりとまた上げ基調を模索する
流れが復活するのでは、という感じ。

とりあえず来週の出だしをみていきたいところですね。


すっかりニュースにもならなくなりましたが

いまの状況をみると

日銀が金融緩和を続けていることは
もう誰も頭から消えてなくなっているようです(笑

毎年何十兆円も放出していることになってますが

この円高基調の状態をみればただのお題目で
ナンの効力も果たしていないことはあきらか。


あと1年らしいですが

もうそろそろ縛りを忘れて
本来のやりたいことをやりたいように
やってみたらどうか、と言いたいところですね。

もし本当に円の量がかさあげされているのなら
この円高を利用しない手はない。

かさあげしても円安にならないということは
さらにかさあげする余地があるということ。

国民から搾り取った金でかさあげしても
そのぶんは中国でビルになって
日本には何も残らない。

もっとも、コストが上がってきた中国からは
やっと企業は撤退してベトナム、カンボジアに
移ってはいるようですが、
理屈としては同じこと。

円の信用が売れるうちに
目一杯売って金に変えておくことです。

原資なんて何もいらない。
「信用」を売ればいいのですから。


ちょうど2年前の2015年の6月。

激震が走った黒田総裁の逆バズーカ。

後に「黒田シーリング」と言われることになった
125円台の頃が大変懐かしく思い出されますね。


D.A.Tでも、安倍首相誕生直前の2012年の10月に
ドル円80円ぴったりで入れた買いを

チャートにすえたマイルストーンにそって
逆噴射直前の124円までひっぱらせてもらいました。

為替的に言えば、黒田日銀への信頼も厚かったあの頃は
官製相場よろしくある意味バブリーな時代でした(笑

あのとき確か、
「後で振り返るとあの発言が歴史的な転換点になっているかも」
的なことを書いた記憶がありますが
本当にそんなことになってしまいましたね・・・。


懐かしさも込めて
回顧録に当時の記事のインデックスを貼っておきます。


120.21円 2015/04/11 だんまりを決め込んでいたツケ

118.89円 2015/04/18 アベノミクス最大の正念場-SP2は下抜けか

118.89円 2015/04/26 官製相場の限界-もしこのまま予言通りだと

120.08円 2015/05/02 何かが密かに・・・ドル円レンジと日銀会合

119.73円 2015/05/10 あとは6月の激震がどうなるのか

119.36円 2015/05/16 ティックベースのMACD

121.49円 2015/05/23 レンジからの動き出し

124.10円 2015/05/30 ドル円は124円マイルストーン到達

125.53円 2015/06/06 雇用統計

       2015/06/10 「黒田シーリング」発動

123.40円 2015/06/13 黒田リミット-円安 活動限界

122.65円 2015/06/20 6月激震の残像-124円の天井

123.87円 2015/06/27 レンジ・ゾーン-円高の足音

122.82円 2015/07/04 雇用統計後-レンジは続く

122.79円 2015/07/11 120円の反転-チャイナショックとイエレンの口先介入

124.04円 2015/07/18 レンジは続くか-SP2の節目は123.11

123.78円 2015/07/25 動かす人が居なければ相場は動かない

123.85円 2015/08/01 「黒田レンジ」-カウントダウンは3から

124.36円 2015/08/08 雇用統計-カウントダウンは2

124.27円 2015/08/15 人民元ショック-ファウンディング通貨

122.16円 2015/08/22 「黒田レンジ」-カウントダウンは終了

121.36円 2015/08/29 サードインパクト-クラウディング・アウト

118.96円 2015/09/05 雇用統計ートレンドの転換



110円でも「超々円高」。

黒田さんには最後に本気をだして
またがんばってもらいたいものです。


レートの様子は今回も動画で(笑



では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-未来レート 













ドル円は 112.68。


今回の雇用統計は

雇用者数が+21万人程、失業率は4.4%、と

いつもの感じに戻ったようでしたね。


前回、

「111円-115円の4円レンジで
なんとかこらえてもらいたいものです。」

と、書いていましたが、

なんとかまだ持ちこたえてはいるようです。


ゴールデンウィークで忙しく
もともとエントリーの予定はありませんでしたが

前回の記事の画像と見比べてもらえばわかりますが

SP2(青太ライン)を抜けていくところから
ほぼほぼ未来予想レート(グレー)の通りの
運びだったようです。

このあとも、未来レートの通り、
右上のSP2を目指していってくれると
いいですね。

112円でも「超円高」に変わりなし。

まだまだ111円-115円の4円レンジで
なんとかこらえてもらいたいものです。


今回も詳しくは動画のほうでちょちょいといきます(笑



では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-110.10の壁  













ドル円は 111.06。


今回の雇用統計は
相当なネガティブサプライズだったはずですが

なんてことはない。

結局何ごともなかったように
トレンドの鞘に収まった感じですね。

こんな調子では
すんなり利上げというわけにも
いかないのでは、とも思わるのですが、

どうなんでしょうね。


日本の金融緩和が責め立てられているようですが

米国も何年もさんざんやってきたことのはず。

何をか言わんや、というところです。


111円は「超円高」

111円-115円の4円レンジで
なんとかこらえてもらいたいものです。


今回も詳しくは動画のほうでちょいちょいと(笑



では。このへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-予兆 













ドル円は 115.08。

あれよあれよという間に
最後の1週間で狂ったように上げてきましたね。

トレンドフォローの方には
おいしい1週間だったのではないでしょうか。

米国の利上げが控えているらしいですが

ここまで前もって上げてあると
素直に上げていくのか
どうも心もとない感じがしてなりません。

まぁ、でも。
115円はまだまだ十分に円高ですから。

このまま素直にあげていってくれた方が
いいのかもしれませんね。


詳しくは動画のほうでちょいちょいと(笑



では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-D.A.Tは10年目に突入 













ドル円は 112.35。

例年、1月は下げ基調の印象でしたが
今年も例年ほどの激ではなかったものの

やはり基調は下げな感じでしたね。


昨夜は雇用統計。

予想より大幅なプラス結果だったにもかかわず
下げ下げな雇用統計は珍しかったですね。


結局、結果などあまり関係ない、と。


ようはマーケットの向かってもらいたい方向に
何かにつけて動きたいだけ、という感じもします(笑

まぁ、今年は、大局レンジ予想の相場、ということで、

雇用統計には手をださず、
その後の動きにしっかりのっていくことが大切で、

D.A.T Methodにのっとって
確度よく、小さく、PetitなPipsで、しかしロットを大きく、で

少ないエントリーで着実に大きく獲っていくのが肝要ですね。


トレードも安定してきて、今年はいつもにまして
良いスタートが切れているように思います。


おかげさまで、この1月31日から、
D.A.Tは10年目に突入しました。

これまで長いあいだありがとうございました。


ブログはさらにボチボチになるかもしれませんが(笑

これからもどうぞごひいきに^^


では。では。今回もこのへんで。


がんばっていきましょう。




4時間足


週足


月足











 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます!  










角松 あけましておめでとうございます。



皆さんのところでは初日の出はちゃんと拝めたでしょうか。


今年も師走はバタバタ忙しくしていましたが

新年を迎えるにあたり今年は勝負の年!ということで
気合を入れて今年のトレードの一層の精進を祈りました(笑


2008年1月末からスタートしたこのディ・アフター・トレードも
おかげさまでこの1月で満9年。

10年目のシーズンを迎えます。


ブログの方はホントにボチボチな感じでやってますが、

トレードのほうは、ほぼほぼ安定した感じになっていますので
さらに、のんびり、じっくり、確実に、
安定した利益を積み重ねていきたいところです。


いつものように、今年も、テケトー星人らしく、

ぼちぼちやっていきますので、どうかごひいきに。
よろしくお願いします。



為替の方は
昨年のクローズは 116.943 ということで
一昨年のクローズの 120.18 からみると若干の下げ。

その前の2015年のオープンは 120.07 だったようなので

年足でみれば、天井の形成から、下りかかったところ、
ということになるのかもしれませんね。


トランプ・バズーカでかなり急激に盛り返しはしましたが
チャート的には大変いびつな形になっています。

このままトランプに引っ掻き回される1年になるのか、
来る来ると言われ続けているチャイナリスクに
既存の経済理論は通用しないのか、
欧州は、韓国は、そして我が日本は・・・(笑

悪い意味でわりと落ち着いていた2016年と比べて
2017年は激動の年になるかもしれませんね。


そしてもまた今年も、

どんな荒波が来ようとも
D.A.Tとしてはいつものようにぼちぼちと
やっていくのみです(笑


そんなことで、今年もまた、どうぞよろしくお願いします。


今回は新年のご挨拶だけ。

次回よりまた通常に戻ろうと思います。

長くはない休みですが、
皆さんも良い正月をお過ごしください。


では、では。

今年もがんばっていきましょう。





 ⇒ 「DayAfterTrade FX」YouTubeチャンネル


今回は4時間足、日足、週足、月足、と
勢ぞろいでチャートを載せておきます。













■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード

※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


★ディ・アフター・トレードからの口座開設は
  ⇒ こちら
 
  ↑スクサポはこちらから  案内記事 ⇒ こちら
 サイト支援、スクサポもいつでも歓迎しております。


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■インジケーターのリクエスト・QAの前に
■配布中の D.A.T Method は
→ 『サイト・インデックス
→ 『外為FXフォーラム
→ 『サイト・ポリシー
→ 『D.A.T Method9.7.5



D.A.T Method インジケーター・レビュー!

 ⇒ 「DayAfterTrade FX」YouTubeチャンネル



ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。
 border=

雇用統計-トランプ・バズーカ後 













ドル円は 103.50。

前回は 103.16と書いていましたから
36pipsの上げ。


雇用統計は、ほぼほぼ市場予想だったものの
平均賃金の低下から下方向・・・、って。

動機はどうでも
右下方向は確定的、ということでしょうかね。

先月からのトランプ・バズーカからの爆上げも
そろそろ息切れの空気がただよっています。

111円の攻防に
舞台は移ってくるような気がしますね。



まぁ、来週の大統領選を控えて
なかなか大きな動きは難しいとは予想はつきましたが

なんともつまらない雇用統計でしたね。


ここのところチャートは30分足が効いています。

D.A.T Methodがお手元にある方は
とりあえず当面は30分足をベースに
15分でタイミングをとる感じで良さそうです。

もちろん判断の基準はSP2(青太ライン)で。


時間がないので今回はあっさりとこれにて。

詳しくは動画で(笑



では。では。今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足











 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-閉塞感 














ドル円は 103.16。

前回は 103.18と書いていましたから
2pipsの上げ。


まぁ、来週の大統領選を控えて
なかなか大きな動きは難しいとは予想はつきましたが

なんともつまらない雇用統計でしたね。


日足ではいい感じでSP2(青太ライン)を上抜けし
105円まで乗せていたドル円ですが

またSP2まで落とされてしまっています。


4時間足を見なければ
「ここが底値!」と言いたいところですが

まぁ、なんとも頼りないチャートです(笑

ちょっとすぐにはキツそうですね。



長いこと続いている

「102.00-105.50の想定レンジ」 ですが


なんとなく、ではありますが、

若干、中心が上に移動したような気もしています。


ほんとに若干。

1円半~2円半くらい(笑


ただの気持ちの問題かもしれません。


年末まで。 1月過ぎまで。

なんとか崩れずに持ちこたえてもらいたいものです。



アベノミクスの閉幕以来。

なんともつまらない相場が続きますね。

次の予言は4-6月期の見通しです。

1月の下旬から2月にかけてくらいですかね。


それまでは、

リスクをはるのはあまりおすすめできません。



では。では。今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-104円の壁 













ドル円は 103.18。

前回は 103.98と書いていましたから
80pipsの下げ。


今回の雇用統計は、ほぼほぼ前回の繰り返し。

今回は利上げにつながる結果も
期待されていたほどでしたが

結果、予想より悪い内容で
せっかくの上げ空気に水を指した格好。


雇用統計が発表される前から
かなりの売りが出ていたようですね。



麻生さんが相場を「注視」し始めてから
もうどのくらい経っているでしょうか。

半年は経っていますね(笑

いったい何をやっているのか・・・。


30分足はこれでSP2(青太ライン)の
下に潜ってしまいましたので

もやは回復は風前の灯火。


意味もなく、ではありましたが
多少戻りつつあったドル円は

また深い深い闇に
引き戻されてしまったようです。






104円のところに
妙に厚い厚い壁があるようですが、

いまだ102.00-105.50の想定レンジは続いています。

これでドイツ銀行が破綻でもしたら
円はどこまで落ちていくのやら・・・。



かすかな望みは「日足」ですが、

SP2(青太ライン)の上抜けは
今年中に出来るかどうか、という状態。





サブウィンドウの ノイズ・リダクション が
やっと上向きに好転してきたことが救いではありますね。


ここが確定してくると、
相当な長いレンジでの上げ基調に転換が期待できます。


そうとう長いレンジでの話になりそうですが・・・。



とりあえず、当面は下げ基調なものの
クリスマスまでをレンジで乗り切ることができれば

年末には多少明るいニュースが聞こえてくるように
なってくるかもしれません。


ただここのところ毎年
新年はあまり良くない相場の印象がありますし。

心配ですね。。。



では。では。今回はこのへんで。


がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-ジャクソンホールから摩訶摩訶な転換 












ドル円は 103.98。

前回は 102.07と書いていましたから
191pipsの上げ。


昨日は雇用統計でしたが

予想より悪い結果での下への動きも
続いたその後の弱い指標にもかかわらず

ドル円は上げ続け104円の中盤まで上昇した後

利益確定からか104円ラインまで落ち着いて
終了となりました。


なんともマカマカで不思議な相場ではありますが

指標よりもマーケットの思惑が勝った雇用統計デーだった
と、いうところでしょうかね。



前回、

ま、いまのところは、やはり順当に
期待も込めて102.00-105.50というところですかね。

と、書きましたが、

やっと予定のレンジに入ってきたようです。


2年前、

踊り場からまさに崩れかけようとしていたアベノミクスが

再びエンジンがかかって最終的に125円の頂点にまで
登り始めたのは同じ8月のジャクソンホールからでしたね。


2014/08/23 Daily記事
FOMC~ジャクソン・ホール-相場の確度
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-595.html


ちょうどその頃も102円台付近をウロウロしていたようです。


ま、いまよりもアベノミクスは信頼されていて

もっと熱気のあるマーケットではありましたが・・・

今回もまた、ジャクソンホールに救われた、
そんな感じがしないこともありませんね(笑




(30分足チャート)


上のチャートは30分足のものですが、

D.A.T Methodで見る限りでは
最近、30分足のチャートがベースのようです。


真ん中の右上がりに上昇しているラインが
D.A.Tお得意のSP2(青太ライン)ですが

見事に機能しているのがよくわかります。

まるでSP2を基準に動いているかのようですね。


サブウィンドウのNoiseReductionが80%を切って
☓マークが出てきているのが気になるところではあります。

ただこれはまだ「未来レート」(グレーのバー)を
加味した上でのサインですので

もう少し様子を見たほうがよいかもしれません。


D.A.T Methodがお手元にある方は
注視してチャートをチェックしていきましょう(笑


今回はこのへんで。

では。では。 来週もまた。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

失望感には円買いで 










(日足チャート)


ドル円は 102.07。

前回は 100.44と書いていましたから
163pipsの上げ。

「上げ」と書いて良いものか
大変迷うところですが・・・

前回から見れば上げてきたことは確かですね(笑


前回、

当面の見通しとしては
100円ちょい上くらいから反転の気配を意識しつつ
いっときは上げ気味の踊り場になってくるのでは、
と思えます。

低調な投票率で
明日は自民党の勝利で終わるのでしょうが
選挙での忙しさも終わって
いい加減に対策に本腰を入れてもらいたいものです。

と、書きましたが、

見事に100円ちょいから107円台まで上昇。

その後はあれよあれよという間に
またズルズルと下げ基調。

最後はまたもや日銀ポカで激下げて終わり。

何ごともなかったように
以前のレンジの102円に戻ってきました。


チャートを見ると4時間足、日足は
ほぼ一目均衡表とおりに動いている感じですね。

「今度こそ!」と注目していると
必ず日銀がポカをやって下げ基調は変わらない、
そんな感じですね。


今回は、バーナンキまでやってきて
話を聞いたはずだったのですが
いったいどうしたいのですかね・・・。

日銀への期待は
もうすっかりなくなってしまっていることでしょう。
皆、「またバカやらないだろうなぁ・・・」と
心配することしかり。

日銀がこれだけマーケットと対話しない姿勢になるとは
アベノミクスに勢いがあったころは
誰も思いもしなかったのではないでしょうか。

すべては「為替操作国」指定の回避にあるのでしょう。

そのために打つ手が何もなくなってしまった。
そんなことを気にしていたらデフレ脱却は無理。
もともと米国の言うことを聞いてきて
こんな状況になっているのですから(笑

向こうはもちろん自国の利益しか考えていないわけで
言うことを聞かなければ人工地震でやられるわけで(笑

本当に舵取りが難しい段階になっていますね。


D.A.T Methodのチャートからいくと
もしうまくいって105.50ラインを越えてくることがあれば
いっときはまた上目線での明るい雰囲気が漂ってくるでしょう。
次のポイントは107.70。マイルストーンは110.00という展開。

普通にみれば102.00-105.50のレンジと見れそうですが
ただ4時間足をみてみるとこれが案外厳しそう。
意外に変則的に100.00-103.00を形成するということも
あり得そうです。

ま、いまのところは、やはり順当に
期待も込めて102.00-105.50というところですかね。


今回も4時間、週足、月足と、チャートを並べておきます。


では。では。 今週もまた。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-レンジの中央値 










(日足チャート)


ドル円は 100.44。

前回は 102.34と書いていましたから
190pipsの下げ。

昨夜の雇用統計は
マーケットの予想を上回る結果だったということで
いったんは爆上げしたものの
直後に同じくらいの爆下げ、
そしてまた爆上げ、と続き、

そして結果的には雇用統計前の水準まで
何事もなかったように戻って終わり。

5分足チャートなどは
まるで地震の波形のような動きでしたね。


前回、

当面のマイルストーンは102円ということになりますが
ターゲットレンジが105.50-102.00なのか
102.00-98.50なのかは重要なポイント。

105円に向けば110円もまた見えないこともありませんが
なんとも形の悪いチャートですね。

前回2回の102.00と98.50のマイルストーンでは
また相当期間のレンジ相場になりそうです。

と、書きましたが。

「102.00-98.50」 レンジの
ほぼ中央値に落ち着いてしまった感があります。


「注視して」「注視する」と言い続けている
日本政府・日銀ですが、
注視する、とは、傍観をきめ込む、と
言い換えることができるようですね。

世界からの目をものともせず
次から次への緩和策でアベノミクスを演出し
どんどんと円安を進めていったあの勢いは
もうすでに過去のものとなっているようです。

どうも「違和感」が大きく漂っているのですが

ここ1ヶ月で10円ほど下げてきたこの動きは
少々行き過ぎの感は否めませんね。

当面の見通しとしては
100円ちょい上くらいから反転の気配を意識しつつ
いっときは上げ気味の踊り場になってくるのでは、
と思えます。

低調な投票率で
明日は自民党の勝利で終わるのでしょうが
選挙での忙しさも終わって
いい加減に対策に本腰を入れてもらいたいものです。

アベノミクスの第二幕はどうスタートするのか。
しっかり見ていきたいですね。


今回も4時間、週足、月足と、チャートを並べておきます。


では。では。 また。

がんばっていきましょう。



4時間足


週足


月足












 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

チェックメイトはクィーンで 










(週足チャート)


ドル円は 102.34。

前回は 106.92と書いていましたから
458pipsの下げ。

これでも驚きの下げ幅ですが
一時は99円を切ったところまで下げましたので
8円近くの幅があったことになります。

ドル円の底値の75円から
バカ黒田のシーリング・レートの125円まで
幅50円とすると16%。

たった一晩でものすごい振れ幅でしたね。


いつものトップ・チャートは日足を掲載していますが
今回は「週足チャート」。

4月頃からでしょうか。
"悲惨なチャートになってきました・・・"
と書いてきていましたが

悲惨な状況はやはりいっそう度を増してきたようです。


前回記事では
「チェックメイトはルークかポーンかクイーンか」
というタイトルでしたが

結果は、
ルーク(FOMC)ではそれほど動かなかったものの
ポーンのバカ日銀の「何もせず」攻撃で
期待ハズレのドン下げ、

クイーンの英国離脱投票でチェックメイト。

と、いうことになりました。


週足チャートの真ん中ひだり側にある
レートがSP2(青太ライン)を上抜けしているところが
アベノミクスがスタートした2012年11月頃。

そこから2回の踊り場があり、
3回目の踊り場を終えて再度激上げに入ったところで
バカ黒田の「逆バズーカ」で125円の天井が確定し

それ以降、アベノミクスは何度も何度も期待を裏切りつつ
山を越えて下がり続けてきたことがよくわかります。

特に「マイナス金利」導入後は
日銀はホントに手詰まり感ばかりが目立ち
な~んにも手を打たない傍観日銀になってしまいましたね。

サミットを越えればまた何とか、とも期待しましたが
よほど米国からきつく言われているのでしょう。

ここからは見通しの効かない未知の世界になってきそうです。

当面のマイルストーンは102円ということになりますが
ターゲットレンジが105.50-102.00なのか
102.00-98.50なのかは重要なポイント。

105円に向けば110円もまた見えないこともありませんが
なんとも形の悪いチャートですね。

前回2回の102.00と98.50のマイルストーンでは
また相当期間のレンジ相場になりそうです。


ただ。やっと鬼門の6月が終わりました。

スキャル派としては
レートがいくつであれ動きがあれば大丈夫。

アベノミクスも日銀も、終わった人達はあてにせず
がんばっていきましょう。


今回は久しぶりに「月足チャート」も載せておきます。

では。では。 また。














 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

チェックメイトはルークかポーンかクイーンか 












ドル円は 106.92。

前回は 106.63と書いていましたから
29pipsの上げ。

雇用統計から2.5円下げたところから
きれいに半値は戻してきたものの

あとはダラダラと続く下げ方向で

1時間足のチャートでは

「週末調整」でもSP2(青太ライン)は超えられず、
というところでしたね。


来週にはFOMC、日銀会合、
その後には英国のEU離脱の国民投票と続きます。

自爆から自縛へそして手詰まり、ときたアベノミクスも
いよいよチェックメイトのときが到来。

チェックメイトは、ルークか、ポーンか、クイーンか。
と、いうところですかね。

化けそこなったポーンはもちろん日銀。

原則禁止のはずの国債引受けも
直接国から買っていないというだけで
日銀の保有残高は300兆円以上だそう。

 【日本銀行 Bank of Japan】
 [Q] 日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか?


UFJがPDを降りて、金融機関は売り手にまわり
日銀の残高はますます増える一方でしょう。

というか水面下では
もはや銀行は支えきれなくなって
日銀がその肩代わりをするしかなくなってきた、

というのが、本当のところなのでは、と思えます。

期待された米国の金利引き上げは
日本にプラスにはならないことがよくわかりましたし
それ自体、引き上げももはや無理でしょう。

中国がはじけてGPIFの資金も底が見え
いよいよ手詰まり感が詰まってきましたね。

はたして「鬼門」の6月を乗りきれるのか・・・。


本当に心配になってきました。


次の9月を迎えるまで3ヶ月、

106円台は「超」円高です。

がんばれ!アベノミクス! ですね。


こまかなチャートの様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。










 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計ートランプの衝撃 












ドル円は 106.63。

前回は 110.33と書いていましたから
370pipsの下げ。

324pipsの上げに続けて370pipsの下げですから
まさに「乱高下」というところでしょうか。


昨日は雇用統計。

下馬評に記載のないあまりにもひどい結果に
1日だけで2.5円の下げになりました。

ドナルド・トランプも「衝撃的な結果だった」、と
コメントしたとか、しないとか(笑)

サミットも終わり、
気持ちもあらたに良い流れでSP2(青太ライン)目指して
という目論見だったのですが

あれよあれよの体たらくに上がるに上がれず
雇用統計で念押しの下げ、という感じでしたね。







ちょうど1年前の2015年6月に「黒田シーリング」の発動で
アベノミクスの幕が降りる前のドル円最高値は125.845。

1年で20円近く円高が進んで下げてきた格好ですね。

15%もデフレが進んでいます。

せっかく日本回帰を考えていた企業も
このトレンドで、また海外移転を、と、なってくるのでしょう。

彼のたった一言がここまで大きな影響を与えることになるとは
彼自身も想像していなかったのかもしれませんね。


「黒田リミット-円安 活動限界」 [2015/06/13] Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1171.html


今回もこのタイミングで、
安倍さんの消費増税延期の声明や、日銀の失言もあり、
せっかく浮上しかけたドル円も木っ端微塵になったようです。

サブプライム・ショック以降、
毎年8月、9月あたりにショックが起きるのが
通例のような印象でしたが

ここ数年はすっかり6月が鬼門になっています。


少し前に、円高が進んだことに対して
介入も辞さないというようなニュアンスで牽制していた
麻生さんはどうなったのでしょうね。

まだあの言葉が活きてるのであれば
ぜひ彼のサムライ精神に期待したいものです。


2016/4/30の記事からの

"次のレンジは110.00-105.50。" は、

多少上抜けはしたものの結局もとの鞘に収まって
まだ継続中の格好になってしまいました。

案の定、週足チャートは悲惨な状況になってきていますが
まだまだ日本をあきらめたくはないですね。


次の9月を迎えるまで3ヶ月、

106円台は「超」円高です。

がんばれ!アベノミクス! ですね。


雇用統計と、こまかなチャートの様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。







 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

トレンドの転換 












ドル円は 110.33。

前回は 107.09と書いていましたから
324pipsの上げ。


前回と同じように
2016/4/30の記事で書いていた

"マイルストーンのラインからいくと
 次のレンジは110.00-105.50。"

との予言は引き続き的中。

下限の105.50はピタリと的中しましたが
上限は少々オーバーシュート気味ですが(笑)

ただオーバーシュートはいつものことですから、

「頭と尻尾はくれてやれ」で、
見通し通りだった、ということで良しとしましょう。


D.A.Tは相変わらず世界の中心にいるようですが(笑)

先の予言は、そろそろ終わり。

次のステージが始まるタイミングを迎えるようです。







D.A.T Methodの月足チャートを見てみると、

一昨年の9月にSP2(青太ライン)の上に抜けたあと

去年の6月のバカ黒田の逆大バズーカで天井にシーリングをかけられ
大きくUターンして戻ってきたことがよくわかります。


おととしに上抜けしたとき、SP2は104.465。

下限はそこまでにはまだ1円弱ありますが、

次の9月を迎えるまで3ヶ月、
ここを下抜けしていくと悲惨な状況になりそうです。


でも今回も大丈夫。

D.A.Tの見通しは、当面、
次のマイルストーンの113.50への動きが見えてくる、です。


110円はまだまだ「超円高」。

引き続き、がんばれ!アベノミクス! ですね。


こまかなチャートの様子は動画で!


がんばっていきましょう。

では。では。







 ↓フェイスブックはこちらから



■インジケーターのリクエスト画面
 ↓ こちら から
  ← クリックしてダウンロード     


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel


D.A.T Method インジケーター・レビュー!

⇒ DayAfterTrade FX - YouTube Channel




ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ