にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計-中間点(5)後半戦2 












2018/9/7のドル円は111.02。


前回は 111.25、前々回は 109.46 でしたが

今回は、上は 112円から、下は109.75 あたりまで。

閑散相場の8月にしてはわりと動きがありましたね。


前回、

 "112円を超えていくのは相当きつそうです。"

 "110円まで下がったところで死ぬ気で爆買い、に
  賭けてみるのも良いかもしれません笑"

と、書いていましたが

ここまできっちり予想通りだと空恐ろしい。

下のほうでは多少のオーバーシュートはありましたが
D.A.Tを信じて110円をこなされた方は
いったん良い利確ができたのではないでしょうか笑


日足チャートでは
下げシグナルが点灯してきました。

6Barsまでは確定はしませんが
その前に4時間足のSP2(青太ライン)を下抜けしてくると
かなり確定的になってくるかもしれませんね。




日足のSP2(青太ライン)のポイントは110.62。

日足のDAT_TRENDは下げトレンドの入りかけ、
週足のDAT_TRENDは継続の下げトレンド中。

D.A.Tが11年目を迎えた2月の記事

「11年目」  2018/02/05 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html

で、予告していた、

"転換点は4月と6月、そして9~10月。"

からいくと、

ここのところのレンジ相場も
転換への発射台に過ぎないのかもしれません。

日足チャートからは、このあと2周間~3週間後。
予定通り9月下旬から10月にかけてが
SP2(青太ライン)との絡み時になりそうです。


111円は引き続き超円高です。
がんばってもらいたいですね。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点(4)後半戦 












2018/8/3のドル円は111.25。

前回は 109.46、前々回は 109.49 でしたので

ながくレンジが続いていましたが
ようやく転換して上がってきましたね。

一時は113円を超えるところまで進みましたが
トランプのドル高NGのひと鳴きで110円台。

いずれにしてもこれで
113円の上限がロックされたのでしょうから

"「105.50 - 110.00 - 113.50 」" のレンジは
相当続くことになるかもしれません。


日銀の指値オペは、もっとだいぶ前に
やるべきタイミングは何度もあったはずですが
遅きに失してここのタイミング。

どんだけ買うねん・・・、という感じでもありますが
何とも勘違いな出口戦略にからめて
コソコソ小出しに底固めのつもりのようです。

ドル円は底堅さも何度も確かめられているので
当面は後半戦、「110.00 - 113.50」の
レンジ内というところでしょうか。


4時間足のチャートをみると
トランプ鳴きのおかげで
SP2(青太ライン)の下に潜ってしまいましたので
112円を超えていくのは相当きつそうです。

日足チャートで、右下に控えている雲で
こらえきれず110円を下抜けしてくると

そのあとグレーの未来レートでは
日足SP2(青太ライン)の108.51。

週足チャートでもSP2は110円ちょうどに控えています。

ここが今年もっとも重要な戦場になるのかも、ですね。


月足チャートの未来レートは今年末に122円。
日本がハイパーに向かうならありえないこともないでしょうが
どうですかね。

110円まで下がったところで死ぬ気で爆買い、に
賭けてみるのも良いかもしれません笑


111円もまだまだ超円高です。
がんばってもらいたいものです。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点(3) 












2018/7/6のドル円は109.46。

前回は 109.49 でしたので
またまたレンジな結果になりました。


雇用統計は

数字は予想より良かったにもかかわらず

失業率の悪さをネタにされたのか
小振りながらの下落で期待はずれでしたね。


米国の利上げも
経済の力強さを示すものというより

経済が急に冷めないよう
腫れ物に触るような舵取りに
変わってきているようです。

金利が上がっているのにドルが上がらないのは
不透明な米中貿易戦争の見通しに
よるところ、なのでしょう。


次のターニングを6月予想でやっていましたが
今年はハズレになったかもせれませんね笑

これからか、と、いうところで
上海の劇下げに足をすくわれて
ドル円も腰砕けになってしまいましたが

中国には不穏な兆しはただよっているものの
まだまだターニングとまでは言えないようです。


アベノミクスの敗北宣言をサラッとやった日銀は
相変わらずのダンマリ状態。

日銀といえば、雇用統計に雲隠れするように
直前にやらかしてくることが多いですが

今回はすんなりとやり過ごしたようです。


相変わらずの「105.50 - 110.00 - 113.50 」の
レンジ内という状況は変わっていませんが

今年のシナリオからは角度がズレましたので
ここからは成り行きで^^

9~10月説も何とやら、です笑


チャートからいけば
これも相変わらずの非常に良くない形ですので

ここからは正に正念場というところでしょうか。

まぁ、こんな今年ですから
良い意味でサプライズがあるのを
期待するばかりですな。


110円半ばはまだまだ超円高です。
なんとかがんばってもらいたいものです。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点(2) 












2018/6/1のドル円は109.49。

前回は 109.04 でしたので
結果だけみればレンジですが

一時は111円の前半に乗せてからの
下は108円を切ろうかというところまでいきましたので
3円ほどの幅がありましたね。


今回の雇用統計は

サプライズなしの、予想以下なら売り拡大。

との事前予想で
あまり動きに期待はしていませんでしたが、

ナンのナンのの好結果で

後半は少し修正もありましたが
なんとか持ち直し感は醸せたのではないかな、
という感じですね。



前々々回の3/10は106.79。

その記事で

 この急落で買いを漬けてしまった方にとっては
 どこであきらめを入れるか、
 そして反転で売りの追いかけを入れるかどうか
 大きな課題になりそうです。

と書いていましたが、

D.A.Tを信じてついてきていただけた方には
うまく逃げ切れた感じではなかったでしょうか笑


終盤はトルコやらイタリアでずいぶん揺れましたが

けっきょくは「105.50 - 110.00 - 113.50 」のレンジ内という
大枠は変わっていない状況のようです。


すったもんだしながらの米朝会談も
予定通り6月にはひと区切りがつくのでしょうし

そのあとはこれも予定通り
いよいよチャイナがくるということ
なのかもしれませんね。


今回はまた
雇用統計直前に日銀が姑息な動きをしていました。

国債買い入れオペの減額

日銀は雇用統計の直前にやらかすことがよくありますが
今回もまた影に隠れてしのごうということですかね。
なんとも呆れます。


もはや日銀は諸悪の根源。

早いところ国有化して
国会議員の報酬だけでなく
インカムベーシックで国民全員に
毎月1億円くばればいい。


どれだけやっても円高はかわりない。

ビバ! 「リスク回避の円高」!

と言いたくもなりますね笑



さて、今年の見通し、


 "転換点は4月と6月、そして9~10月。" 

「11年目。」 2018/2/05 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


4月もきっちり的中して、

いよいよ6月に入ってきました。


長いレンジでは状況はかわらず。


D.A.T Methodのチャートを見れば

月足は雲の下限をあたりつ非常に危うい状況。
週足はSP2(青太ライン)を上抜けたものの弱々しい。

日足もいったん上抜けたがSP2自体の形がよろしくない。

4時間足は下げ、1時間足はSP2上抜けで上げ基調。


と、混沌としています。


直近は1時間足、長めはやはり
日足ベースでいきたいところですかね。


SP2をしっかり上に抜けてくるなら期待ですし
DAT_TRENDの下クロスが確定ならその向きで。

上でも下でも、動きがあれば乗っていけますね。


がんばってまいりましょう。



では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点 












2018/5/4のドル円は109.04。

前回は 106.92 でしたので
2円ほど上げてきたことになります。


一時は110円を叩いたタイミングもありましたので
幅としては3円半ほど。


前回の4/7 は 106.92 、前々回 の 3/10 は 106.79 でしたので

日銀の失策でグングン下げてきた1月の終わりから
やっと一息ついて、そのぶん激に盛り返しにきた4月でしたね。


今回の雇用統計は結果がよくなかったということで
激に上げてきたぶんかどうか戻しも強かったようで

110円はかなり強い節目として
これから認識されていきそうですが

3月初めの記事で書いた

「マイルストーンの赤ラインでいけば
105.50 - 110.00 - 113.50 のレンジ。」

からいけば、
いったんの中間地点の踊り場という見方もできます。


「雇用統計-罪深き黒田」 2018/3/10 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1229.html



毎年のお約束の、2月初めの1月まとめ記事で書いた

"転換点は4月と6月、そして9~10月。" のうち

4月はこれで、やはりのズバリ!、ということで
良いのではないでしょうかね。



ただ、このブログが11年目を迎えたその2月初の記事をみると

 「ドル円は110.15。

 前回は 113.04 でしたので
 最終的には3円ほどの下げ、になりますが

 途中、108円の前半中ばくらいまでいきましたので
 5円近くの幅があったことになりますね。」

と、ありましたので、

はからずも、この激上げのレートと
ほぼほぼ似たようなレンジだったことに気がつきます。

チャートのかたちもよく似ていますね。


「11年目。 」 2018/2/5 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


そして1ヶ月後の3/10の記事では

「ドル円は106.79。」
「前回の2/5 は 110.15 、前々回 の 1/8 は 113.04 でしたので
この2ヶ月で6円以上下げてきたことになります。」

でしたので、

まだまだ余談は許しません(笑


とりあえずは、5月のFOMCで
6月の雰囲気がみれるのかもしれませんね。


北チョーとトランプの会談の動向も
気になるところではありますが

またじわじわきているのは中国。


少々、前の記事ですが、

コラム:中国「債務の長城」、専門家が鋭く分析 (ロイター)
https://jp.reuters.com/article/column-china-debt-idJPKCN1GO02G


北チョーがひと区切りした6月なのか、
はたまたもうひとつの9月~10月なのか、
例によって来年1月なのか、わかりませんが、

いい加減にそろそろ
リーマン後につづいてきた事態が
はっきりしてくる時期なのかもしれません。


世界のデフレの元凶となってきた中国が崩れると

いっきにスタグの波紋が
世界中に広がっていくことになるのかも、ですね。


ただ、日本もそうですが、中国にも
既存の経済理論は通用しないような気もします。

いままでにない経済システムに移行しはじめる

後になって、

「あぁ、この年からだったのか」 と、

思い返すような年になるのかもしれません。


通貨発行権を有しながら
自社株買いのような国債購入を続ける日銀。

その割り合いは4割を超えているそう。


平成30年度国債発行計画について - 財務省 2018/04/15
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/meeting_of_jgbsp/proceedings/outline/171122pd73.pdf


ETF買いで日銀が大株主の企業も
続々と生まれているようです。

このままこの流れを続けて
頃合いをみて日銀を国有化するようなことになれば

システム的には中国とよく似たような感じに
なってくるような気もします。


いまや行政の腐れ具合も中国とよく似てますしね。


効率は悪くても民主主義は捨てないとしても
その点だけが日中の違い。

東中国海がベルリンの壁の役目に
なるのかもしれません(笑



またまた話が大きくなってしまいました。



では。今回もこのへんで。


がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ