にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

- Welcome!! - www.dayaftertrade.com 


 
※このページはこのブログからの情報提供のページ(トップ・ページ)です。
※最下の"続きを読む"をクリックすると最新バージョンの紹介ページを開きます。
※直近の通常記事はこの次の記事↓からになります。

  

                               
◇FXのブログと言えばココ! ⇒【きょうの指標チェック!】 重要指標ランクと《FX情報》が満載!

 『FX!重要経済指標直前通知システム』は当方も利用させて頂いてます。重宝してます。

 『FXクチコミサイト』コーナーのユーザーの生の声はかなり参考になりますネ ⇒【こちらから!】


   DayAfterTrade FX - YouTube Channel
  
   D.A.T Method インジケーター・レビュー
 
   RCI スキャルピング・トレード 

Check!!
ブログランキング・インフォメーション   いつもありがとうございます!

 このブログはランキングに参加しています。応援をよろしくお願いします。 ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒

 注目のブログさん↓です。よかったらおじゃましてみてください。

  ◎トレード手法の紹介、タイアップ記事もテンコ盛り!

    ⇒ 『FXで1万円を1億に・かずえモンFXブログ』 かずえモンさん

  ◎デイトレに役立つファンダメンタルズのポイントはココ!

    ⇒ 『FXデイトレーダーZEROのデイトレブログ』 ZEROさん

  ◎手堅いスキャル。 人気のスキャル・ブログが復活!

    ⇒ FXでがんばりスキャルピング! セカンドシーズン』 クロシロさん

      "クロシロスキャルピング手法公開します!①"


Check!!
D.A.T インフォメーション      ※最新のD.A.T Methodの情報は"続きを読む"からどうぞ

 Method 9.7.5 STF <シングルタイムフレーム>
 Method 9.7.5 PTF <パラレルタイムフレーム>

   デイトレ、スウィング用のディ・アフター・トレードのメインのチャート・セット。
   パラレルタイムフレーム(PTF)・シングルタイムフレーム(STF)、ティックのTMCも同梱。

 Method 9.6.2    <スキャルピング・セット>

   スキャル用の往年の人気セットD.A.T Method9.6.2復刻、DATインジケーター版。
   マルチタイムフレーム(DAT_MTF)・トレードガイダンス(DAT_TRADE)を含んでいます。

 Method 9.7.5 S   <シンプルメソッド>      (最新Methodに同梱)

   平均足(DAT_ASH)/移動平均乖離率(DAT_Kairi)/RCI(DAT_RCI)

 D.A.T AIR Trade  <D.A.T エア・トレード>    (-サンプル動画-
YouTube

   A.Iトレード・ランタイムのDAT_AIRと、ノイズ低減のDAT_NoiseReductionを同梱。

  ※インジケーター等の配布のリクエストの際はブログ左サイド・メニューの
   『サイト・ポリシー』(配布案内)へ同意の上、お願いします。


 参加してます ⇒ FXフォーラム!為替
  ※フォーラムへの投稿が初めての方は 投稿手順を分かりやすく図解 ⇒ こちら

 

Small Talk !     Twitterをフォローしていただけるときは右下のFollowMeアイコンなどから

  RCI+/WPR+/Stochas+ フリーダウンロード版も ⇒ こちら (ダウンロード・ページ)

  サイト・ポリシーよりわかりやすい!という声をいただきました。
  ディ・アフター・トレードを知ってもらうには↓この記事を

   ⇒ 勝手に自己紹介
   ⇒ 勝手に自己紹介(2)
   ⇒ 勝手に自己紹介(3)

   ※画像↓、解説は『勝手に自己紹介(3)』内にあります
   

   
    その他のイチオシ記事は↓こちら

    『モバイルで RCI を使うには
    『参考にするサイト・ブログは
    『PTFチャートのタイムフレームには
    『チャートを読む
    『時間足のサインつながり
    『相場の流れをみる:パラレルタイムフレーム(PTF)の時間割
    『勝てない原因はナニか。解明とその対処法
    『ファンダメンタルズ解説<為替介入の非不胎化とは>

    ディ・アフター・トレード(D.A.T) 「Reading Guide」は  ⇒ こちら

スクーデリア・サポート<サイト>
←スクサポはこちらから  案内記事は ⇒ こちら

きょうも1ポチを!よろしくお願いします!
Thanks!!

⇒続きを読む

雇用統計-中間点(2) 












2018/6/1のドル円は109.49。

前回は 109.04 でしたので
結果だけみればレンジですが

一時は111円の前半に乗せてからの
下は108円を切ろうかというところまでいきましたので
3円ほどの幅がありましたね。


今回の雇用統計は

サプライズなしの、予想以下なら売り拡大。

との事前予想で
あまり動きに期待はしていませんでしたが、

ナンのナンのの好結果で

後半は少し修正もありましたが
なんとか持ち直し感は醸せたのではないかな、
という感じですね。



前々々回の3/10は106.79。

その記事で

 この急落で買いを漬けてしまった方にとっては
 どこであきらめを入れるか、
 そして反転で売りの追いかけを入れるかどうか
 大きな課題になりそうです。

と書いていましたが、

D.A.Tを信じてついてきていただけた方には
うまく逃げ切れた感じではなかったでしょうか笑


終盤はトルコやらイタリアでずいぶん揺れましたが

けっきょくは「105.50 - 110.00 - 113.50 」のレンジ内という
大枠は変わっていない状況のようです。


すったもんだしながらの米朝会談も
予定通り6月にはひと区切りがつくのでしょうし

そのあとはこれも予定通り
いよいよチャイナがくるということ
なのかもしれませんね。


今回はまた
雇用統計直前に日銀が姑息な動きをしていました。

国債買い入れオペの減額

日銀は雇用統計の直前にやらかすことがよくありますが
今回もまた影に隠れてしのごうということですかね。
なんとも呆れます。


もはや日銀は諸悪の根源。

早いところ国有化して
国会議員の報酬だけでなく
インカムベーシックで国民全員に
毎月1億円くばればいい。


どれだけやっても円高はかわりない。

ビバ! 「リスク回避の円高」!

と言いたくもなりますね笑



さて、今年の見通し、


 "転換点は4月と6月、そして9~10月。" 

「11年目。」 2018/2/05 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


4月もきっちり的中して、

いよいよ6月に入ってきました。


長いレンジでは状況はかわらず。


D.A.T Methodのチャートを見れば

月足は雲の下限をあたりつ非常に危うい状況。
週足はSP2(青太ライン)を上抜けたものの弱々しい。

日足もいったん上抜けたがSP2自体の形がよろしくない。

4時間足は下げ、1時間足はSP2上抜けで上げ基調。


と、混沌としています。


直近は1時間足、長めはやはり
日足ベースでいきたいところですかね。


SP2をしっかり上に抜けてくるなら期待ですし
DAT_TRENDの下クロスが確定ならその向きで。

上でも下でも、動きがあれば乗っていけますね。


がんばってまいりましょう。



では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-中間点 












2018/5/4のドル円は109.04。

前回は 106.92 でしたので
2円ほど上げてきたことになります。


一時は110円を叩いたタイミングもありましたので
幅としては3円半ほど。


前回の4/7 は 106.92 、前々回 の 3/10 は 106.79 でしたので

日銀の失策でグングン下げてきた1月の終わりから
やっと一息ついて、そのぶん激に盛り返しにきた4月でしたね。


今回の雇用統計は結果がよくなかったということで
激に上げてきたぶんかどうか戻しも強かったようで

110円はかなり強い節目として
これから認識されていきそうですが

3月初めの記事で書いた

「マイルストーンの赤ラインでいけば
105.50 - 110.00 - 113.50 のレンジ。」

からいけば、
いったんの中間地点の踊り場という見方もできます。


「雇用統計-罪深き黒田」 2018/3/10 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1229.html



毎年のお約束の、2月初めの1月まとめ記事で書いた

"転換点は4月と6月、そして9~10月。" のうち

4月はこれで、やはりのズバリ!、ということで
良いのではないでしょうかね。



ただ、このブログが11年目を迎えたその2月初の記事をみると

 「ドル円は110.15。

 前回は 113.04 でしたので
 最終的には3円ほどの下げ、になりますが

 途中、108円の前半中ばくらいまでいきましたので
 5円近くの幅があったことになりますね。」

と、ありましたので、

はからずも、この激上げのレートと
ほぼほぼ似たようなレンジだったことに気がつきます。

チャートのかたちもよく似ていますね。


「11年目。 」 2018/2/5 Daily記事
http://www.dayaftertrade.com/blog-entry-1228.html


そして1ヶ月後の3/10の記事では

「ドル円は106.79。」
「前回の2/5 は 110.15 、前々回 の 1/8 は 113.04 でしたので
この2ヶ月で6円以上下げてきたことになります。」

でしたので、

まだまだ余談は許しません(笑


とりあえずは、5月のFOMCで
6月の雰囲気がみれるのかもしれませんね。


北チョーとトランプの会談の動向も
気になるところではありますが

またじわじわきているのは中国。


少々、前の記事ですが、

コラム:中国「債務の長城」、専門家が鋭く分析 (ロイター)
https://jp.reuters.com/article/column-china-debt-idJPKCN1GO02G


北チョーがひと区切りした6月なのか、
はたまたもうひとつの9月~10月なのか、
例によって来年1月なのか、わかりませんが、

いい加減にそろそろ
リーマン後につづいてきた事態が
はっきりしてくる時期なのかもしれません。


世界のデフレの元凶となってきた中国が崩れると

いっきにスタグの波紋が
世界中に広がっていくことになるのかも、ですね。


ただ、日本もそうですが、中国にも
既存の経済理論は通用しないような気もします。

いままでにない経済システムに移行しはじめる

後になって、

「あぁ、この年からだったのか」 と、

思い返すような年になるのかもしれません。


通貨発行権を有しながら
自社株買いのような国債購入を続ける日銀。

その割り合いは4割を超えているそう。


平成30年度国債発行計画について - 財務省 2018/04/15
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/meeting_of_jgbsp/proceedings/outline/171122pd73.pdf


ETF買いで日銀が大株主の企業も
続々と生まれているようです。

このままこの流れを続けて
頃合いをみて日銀を国有化するようなことになれば

システム的には中国とよく似たような感じに
なってくるような気もします。


いまや行政の腐れ具合も中国とよく似てますしね。


効率は悪くても民主主義は捨てないとしても
その点だけが日中の違い。

東中国海がベルリンの壁の役目に
なるのかもしれません(笑



またまた話が大きくなってしまいました。



では。今回もこのへんで。


がんばってまいりましょう。






月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
  →   FXフォーラム!為替
  →   ダウンロード・ページ
  →   D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
  →   www.facebook.com/dayaftertrade
  →   DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ