にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

雇用統計-RCI++ 










2019/03/08のドル円は111.13。

前回は 109.50、前々回は 108.50 。


政府機関閉鎖の影響もあったのでしょうが

今回の雇用統計は予想以上に悪い結果で


「105.50円-113.5円」のレンジからいけば

もう少し上がってもよかったところですが


1月のフラッシュ・クラッシュから
ボチボチと上がってきたドル円も

112円をあたまに
そろそろ転換点かもしれませんね。


109円のなかばあたりにある
SP2(青太ライン)が支えになるか、

今後はそのあたりが
ポイントになってくるのかもしれません。


今回、記事下の画像は

月足をやめて、週足のチャートを載せています。


週足ではSP2(青太ライン)を右上へ抜けたところ。


もちろん期待は右上ですが、
なかなか難しい空気感は相変わらずですね。


いま、初心に戻っていろいろと新しい RCI を試しています。


RCI++ って名前で、またリリースしてみるか、なんて。

そのときはまたよろしく!、ですね笑


では。今回もこのへんで。







週足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-12年目 










2019/02/01のドル円は109.50。

前回は 108.50 でしたから
ちょうど1円上がってきたことになりますね。


今回の雇用統計も予想外に良い結果で

後からまた下方修正されるのかもしれませんし
雇用統計にしてはまた小ぶりではありましたが

予想外になかなか底堅い感じもしています。


前回、

 戻りはあったとしても、
 今年の下向きのトレンドには抵抗は難しいでしょうね。

と書いていましたが、

いまのところ、
大きく下げてもきていませんが

思い切った戻しもなくグズグズな感じ。

想定の「105.50円-110円」レンジの上端あたりを
ウロウロしているようです。


年始めの「フラッシュクラッシュ」の影響で急落している
SP2のラインまではまだ1ヶ月はありそうですが

だいたいこういう場合は

SP2のところまでグズグズなレンジが
つづくことが多いのですが

今回はどうでしょうかね。


大きな流れでは

月足チャートでは雲の下限を下抜けして
下向き円高とみるのがやはり順当でしょうか。

現在は「105.50円-113.5円」円の
ちょうど中間あたりですので

当面、難しい相場が続きそうですね。



1月下旬を過ぎ、

おかげさまでこのディ・アフター・トレードは
12年目に入りました。

そろそろD.A.Tチャートも卒業して

リ・スタートの年にしてもいいかもしれませんね。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-新年2019年 











2019/01/07のドル円は108.50。


あけましておめでとうございます。

2019年1回目の雇用統計は
バカがつくほどの良い結果で

多少の失業率の悪化も
逆に良い方向にとられて何の影響もないという

幅としては小ぶりながら
何とも恣意的な動きになりましたね。


昨年が締まりましたので

記事に書き留めたレートを並べてみると
去年の動きは下のようになりました。

12月 112.67
11月 113.19
10月 113.69
9月 111.02
8月 111.25
7月 109.46
6月 109.49
5月 109.04
4月 106.92
3月 106.79
2月 110.15
1月 113.04

昨年は1月後半から始まった劇下げから
9ヶ月を経て10月初めを天井に
11月、12月と下り坂に転換し

12月中旬からの爆下げで1年を締めた流れが
よくわかります。

前回記事で、
"ペナントを抜けそうで抜けない状況"
と書いていましたが、

かなり強烈に下抜けして
長らく続いた「110円-113.50円レンジ」は終了。

12月初めの12/3の113.81から1/3の104.88まで
1ヶ月でしっかり9円の激下げとなりました。


D.A.T Methodの日足チャートでは

右下にあった112.15のSP2(青太ライン)を
12/20に下抜けし絵に描いたような暴落になっているのが
よくわかります。

次のレンジは「105.50円-110円」

グレーの未来レートのように
いったんでも113円近くまで戻ると良いのですが

戻りはあったとしても、
今年の下向きのトレンドには抵抗は難しいでしょうね。


日本の消費税増税は最悪のタイミングになりそうです。


今年は激震の続く1年になるかもしれませんね。



では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計-1年を振り返り 












2018/12/7のドル円は112.67。

今回の雇用統計はどうでしたでしょうか。

結果は予想より悪かったようですが
もともと弱い流れが見えていましたので

それほど大きな動きにもならずに
トレンドにそったレートに落ち着いたようです。


ちなみに前回記事の11月は 113.19 、
前々回の10月は 113.69。

12月ということもあり
今年の記事をひろっていくと、

9月 111.02
8月 111.25
7月 109.46
6月 109.49
5月 109.04
4月 106.92
3月 106.79
2月 110.15
1月 113.04

上の日足チャートのいちばん左の赤い縦ラインが
去年末の12/27のラインになるので

この一年間の流れの全体を
ちょうど俯瞰できるチャートになっていますね。






このD.A.Tが1月に11年目を迎えてすぐの記事

「11年目。 」(2018/02/05記事)

の今年の年間予想に書いていた

「例年通り1月は下げ、
 転換点は4月と6月、そして9~10月。」

チャートに○印を入れてみました。

6月はズレましたので
だいたいのところ、ということになります。

今年もほぼ当たりということで
よかったのではないでしょうかね。


1~3月は年初からの激下げで9円ほどの幅。

いまではすっかり、存在感もなくなっていますが
前半は日銀のポカが多かったのも印象的でしたね。


それに比較して、終盤の9~11月は3円ほど。

トルコ・ショックに、アップル・ショック、
ゴーン・ショックにファーウェイ・ショック、・・・。

次から次に何とかショックが続いてますが
株ほどにはドル円は動きがなく
ボラの少なさを嘆いている向きも多そうです。


多少のオーバーシュートはあったものの
結局、「110円-113.50円レンジ」は継続。

ペナントを抜けそうで抜けない状況も続いてます。

もちろん期待は上放たれを引き続きですが、

どうなりますかね。


ここから来年以降、
下げトレンドが大方の見方になってきています。

来そうで来ない中国崩壊、が、
ポイントになってくるのかもしれませんね笑

112円は引き続き超円高です。
がんばってもらいたいですね。


今年も1年、ありがとうございました。

また来年、よろしかったら
よろしくお願いします。

では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。

雇用統計 












2018/11/2のドル円は113.19。


前回は 113.69 、前々回は 111.02。

相当に良い数字の雇用統計でしたが

すでに相場が崩れているだけに
そうそう乗っていくわけにもいかなそうですね。


10月のドル円は
112円の堅さが再確認された月でしたが

かと言って、113円より上も
なかなか伸びていくわけにもいかない。

中間選挙までは様子見、というのが
一番大きなファクターなのでしょうが

円からみると
株ほど為替は崩れなかった印象ですね。


相変わらず年末に向けて上方向の予想も強いですが
いよいよ「ショック」か、と、下向きへの警戒も強く

どちらにもなかなか乗っていけない、という
状況のようです。

あとは、このタイミングでの「消費税増税」の念押し。

なぜにこのタイミングで念押しが必要だったのか
さっぱり理解はできかねますが

また何か大きな力が加わっているんですかね。


3%から5%には8年。
5%から8%に17年。
8%から10%には5年。

失われた30年。

この国がおかしくなったのは
すべて消費税ができてからだということに
気がついてもらいたいものです。

2014年の失敗もまた繰り返すことになりそうです。

懲りない人たちですね。


前回の 2018/10/05 記事 にも書いたように

「110円-113.50円レンジの後半戦を継続」

ということにはなっていますが、

ここからどちらに向かうかは本当に難しい。


例年なら1月まで上向きで、1月に急降下、が定番ですが、
今回ばかりはどうなるか・・。


まぁ、期待としてはもちろん引き続き上ですが、

DAT_TRENDのダマシも頻発してますし、
そろそろ激下げがきてもおかしくない。

下のSP2(青太ライン)のポイントは111.25。

上はかわらずマイルストーンの113.50。

上が近いのは確かですが、
そう簡単でもないような気がしています。

どうなることやら・・・。


113円は引き続き超円高です。
がんばってもらいたいですね。


では。今回もこのへんで。







月足


※D.A.Tから提供しているインジケーターの動作には
 有効なDAT_KEY(マスター・キー)が必要です。
 (詳しくは『DAT_KEY解説』などを参照ください)


■ディ・アフター・トレードの過去記事は
■D.A.Tインジケーターのダウンロードは
■最新版の D.A.T Method は
■D.A.Tのフェイスブック・ページ
■D.A.Tのインジケーター動画なら
FXフォーラム!為替
ダウンロード・ページ
D.A.T Method9.7.5 STF/PTF
www.facebook.com/dayaftertrade
DayAfterTrade FX - YouTube Channel





ランキングがモチベーションになります。
応援をよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ